ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『ガンダムビルドファイターズトライ』第1話見ました。

ダイキ「何度もプラモ部に勧誘したのに、君が拒否してばかりいるから! 僕の好意を無にしたからだ!」
フミナ「……だって、タイプじゃないし」
セカイ「ですよねー」
ダイキ「(ヒビが入る音)」



公式サイト



今回のセカイ。

◯絡んできた不良を返り討ちにするも警察に補導される。
◯ミライ姉ちゃんが迎えに来る。
◯職員室で偶然出くわしたフミナにガンプラバトルを勧められる。
◯フミナに拘束される。
◯ガンプラバトルに興味を持つ。
◯ダイキとガンプラバトル。押されはしたもののダイキのイナクトを一撃で撃破。
◯ユウマに乱入される。
◯使っていたドムが撃破されたと思ったら中からビルドバーニング登場。
◯ユウマのライトニングと決着をつけようとしたらミライ姉ちゃんにバトルを中断されて職員室へ。



今回の見所。

◯あれから7年。
しょっぱなから大乱戦。GPベース起動時のロゴがPPSEではなくヤジマ商事になってるのが前作からの視聴者はニヤリとするポイント。
ジャムル・フィンやらリゼルやらビルゴやら、極めつけは1/60武者ガンダムとか……ああ、このお祭感、ごった煮感こそビルドファイターズ……もうこの時点で腹八分目くらいである。
一人で奮戦するものの敢えなく散ったフミナのパワードジムカーディガンがちょっと切ない。愛は孤独な戦い。

◯パワードジムカーディガン。
ジムベースとはいえ二門のビームキャノンにサブアームとシールド、ダミーバルーンにアレックスの90ミリガトリング装備とフミナが如何に重度のガンオタかうかがい知れるようなシッブイ機体構成である。
ジム好きのツボをグイグイ押してくる機体ではあるが、今回はあまり活躍しなかったのが残念。ガンプラも出るのだからもうちょいカッコ良いトコロを見せて欲しい。ウイニングガンダムが出る前にな!

◯一緒に戦おうと約束してた人。
ユウマが何故ガンプラバトルから離れたのか、その辺は次回あたりで明らかになるんだろうか。
隣にいるのは三代目メイジンことタツヤ? 年齢的にはもう20代半ばほどか……また世界大会で戦ったりするのだろうか。

◯この写真の女を見たことはないか。
早速Gガンネタである。主役機もゴッドガンダムなので遠慮無くブッ込んできた感。
ミライ姉ちゃんはファッション誌の読者モデルをやってるとのことで、不良が「どっかで見たような」というのはあながちウソではなさそう。多分コンビニの雑誌棚で見かけたとか。

◯カミキ・セカイ。
本作の主人公。Gガンリスペクトで全身武装したようなキャラである。
ガンプラはおろかガンダムすら知らない、しかしガンプラの操縦テクニックは持ち前の格闘センスのおかげでかなりのレベル……と、確かにレイジを彷彿とさせるのはアムロの再来と言われたカミーユみたいなモンだろうか。前作から7年というスパンもファーストからZと同じだし。

◯ホシノ・フミナ。
本作のメインヒロイン。役割的にストーリーの進行役。ガンオタでもあるので解説もできそう。
ガンプラバトルの大会に出場するためガンダムを知らない一般人であるセカイを誘うなど、後がない/余裕がないのもあるだろうが中々に積極的。そしてエロい。
ユウマとは幼なじみ……ということはいいんちょとも面識がありそう。

◯フミナとカマキリ男。
ああ……サザキくんポジションね。だいたいわかった。
ただダイキの言うことも間違ってはいないというか、ガンプラバトルは自分のガンプラがブッ壊れるというリスクが大きいためにそれを忌避するユーザーも少なくはないと思う。大人はともかく中高生はそんなにお金持ってないだろうし、ガンプラの修理代もバカにならないはず。そこへ来ると前作のセイはベストな環境に居たんだなぁと今更納得。
そーやもどちらかと言ったら「棚に飾って愛でる側」なので、ガンプラバトルは数回やったら満足しそう。
第七回世界大会優勝者はセイ/レイジだが、それ以降のトロフィーがないということはセイが聖鳳学園在学中に大会で優勝したのは第七回の一度だけ……?

