ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『仮面ライダー鎧武』第41話見ました。

託された最後の祈り。
永きに渡る枯朽の終焉。



テレ朝公式

東映公式



■今回の紘汰。

◯凌馬によって舞の居場所を知り、戒斗と共にロシュオの元へ向かう。
◯ロシュオと交戦。圧倒的な力でボコボコにされる。
◯不意打ちでロシュオを倒したレデュエに激怒。
◯オーバーロードの力を用いてレデュエを撃破。



■今回の見所。

◯二人にとっての舞。
38話では紘汰を圧倒したミッチに対し、戒斗一人でどこまでやれるのかと思ったら割と互角だった。
戒斗とミッチ、どちらが舞のことを理解/大事にしているかといえばやはり戒斗の方ではなかろうか。ミッチは一方通行すぎてメロニキシャドーが言った通りの未来しか見えない。

◯凌馬の仕込み。
マスターインテリジェントシステムで舞の行方を特定し、それをバラすことで紘汰と戒斗をロシュオの元へと向かわせた凌馬。ロシュオ=黄金の果実の力を紘汰と戒斗を使って測ろうという算段は実に科学者らしい。そも、ロシュオに対して正面切って喧嘩を売るのは今回の戦闘を見て解る通り生命に関わりかねない。
もしかしたらシドが死ぬ瞬間とかも録画できていて、それを見た上での仕込みかもしれない。
……しかしこの人は緊張感に欠けるっつーかホントマイペースだな。

◯黄金の果実の行方。
ロシュオと舞を会わせたのはミッチなので、人類が黄金の果実を手にしたのはミッチのおかげと言ってもいい。
……いや、黄金の果実をゲットできたからめでたしめでたし……みたいな展開ではなさそうだが。

◯ブラーボ&グリドンVS斬月・真。
やっぱり生き残ってた凰蓮と城乃内。しかも戒斗にとってはナイスタイミングのインターセプト。
ゲネシスドライバー+ミッチの覚悟補正で二人がかりでも勝負にならないものの、時間稼ぎが目的なので凰蓮と城乃内の大勝利である。勝負には負けたが試合で勝った。
なんか自然な流れで人間砲弾となった城乃内だが、凰蓮とのコンビネーションもすっかり板についた感がある。

◯レデュエの仕込み。
ここでのレデュエの焚き付け方もまぁ見事というか、自分の思惑で人を動かせずに他者の思惑通りに動いてしまうミッチがもう哀れで……(´・ω・`)
今のミッチなら舞をダシにすればなんでもしそうな悪寒。

◯鎧武&バレモンVSロシュオ。
今まで散々チートっぷりを見せつけてきたロシュオとどんな勝負をするのかと思いきや全然勝負になってない。
謎衝撃波に謎瞬間移動、ソニックアローの光弾を掴んで投げるばかりか遠隔操作で戒斗に返すわ謎バリアによって防御も完璧。某怒りの王子のごとく攻撃をすり抜け、インベスも生成できる。チートの見本市かコイツ。
カチドキはともかく極アームズでようやく勝負になるか……と見せかけてベルトブレイクで変身解除。ここまで手の付けられなさをアピールしたボスキャラも珍しい。

◯謀反。
そのチートキングも不意打ちには弱かった。
ついにレデュエが黄金の果実を手にしたかに見えたが、それは腐った果実だった。舞に一つ黄金の果実(人類救済用)を渡したとはいえもう一つの果実(フェムシンム救済用)を持つロシュオだが、それが出てこなかったということはどうやら果実は一度取り込むと消化(同化?)されるらしい。
レデュエが狙っていたのは舞に渡された果実なのでブチギレ。恐らくロシュオはレデュエのことも見越して舞に果実を渡したのかもしれない。前々からレデュエが黄金の果実を狙っていたことも感づいていたみたいだし。
全てを救いたいと願いながら、その最期が臣下の謀反とは……ロシュオも敵ながら悲運である。

