ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『ガンダムビルドファイターズトライ』第3話見ました。

ユウマ「榊原良子さんっぽく『黙れ! 俗物!』と僕を罵ってください」
ミライ「え?」
セカイ「よくわかんねぇけと無視していいぞ姉ちゃん」



公式サイト



今回のセカイ。

◯ミライ姉ちゃん、フミナ、ユウマと一緒に登校。
◯ユウマのバトル部への移籍を認めさせるようにフミナと共にダイキと直談判する。
◯射撃訓練で射撃の腕がからっきしだと判明。
◯聖オデッサ学園と練習試合。
◯古典的な戦法に引っかかるものの、最終的にカオルコに負けを認めさせる。
◯カオルコから弁当をもらうも、その意味はさっぱり解らない。



今回の見所。

◯師匠へ。
やっぱ師匠はギアナで修行中かよw怪しい覆面のゲルマン忍法使いと殺し合いでもしてるんだろうか。
前回からカミキ夫妻はどうしているのかと疑問に思っていたが、仏壇に立てられた写真からどうやら死別している可能性が濃厚。自宅のことを「姉ちゃんのところ」と言っているのも気になる。長い間住んでいなかったとか?

◯登校風景。
ユウくんが! 思った以上に! 俗物だった!(集中線)
……いやま、歳相応というか解りやすくていいのだが。つーかアレか、ユウマは年上大好きっ子か? 「他にどんな理由がある」ってハッキリ言い切ってる点は中々潔いwいいんちょといいコウサカ姉弟は揃ってチョロそうだ。
もうフミナはユウマのことをフツーに「ユウくん」と呼んでいるが、ユウマはまだフミナを「ホシノ先輩」と呼んでるあたりが地味にニヤニヤする。

◯移籍完了。
だからなんでカマキリ野郎がこんな……うッ、うううぅぅぅううぅぅうう……(顔色がだんだん土気色に)
さておきプラモ部にある本はだいたいガンダムの関連書籍だが、中には変な人が書いた変な本もあるので探してみよう! アンタのことだよクルスト博士!
……さすがにアレ、MS少女がガンプラバトルに出てくるのは無いっすよね?(チラチラッ
「この状況を僕はよしとする」はOOのハムからだが、わざわざ「ガンダム的に言わせてもらえば」って言っちゃうユウマは結構重症。

◯素手でも任務をやり遂げる人。
まぁ、素手でもできるしね。ガンプラバトルの指導なら。

◯謝罪。
「子供の戯言」を反故にしたことを公の場で謝罪ができるあたり、ユウマはイケメン。このシーンがなかったら本格的に俗物の烙印を押しているトコロであった。
サガにボコられたのは2年前……ということはユウマが小学6年の時? そりゃ傷付くわ。
あとフミナはもうなんだ……天使か……いい子すぎんぞ……。

◯トライファイターズ。
チーム名決定。イラストはフミナ? 結構達者なイラストだがセイと同じくデッサンとか勉強したクチだろうか。
フミナはオールラウンダー、ユウマはスナイパー、セカイはアタッカーとキレイにポジションが分かれている。
セカイの格闘センスはともかく、射撃がヘッポコすぎるのはだいたいイメージ通り。カッコいいガンダムのカッコ悪い動きが見れるのもビルドファイターズのいいトコロ。

◯ビルドバーニングガンダム(3)
第11回世界大会でのセイの使用機体ということが判明した。
これで残る謎は「なぜ改修して」「なぜドムのガワを付けて」「なぜトロフィーの中に隠したか」……あたりだろうか。
第11回、というとセイが高校3年生の時? 第7回大会以降の戦績とか気になる。

◯今明かされる謎。
R35が「ラル35歳」の略称だという本人認定キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
つーかラルさんだけサザエさん時空の住人なのか!? といっても本編を進める上で何の支障もない割とどうでもいい事でもあるわけで……まぁラルさんだしね。しょうがないよね。
なんだかんだカリスマ的ガンプラなのか、ユウマとフミナがめっちゃいい表情。
それとセカイがガンダムを知らない素人故に、気になった疑問を口に出して解説に繋がる……というのは自然かつ巧い流れである。視聴者の中にもセカイと同じくガンダムをよく知らないちびっ子とかいるかもしれないし。

◯練習の中で存在を忘れられた人。
……先生、ぶっちゃけラルさんのこと信用してねぇんじゃね?
あと聖オデッサが西東京地区予選ベスト4の格上相手だとは全く知らなかったんだろうなぁ……。

◯いい音色。
マさんのパロディなのは解るんだが、どんな素材を使えばそんな音が鳴るのかまずそこを教えてほしい。
……え? プラじゃなくて陶器? ガチ陶器なの?








そりゃそうだ(´・ω・`)

◯おしごとミライ姉ちゃん。
1話からかわいいと言われていたミライ姉ちゃんの友達だが、どうやら読モ仲間らしい。類友ってヤツね。
つーかベアッガイⅢ、一般販売されてるん……?