◯カミキ・ミライ。
本作の色気担当。多分数多くの同人作家がアップを始めたのではなかろうか。
てっきり本作はセカイが姉ちゃんを探す話かと思ってたら速攻見つかって吹いた。まぁそうだわな。ここネオジャパンじゃねぇし。
前述になるが読者モデルをやれるほどの美人さん。あと公式サイトによるとベアッガイFを使うらしい。え? 戦うの?

◯セカイとフミナ。
一ヶ月遅れの転入とかいいのかそれ。修行の旅とか一体何をやってきたやら……この辺、ミライ姉ちゃんはどう思ってるんだろうか。放任主義?
聖鳳学園に格闘技系のクラブがあったらこの時点で本作終了であった。剣道部や柔道部もないのは珍しいが、私立ってそういうモンなのか?
「異世界から転入してきたわけじゃあるまいし」というのは前作のレイジにかけたネタだろうか。それともセカイがマジで異世界からの来訪者であることを示唆する伏線なのか……考え過ぎではあると思うが、レイジという前例があるだけに油断はできない。

◯フミナパイセンのガンプラバトル講座。
前作のおさらいみたいなモン。セカイがフミナに拘束されたのは、多分セカイは女には手を出さないというポリシーか師匠の教えがあるのかもしれない。姉ちゃんもいるしな。女には優しくしろとか言われてそう。
冒頭部分のバトルベースとはシステム音声が違う……っていうかコレ前作のバトルベース? 多分タツヤがそのまま学園に残していったのだろう。使っているプラフスキー粒子はさすがに新しくなってるだろうが。
よく見てみるとコンソールパネルのデザインも前作のものと若干違うため、内部システムもアップデートされてるっぽい。
そしてシミュレートモードの対戦機体がモック……そういえばマシタ会長とベイカーさんは今どうしてんのかなぁ。
セカイも男の子ということで、なんだかんだつかみはバッチリだったらしい。

◯トロフィーに隠されたモノ。
なぜかドム。ドムなのである。
どう見てもドムにしか見えないので、フミナもGPベースにはフツーのドムとして登録したっぽい。
実はその辺りも含めて視聴者を騙す罠であることに気付かされるのは今回の終盤であった。

◯VSイナクト。
ダイキの使用機体はサーシェス専用イナクト。今作から敵機のステータスも表示されるようになったらしい。
2対1で数としてはダイキが不利なのだが、それでも勝負を受けたのはセカイがド素人ということを考慮した結果だろうか。結局のトコロはそのド素人であるはずのセカイに敗れることになるのだが。
……しかしいくらかわいいからってフミナパイセンはまだ中等部で……攻めるなぁ。ミスターキノコ。
っていうかアンタを慕ってる子がいるじゃないかよ。その子でいいじゃないかよ。

◯ラルさん再び。
相変わらずの不審者っぷりに安心した。
が、知ってる人も多いと思うがラルさんの中の人は現在療養中である。無事の快復を待ちたい。

◯次元覇王流拳法。
白刃取りからワンパンで一撃粉砕……やだ、このドムクソカッコいい……。
どうもこの並外れた威力はプラフスキー粒子が関わってそうな気もするが、フィールド外まで吹き出した風といいセカイもアイラのような粒子に関係する特殊な才能を持ってそうである。
ちなみに正拳突きかと思ったらテレビの字幕表記では聖拳突き。バンダイチャンネルでも字幕表示とかできるようにならんものか……。

◯コウサカ・ユウマ。
本作の主人公その2。いいんちょの弟。
フミナの幼なじみで共にガンプラバトルで戦うことを約束していたらしいが、どういうワケかファイターではなくビルダーの道へ進んだ。恐らくそこにはセイが絡んでそうな予感。
ビルダーとしての腕は一流。ファイターとしての腕もセカイのドムに正確な射撃を叩き込んでいたことから並ではないことがうかがえる。
パッと見イケメンだが、女子から黄色い声が飛んでたことから作中でもイケメン扱いである。ガンプラ好きでもイケメンなら許される……ああ忘れてた。この世界はそんぐらい非情だった。