◯覚醒・オーバーロード。
人外になりながらも人外を倒す――正に仮面ライダー。
ロックシードの修復、植物操作など完全にオーバーロードと同質かそれ以上の力でレデュエを撃破した紘汰だが、それは人の道から外れたことも意味する。
とりあえず、フィギュアーツ極アームズの武器セットを作るならロシュオの大剣も追加してくれませんかね。

◯滅び行くものの祈り。
王妃がフツーにオルタナティブ舞ではない別人だった。ロシュオが初見の舞に対して特別なリアクションを見せなかったのはそういうことだったらしい。
最後の描写を見る限り、王妃の遺体はすでに風化していてロシュオが黄金の果実を食べさせようとしていたのもレデュエの処置も手遅れだったのではと推測できる。ブッチャー大兄らしいバッドエンドやで……(´・ω・`)



■雑感。

ロシュオのみならずレデュエまで退場してオーバーロード組が全滅。残るはヘルヘイムの侵食との戦いでしょうか。

ロシュオとレデュエの中の人も今回でオールアップとのことですが、レデュエの演技が凄かったですね。声優さんもスーツアクターさんも。これまでレデュエは感情を爆発させなかったのでその分インパクトがあった感じです。

次回はサブタイトルからしてミッチとの決戦でしょうか。ぶっちゃけデッドエンドしか思いつかないんですが、それ以外の決着があるなら見てみたいですね。



■今週のトッキュウジャー。

敵地での戦いということでかなり不利な状況でしたが、それを乗り換えで解決するという展開は設定的にもお話的にも上手く持っていったなと感心しました。

名乗りと同時に変身解除という貴重なパターンも見れましたし。



■今週の伝説。

スリップストリームという単語が出てくるだけで橘さんがたくさん沸いてくるコメントのライダー愛。

今回の殊勲賞はおやっさんでしたね。スリップストリーム食らっても死なないとか人間超えてますわ。



■今週のキバ。

泥沼化していくドラマの中で唯一清涼剤たる名護さんの存在に感謝しているトコロです。

次回は魔皇剣のお披露目ですね。ギミックはともかくデザインは好きです。ザンバットソード。


S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー鎧武 カチドキアームズ
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー鎧武 カチドキアームズ
関連記事
[タグ] 感想的なもの
[ 2014/08/18 07:25 ] 仮面ライダー鎧武。 | TB(0) | CM(3)
まさかのメタル夫人降臨
岩崎さんどっかでゲスト出演されるかと思ってたらまさかの王妃で…
OPのクレジットを二度見したのは私だけではないはず

笛木「デジャヴ」
ソラ「あんたといっしょにすんな」
そういえば去年の緑もリボルクラッシュが結果的に致命傷だったような…
[ 2014/08/18 14:47 ] [ 編集 ]
ミッチに関してはメロニキの幻影が言っていることが正しく、その通りになってしまうっていうのがきっと心のどこかで分かっているんでしょうね。
それを自分のことを理解していて欲しかった兄にすべて悟られているというのがとんでもなく許せないんでしょうね… やっていることは外道なことばかりですけど555の草加とはまた違った悲しいキャラですね
願わくば救われてほしいと思ってしまいます…
[ 2014/08/19 06:21 ] [ 編集 ]
緑=狡猾という風潮。
ドーガさん廻、
なんていうかアレ、Wの井坂先生とベルみたいな感じですかね。制作サイドは夫婦共演をやりたかったようですが、それを期待していた視聴者がいたのかという話になると……少なくともそーやにとっては割とどうでもよかったりするのですが。

白が緑にやられるって……そういや去年見ましたね。
RX先輩「刺したら、えぐれ」



しんさん廻、
いらっしゃいまし。

ある意味、メロニキシャドーはミッチの本心なのかもしれません。なまじ賢いだけに理想と現実のジレンマに苛まれてるというか。

ミッチも色んな物事の被害者ではあるんで救いがあるなら救われて欲しいとは思いますが……次回ミッチが手にするロックシードが由来からしてヤバげな代物のようで……(´・ω・`)
[ 2014/08/20 04:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。