ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『仮面ライダー鎧武』第42話見ました。

目指すべき場所も、歩んできた道も見えない。
もう、立ち止まることすら許されない。



テレ朝公式

東映公式



■今回のミッチ。

◯ガレージで舞を発見する。
◯凌馬に言われるがまま舞を病院へ搬送。
◯サガラの正体を知る。
◯凌馬からヨモツヘグリロックシードを入手。
◯命を賭けて紘汰と交戦。



■今回の見所。

◯人質救出。
人質は全員無事。生命エネルギーを吸われてたはずだが、晶姉ちゃんを見る限り後遺症みたいな影響も無さそう。
となると、レデュエが作ったあの装置もハッタリだった可能性がある。ロシュオも薄々感づいていたと思うが。
レデュエ「ニンゲン、トモダチ( ´∀`)b」
ミッチ「黙ってろクズ」

◯舞と黄金の果実。
颯爽と現れて舞の容態を察知し、治療のために病院への搬送を提案する――ここだけ見ると凌馬がすごく頼りになるお兄さんに見えるが、だまされてはいけない(棒)
が、チャッキーとペコは元よりミッチにとってはもはや藁にもすがるレベル。あっさりと凌馬に主導権を握られる形となった。
ちなみに1カットだけ舞の髪色が変色してるように見えたのだが、演出の一つだろうか。

◯進化への道。
オーバーロードがいなくなった今、戒斗も共闘モードを解除した模様。
すっかり忘れていたが戒斗は最初からこういうキャラで、最近は単に鳴りを潜めていただけである。
ここで気になったのが一人離れる戒斗を追うのが湊さんだけで、ザックは追いもしなかったトコロ。
湊さんよりザックの方が戒斗との付き合いは長いはずだし、ザックにとっては「はいはいいつもの戒斗ね」といった程度にしか考えてないのかもしれない。

◯其の名は。
永遠にはびこるもの。
空を超えて茂るもの。
古き民に変革を促すもの。
あるいは、ただ単に蛇と呼ばれたこともある――

――というワケでサガラの正体はヘルヘイムそのものだった。ライダー戦国時代のマッチメイカー。もしくは人のカタチを持った喋るゲッター線みたいなモン。いや、種が滅びの道を辿ろうとも救済せずに見てるだけなのでゲッター線より悪質か。
その在り方は人類側からすればスーパーサイズのでっけぇお世話であり、メロニキが言った通りの理由のない悪意。そりゃミッチも激おこである。

◯人間飯さえ食えればなんとかなる。
だが紘汰はもう飯が食えない……(´・ω・`)

◯俺と世界のチキンレース。
もしあの時レデュエから傷を受けていなかったら……とは思うが、それでも戒斗の道は多分変わらない。
アーマードライダーの中で唯一戒斗の症状を知った湊さんも最後まで戒斗を見届けるという覚悟を完了。ちょっとそーゆーのやめてくれませんかね。フィギュアーツマリカとか出たら欲しくなっちゃうでしょ?(笑顔で)
そして次回はついに戒斗も一線を超えることに。

◯悪魔の囁き。
舞という唯一にして巨大なアキレス腱を持つミッチと何の弱みもない凌馬。どっちが膝を折るかはもはや言うまでもない。
ヨモツヘグリロックシードはアレ、試作品だからということで好き勝手作った結果が「使ったら死ぬ」というカイザドライバー並の物騒な代物ができあがって凌馬自身「あちゃーどうしたもんかなコレ」と持て余していたに違いない。
その問題のロックシードが紘汰を倒せれば最上、手傷を負わせることができれば儲けもの。ミッチだけが死んでも凌馬にとっては障害が一つ消える……という血も涙もない一手になるとは凌馬自身想像してなかったのではないだろうか。

◯ミッチの光と闇。
思い返してみればだいたいミッチの自業自得である。レデュエが言った通り勝手に踊って勝手に壊れかけてる。
……と解ってはいるのだがここでのミッチはさすがに哀しすぎる。舞を想う気持ちがもう少し別の方向に行けば立派なヒーローにもなれたはず。
メロニキシャドーへの反論も弱々しく、もはや自暴自棄の果ての諦観にも見える。

◯仮面ライダー龍玄・黄泉。
スーツは流用のカラチェンとはいえ、スペックは極アームズ以上。
武器はブドウ龍砲やキウイ撃輪だけでなく何故だかオーバーロードの武器まで使用可能。
ボスキャラに相応しい性能/特性ではあるが、紘汰の言う通り戦う理由は皆無に等しいので鎧武との戦闘シーンはただただやるせない。



■雑感。

ついにミッチの物語がクライマックスを迎えました。オーバーロードという脅威が無くなった今、プロフェッサーがこれ以上ないほど軽快かつ巧妙に立ち回ってますね。

VSメロニキといい、ミッチの戦闘は熱いというより悲しい……(´・ω・`)

次回はプロフェッサー完結編でしょうか。個人的にプロフェッサーは殺すには惜しいキャラなんですが、作中でやってることはもうギルティ待ったなしだしなぁ。



■今週のトッキュウジャー。

トカッチの凡人っぷりは大好きです。なんかこう、純粋に応援したくなるというか。

あとシュバルツ将軍生きてましたね。これからどう動くんだか。



■今週の伝説。

ショッカーがチンドン屋やるとか……驚いたなぁ(唖然)

と思ったらクライシスも似たようなことやってましたね。



■今週のキバ。

ついに渡の正体や太牙との関係が明らかになりました。その一方で名護さんはどこに向かうのか……(´・ω・`)

そういえば現在38話なので、10月5日でキバの配信もゴールとなります。半年もあっという間でしたね。


平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊 コレクターズパック [Blu-ray]
平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊 コレクターズパック [Blu-ray]
関連記事
[タグ] 感想的なもの
[ 2014/08/27 23:49 ] 仮面ライダー鎧武。 | TB(0) | CM(2)
ある意味理由のない善意
ミッチ「もう昔のあなたの顔も思い出せないよ」
メロニキ「俺の顔は鮮明に思い出せるのにな」

ヨモツヘグリをダウングレードしたのが通常ロックシードとか考えると色々考察できて面白いですね
メロニキ「もっと若者に受けそうなポップな名前とデザインにしなさい」
凌馬「えー」
[ 2014/08/28 07:39 ] [ 編集 ]
たすけてまど神さま。
ドーガさん廻、
人間、良いことより嫌なことの方が忘れにくいというヤツでしょうか。
アンパンマンたいそうの歌詞に「もし自信をなくしてくじけそうになったらいいことだけ思いだせ」とありますが、ミッチはそれすらもできないと考えると不憫ですね。

ロックシードだけでなく、戦極ドライバーのデザインだってもしかしたらメロニキがダメ出しを入れたかも解りません。
ラフ画の時点で変だもんな。凌馬のデザイン。
[ 2014/08/28 20:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。