ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『ガンダムビルドファイターズトライ』第8話見ました。

セカイ「先輩。どうしたんです?」
フミナ「別に……用事はないんだけど」
セカイ「……用事もないのに俺を待ってたんですか?」
フミナ「うん」
セカイ「……こんな、暗くなるまで?」
フミナ「うん」
セカイ「………………今刃物とか持ってませんよね?」
フミナ「工作用のカッターなら持ってるけど?」



公式サイト



今回のカオルコ。

◯準決勝の組み合わせ抽選で宮里学院と当たる。
◯セカイからジュースをおごってもらう。
◯セカイと決勝で戦うことを約束する。
◯宮里学院と対戦。自慢の盾も切り裂かれて敗北。



今回の見所。

◯ミナトの夢と現実。
美女というには年齢的に怪しいのがいたりそもそも女装男子が混じってたりしてるのはさておき。
個人的に気になったのは5話でアレだけ驚愕してた割にミナトの中におけるセカイはまだどうでもいい人の分類であること。ホントにユウマとフミナパイセンにしか興味ないのな。
それと珍庵が夢に出てマオが出てこなかった点も気になる。珍庵が師匠ならマオとミナトは兄弟弟子になるが、どんな仲なのだろうか。
第一印象がややアレだったミナトだが、このワンシーンでアホキャラのイメージを与えてきた感がする。最初からこの路線で行っても良かったような……今更といえばそれまでだが。
それと冬コミはフミナパイセンが改造されちゃう本とか期待してます(アルカイックスマイル)

◯スガ・アキラ(2)
ガンプラ学園出身の上に去年の全国大会優勝チーム所属……だからなんで宮里に来たのか。それほどの大物なのに顔はあまり知られてない点もちょっと疑問。
そしてヤスは泣いていい。お前は今泣いていいんだ。

◯私達のタンク道。
それ言っちゃっていいのか。キャラ的にはガルパンではなくダ・ガーンなのだが。
サイズアップさせたザメルといいドッゴーラといい、どちらもガンプラとして商品化されてないのでフルスクラッチ大型ガンプラ対決という興味深いカード。結果はドッゴーラを操る水竜学園に軍配が上がったワケだが……お前ら絶対中水中学と仲良いだろ。きっとセカイとカオルコのように「決勝で会おうぜ」的な約束を交わしていたに違いない。

◯スドウ・シュンスケ。
今回の話は宮里学院メンバーの掘り下げも兼ねていたが、思った以上にスドウが良い奴だった。ビルドファイターズ的にはメイジンタイプといったトコロか。
ビルダーとしての腕前は不明だが、ファイターとしての腕前は確か。過去にサザキ君と戦ってボッコにされたらしいが、今回百万式がR・ギャギャを倒したのもその敗戦から「どんな防御でも崩せる武器が欲しい」と考えたのかもしれない。

◯サザキ君世界に羽ばたく。
サザキ君世界ランカーになってたのかよ……!? ちょっと第10回大会映像化しろや! むしろ2クール目からサザキ君再登場させろや!
しかしまぁよくよく考えてみたら、第7回大会だってサザキ君もセイ・レイジ組と当たらなければ大会本選の結構良いトコまで行ってたのかもしれない。そして玉入れで敗退してそう。
……もしかして第10回大会のサザキ君はセイを避けて別ブロックから出場したとか? 予選でセイを倒したとは考えにくいが……いやホント気になる。

◯重圧の中のギャン子。
ギャン子ーーー! 目薬目薬!
さすがに同情したのかフミナもカオルコにセカイを譲ったのだが、外が暗くなるまでカミキ家の前でセカイを待つとかものすげー気にしてるトコロがかわいかったりちょっと怖かったり。
つーか「そういうやり方はセカイ君には逆効果」ってアレですか、パイセンもセカイ攻略の算段を立ててるって解釈でいいのかなぁ?(ニヤァ)

◯この盾に誓って。
セカイの真っ直ぐっぷりがキレイに場を収めた感。
ここで初めてセカイとスガが出会うワケだが、OPを見るにセカイVSスドウになるかと思ってたらセカイVSスガという形になるっぽい。中々のOP詐欺……!