◯真の姿。
ガンプラの中にガンプラ……クーロンガンダムの中からマスターガンダムが出てくるようなモンですね?(悟りきった眼)
巻き上がる爆炎。絶妙のタイミングで流れるOP。その名に相応しいカッコ良すぎる演出でついに主役機の登場である。

◯ビルドバーニングガンダム。
なぜかトロフィーの中、しかもドムのガワまで付けられて偽装されていた謎のガンプラ。
ビルダーは恐らく、というか間違いなくセイ。ラルさんがその名前を知ってるのも謎。
一体何のために用意されたのか、何故入念に隠されていたのか、ビルドストライクと違って出自に謎を背負ってるのが前作と違ったアプローチで面白い。
ブースト時にはビームを弾くフィールドが発生するらしい。この辺の仕様もセイのアイデアだろうか。

◯すごく良いトコロですが。
あっけなく終わってしまうというのも、ビルドファイターズのノリである。



雑感。

俺達のビルドファイターズが帰ってきた! また半年間ごちそうだヒャッハー!

……とテンションフォルテッシモになった1話でした。前作のおかげでハードルも高くなってるとは思いますが、それを超えてくれるかもしれないという期待も持てるほどです。

次回は早くもチーム結成の運びでしょうか。ビルドバーニングの本格的な活躍が楽しみです。

……前作キャラも早く見たいなぁ。



先週のGレコ。

こちらも始まりましたね。元気のGは始まりのG!(EDをエンドレスリピートしながら)

さぞ前向きなお話なんだろうなと思ってたら2話のラストがいつもの富野御大で 逆 に 安 心 し ま し た。



今週のFate。

アニメ版zeroを見ていた時、「いっそステイナイトもユーフォーがアニメにしてくれねーかなー」と思ってたらホントになって未だにFateというコンテンツが持つ高い地力を思い知った次第。

zeroと違って戦闘シーンのドラゴンボールっぷりがいいですね。個人的には過剰な方が好みです。



今週の寄生獣。

今期はコレも見ることにします。

えーと……キャラデザは置いといてもなんかこう……お話まで余計なことしなくていいから……マジで……。

作画はいいんですけどね。あと平野ミギーはなんだかんだ慣れそう。


HGBF 1/144 ビルドバーニングガンダム (ガンダムビルドファイターズトライ)
HGBF 1/144 ビルドバーニングガンダム (ガンダムビルドファイターズトライ)
関連記事
ドーガ
ぶっちゃけドモンも修行中家族から放置されてたし…
まああれは東方先生が謎の説得力持ってて家族も納得しちゃったって話なんですが。
セカイの師匠もそんぐらい道理を曲げるパワー持ってそう。

ほんともう…これを半年見れるってのがもう…
年末のガンブレ2もあるし目が離せませんね
こいつらどうバラしてくれようか(危険発言)
[ 2014/10/11 21:12 ] [ 編集 ]
Gレコの冨野節で変なテンションになった後にビルドファイターズ見てさらに変なテンションになる。
これが半年続くとは、贅沢すぎますね。

…俺どんだけプラモ買うんだろ(Gセルフとバーニングを並べながら)
[ 2014/10/12 02:37 ] [ 編集 ]
財団B「さぁてこれから忙しくなるぞゥ^ ^」
ドーガさん廻、
その辺もGガンリスペクトの範疇なのか……。
セカイの師匠もいずれでてくるんでしょうかね。物語終盤で最終奥義伝授とか。

とりあえず俺、ガンブレ2買ったらブルーディスティニーカーディガンでも作ろうと思うんだ……!(眼を真っ赤にしながら)



涼介さん廻、
まぁアレ、贅沢になるのは財団Bの懐ですけどネ!

つーかもう手を出したのかブルータス……こっちはROBOT魂Gセルフ待ちっすわ。来年の新商品とか考えただけで寒気がするぜ……。
[ 2014/10/13 16:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。