◯サザキ・カオルコ。
サザキ君の妹。7年前のサザキ君(中学2年生)がそこそこ線が細かったのに対し、カオルコは中々ゴツ……ふとましい。
サザキ君から受け継いだ盾と盾魂とギャン魂が武器。あとイヤミなトコロとかそっくり。中の人に至ってはサザキ君と同じである。
聖オデッサ学園ガンプラバトル部の部室にしっかりギャンギャギャンやギャンバルカンが飾ってあったり、ユウマやセカイをを見ても「ススムお兄様の魅力の1/100もない」とか言っちゃうあたり結構なブラコン。
そういえば今更だがカオルコがお嬢様学校にいるということはサザキ君も実はいいトコのお坊ちゃんだったりするのだろうか。

◯R・ギャギャ。
ギャンではないが本編でラルさんが説明したくれた通り、ベース機体のR・ジャジャはギャンの設計思想を受け継いだ機体。GジェネシリーズにおいてもギャンからR・ジャジャまで開発ラインが繋がっており、ゲーム上の扱いで言えば系列機である。
主な武装は双刃型のビームサーベルにサザキ君から譲り受けたいい音色がするミサイルシールド。
加えて今回は使われなかったが背部バインダーにはガトリングが仕込まれてる上、シールドにはミサイル以外のギミックもあるのでもし再登場する機会があれば披露していただきたいトコロ。

◯ジェットストリームアタック。
色んな意味で古典的な戦法ではあるが、やられる側からすると案外馬鹿にできない。
さすがのセカイも躱しきれず、1話のアレをノーカンとするとビルドバーニングに初めてダメージが入った瞬間である。

◯本物の戦争とガンプラバトル。
本物の戦争なら確かに戦力差が2割開けば勝敗が決するのかもしれない。
が、しかしガンダム世界では案外そうでもなかったりするのだ。ガンプラバトルならなおさら。

◯本日の次元覇王流。
蒼天紅蓮拳→昇竜拳みたいなモン。
旋風竜巻蹴り→竜巻旋風脚みたいなモン。
じゃあさ、そしたらもう両手から波動拳みたいなモン出したらいいじゃん。
……いや待て、まさかそれが次元覇王流最終奥義になるのでは……石破天驚拳的な意味で。
今回の聖拳突きはコロニー外壁までブチ抜くなど完全にドラゴンボール。正に世界大会レベルの破壊力である。

◯すっげぇなこの盾!
王大人「ギャン子、死亡確認」

◯トライファイターズ初勝利。
勝つには勝ったが、セカイがまだチームバトルの戦術を理解してない点とユウマとの連携が取れていない点が今後の課題となりそう。全日本大会となるとビルドバーニングレベルのチート機体も出てくるだろうし。
……つーか、カオルコはアレか。サザキ君以外の異性をよく知らないんだろうな。多分。これでまた一つセカイの設定がオイシくなってしまった……。

◯弁当の意味。
フラグ成立待ったなしやで……。
R・ギャギャのギミックの件もあるし、どこかでセカイとカオルコがチームを組んで戦う話とか見てみたいモンである。



雑感。

いやー……ツイッターのTLがギャン子で盛り上がったとか何とか。ぽっちゃりのビッグウェーブでも来たんですかね。

初勝利を収めたトライファイターズですが、鍵となるのはやはりセカイとユウマでしょうか。この二人が見事な連携を見せてくれるのはもう少し先の話になりそうです。

そして次回は! 武者號斗丸に荒鬼頑駄無が!! 號斗丸はともかく荒鬼とか! 七人の超将軍とか! 直撃世代だよチクショウ!

俺当時爆流と鉄斗羅買ったもん! あああああ懐かしい!








次回のメカ作監はこの方。

またアンタの仕業かよ! 最高だよ!(二回目)



先週のGレコ。

まさかキャピタル・アーミィを敵に回すルートとは……ベルリの「返せない借りだけど返す努力はする」っていう姿勢はいいですね。

クリムは良い奴なんだか悪い奴なんだか……いや、面白い奴ですかね。ラライヤとのやり取りとか結構微笑ましいです。



今週のFate。

ガッツリ説明回でした。しかし原作も説明が命な部分もあるので、しっかりみっちりやってくれた点はありがたいです。

次回はバーサーカー戦。またドラゴンボールじみた戦いが見れるかと思うと胸から剣が生えてきそうです。



今週の寄生獣。

「田宮良子」が出てきました。新一や里美のデザインは原作と大分違うのですが、田宮良子はそこまで離れてないですね。中の人が田中敦子さんというのも良いキャスティングで。

……つーか「A」戦までエラいスピードで来ましたね。もう少しかかるかと思ってたんですが。


ガンダムビルドファイターズ マニアックス (ホビージャパンMOOK 603)
ガンダムビルドファイターズ マニアックス (ホビージャパンMOOK 603)
関連記事
人呼んで正義の鬼将軍
キャラが必要以上のやなやつにならないのがこの作品のいいところですね
てかギャン子の左右レベルたっけえ…

號斗丸でテンション上がった次の瞬間に荒鬼だもの…
なんなの?ボンボン世代だけを殺す機械なの?(錯乱)
[ 2014/10/25 17:23 ] [ 編集 ]
だがシイタケだけは勘弁な!
ドーガさん廻、
よく見てみたらマヒルとケイコが登場した時は男子から歓声が上がって、カオルコの時はノーリアクションなんですよね。なんでや。

当時SD戦国伝は地上最強編から天星七人衆まで追ってました。懐かしいもので。
……紅零斗丸も映像化しねぇかなぁ。
[ 2014/10/26 16:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。