◯トライファイターズVSリヴァイアサン。
オリジナルガンプラではない原作に登場した機体であれば、対策を講じるのはたやすい。オリジナルのギミックでも仕込んでないならなおさらである。
というワケで今回も概ね力押し。相手がMA単機なので前作のメガサイズザク戦のように火力勝負になるのは必然といえば必然か。
前回結構ブッ壊されたはずのビルドバーニングが何事もなく元通りになってるのは地区予選のダメージレベル設定が低いから。言われてみれば5話の初戦からレベルBだった。この辺の設定は6話のルール解説ビデオにねじ込んでくれても良かったと思う。
……ダメージレベル云々は、多分セカイがガンプラ素人であることが大きく関わってそうな気がしないでもない。

◯チームGマスター。
Gマスターの使用機体は百万式、Gボンバー、アメジスト∨ガンダム。
準決勝で使用機体を全部変えてきたというが、それまではどんな機体を使っていたのかちょっと気になる。
ヤスは泣いていい(二回目)

◯これ、ガンプラバトルなのよね。
遊びの楽しみ方は人それぞれだがスガのそれは完全に舐めプであり、「何事にも真剣に取り組む」というセカイの師匠の教えとは真逆である。体術以外にバトルでの姿勢においてもセカイとスガは対立しそう。
GボンバーはGファイターの改造機とされているが、シルエットだけで言えばレイダーにそっくりである。

◯矛盾は生じんッ!
百万式はメガライドランチャーを軸とした砲戦機体かと思いきや、その真価は接近戦にあった。ビルドバーニングでも砕けなかったR・ギャギャの盾を切り裂くとはどんな仕掛けを施しているのやら。
セカイがスガと当たるとするとユウマとスドウ(ひいてはミナト)が戦うことになるが、砲戦のみならず接近戦も強い百万式に対してライトニングがどう戦うのか気になる。近付かれたら詰みだと思うが……。

◯アラン・アダムス監督。
アラン、ガンプラ学園チームの監督やってたのか……。
そして初登場のウィルフリッドはアランと縁のある関係らしい。
スガが障害にならないってアレか、四天王の中でも最弱みたいなポジションだったのか?



雑感。

決戦を盛り上げるための前置き回でしたが、カオルコは犠牲になったのだ……(´・ω・`)

OPだけ見ると完全に百万式の添え物にしか見えなかったGボンバーがまさか中ボスになるとは思ってなかったです。戦闘機なのに体術を使うってのも予想の斜め上ですね。

次回はいよいよ地区予選決勝戦。ついにビルドバーニングが真っ赤に燃えて勝利をつかめと轟き叫ぶ模様。



先週のGレコ。

バナナ! バナナ! バナナ! 字幕表示してなかったらそーやも勘違いしてたかもしれません。

前々から怪しいクンパ大佐がより一層怪しくなった回ですが、法皇様もようわからんですね。



今週のFate。

アーチャーに関わるヒントが示されましたが、この辺は記憶を消して楽しみたかったトコロでもあります。

あと小次郎の株の上げ方がハンパない。



今週の寄生獣。

何故だか2話放送でしたが、連続性の強いドラマなんで一気に話が進むのはありがたいことで。

デザインは原作に近づいたというのに口調と態度がクールすぎる新一にちょっと違和感を抱く一方、少しずつ演技が変化してる平野ミギーに感心するそーやでした。


HGBF 1/144 ベアッガイF(ファミリー) (ガンダムビルドファイターズトライ)
HGBF 1/144 ベアッガイF(ファミリー) (ガンダムビルドファイターズトライ)
まだアニメに出てないのになんで先に発売したし。
関連記事
ダメージレベル云々をすっかり忘れてたのでこのブログ見るまでもやっとしてました。もうちょいハッキリ描写しといてくれてもええんやで?
あとべアッガイさんは出てなくても購入余裕でした。俺ちょろい

Gレコ、本気でバナナ!に聞こえてお禿監督が乱心したかと思い、三回見直しました。
[ 2014/12/01 23:35 ] [ 編集 ]
デザインナイフは凶器
ガンジェネシス「せめてガンダムネタにしろよ」
天鎧王「ホントだよ」
まあパロネタに関してはガルパンも大概なので…

VガンのMAがパッとしない理由の3割はドッゴーラ。
残り7割はフライパン。
ビルケナウ?誰それ。
[ 2014/12/02 12:41 ] [ 編集 ]
警察「これから人を刺しに行くのかい?」
涼介さん廻、
ダメージレベル自体は一応説明されていたものの、前作の「戦ったらブッ壊れる」っていう印象が強いから多くの視聴者が混乱したと思われ。今作も後々ダメージレベルAのガチバトルをやるっぽいですが。
財団B「よし。それじゃあ次はウイニングガンダムとR・ギャギャだよ(^^)」

御大の乱心は今に始まったことじゃないというか、我々から見たら乱心でも御大にとっては平常運転なのかもしれません。年季の入ったフィルター効果。



ドーガさん廻、
子供の頃はガンジェネシスと天鎧王にパロネタが入ってるとは微塵も思いませんでしたね。年取ったわー(遠い目)

なんでや! ビルケナウはクロボンゴーストで輝いたやろ!
……ちょっとだけ。
[ 2014/12/02 21:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。