ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『ガンダムビルドファイターズトライ』第9話見ました。

炎の如く。



公式サイト



今回のセカイ。

◯カオルコとシモンの助けを得て特訓。
◯宮里学院と対戦。
◯疲労困憊になりながらも勝利。



今回の見所。

◯本気で戦った相手を愚弄するんじゃないよ。
あれ? アンタ前回舐めプしてなかったっけ?
……という印象が頭にあったので個人的にはイマイチしっくり来ないシーンであった。言ってる事自体は間違ってないのだが……単純にスレッガーさんネタがやりたかっただけなのかもしれない。
煽りだけなら全一クラスのヨミだが、思い返してみたら前回はお前だけ誰も撃破できてないからな! そりゃカオルコも悔しくて泣くわ。

◯戦う者の嗜み。
本気と強がりが半々といったトコロか。忘れてはならないがカオルコもまだ中学生ですので。
実際にカオルコが新しい機体を作るとしたらどんなものができるだろうか。やっぱりギャン系列?

◯ときめくお名前や。
んんwwwこれ前作でも聞いたことありますぞwww
大分ボケキャラ化が進んできたミナトだが、地区予選が終わった後は果たしてどんな形で本編に絡んでくるのか。スガみたいに飛び入りもありえそう。
そして華麗に無銭飲食。ユウマはそろそろミナトを出禁にしてもいいぞ!

◯スドウ・シュンスケ(2)
スドウが昔使ってた機体はギラ・ズールの親衛隊仕様機?
他人が作った機体で戦うのは勝利を優先したため。自身もビルダーでありながら他人の機体を使うというのはプライドを捨てるに等しい。
劇中でこの辺の事情に触れたのはよかったが、個人的にそれ以前からスドウのスタイルにあまり違和感がなかったのは前作のセイとほぼ同じだから……と今更気づいた。

◯戦友。
主人公のために立ち上がるライバル達。シモンもカオルコもいい子過ぎんよ……。
で、結果セカイが得たのはGボンバーの飛び道具に対抗するための防御技であった。多分、カオルコが嬉々としながらR・ギャギャでミサイル乱射しまくったんだろうな……。
あとアレ、ミライ姉ちゃんの仕事先のスタッフさんは姉ちゃんの扱い上手すぎ。

◯決戦。
ヤス、やはり出番なし……! ガシャポン戦士コンプリートという設定はいつ活かされるのか……!
今回のタツヤは完全にメイジンモード。なんだかんだちょくちょく観に来てるが……はッ、すげぇ忘れてたけどそういやこの人聖鳳学園のOBだったわ。だからか。
そしてキノコ爆発しろ。

◯ビルドバーニングVSGボンバー。
予告通り通じなかった次元覇王流。しかしセカイもある程度対策を講じていたため戦力的にはギリ互角か。
Gボンバーの中にはMSが入ってるかと思ったが別にそんなことはなかったぜ。代わりに内蔵していた大量のミサイルはビグザムの爪がモチーフ? 因果のバーゲンセール!
ビルドバーニングのクリア部分、シールドになるとはいえ面積が狭すぎる。セカイがそれを有効活用できたのはシモンがパリングでも教えたのだろうか。

◯ライトニングVS百万式。
スドウが「やはり」と言っていたことから、トライファイターズのプランは概ね読んでいたことがうかがえる。
多分スドウのプランはソロモン外でライトニングをタイマン撃破→ソロモン内からあぶり出されたビルドバーニング&ウイニングをメガライドランチャーで狙撃して〆……だったのだろう。射撃戦ならともかく、格闘戦ならライトニングより百万式に分があると踏んだと思われる。
R・ギャギャの盾を切り裂いたサーベルの秘密は粒子変容。プラ粉に関わる技を使うあたりが心形流か。相変わらず理屈はさっぱりだけどな!

◯今の僕は、ファイターだ!
この時点でライトニングを仕留めきれずに百万式と相討ちまで持って行かれたのが宮里学院の敗因である。
予選第1試合以降あまり良いトコロが無かったユウマだが、今回は男を見せてくれた。
……まぁアレ、ダメージレベルBならいくらでもガンプラ犠牲にできるし。

◯まだまだなのよね!
旋風竜巻蹴りか!→なんだと!? の流れはスガがフェイントに引っかかったというよりウイニングナックルの火力を受けきれなかったと見るべきか。
そして決着かと思いきやVガンダムとGボンバーのドッキングキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! そりゃ視聴者もビックリするわ! こういうアドリブが利くのもガンプラならでは。

◯炎。
1話以来となる赤いビルドバーニング。三つの心が一つになれば一つの正義は百万パワー!
ここで注目すべきはビルドバーニングへのダメージがセカイにフィードバックされている点。原因は主にビルドバーニングだろうが、セカイにも原因がありそう。もうだいたいGガンじゃねぇか!
……というか、もしかしたらセイがビルドバーニングを隠したのはこの辺の秘密が関わってる?

◯ラストスタンド。
男の意地。最後の一撃。ここだけ見ると完全にスドウが主人公である。
迎撃すらできなかったセカイだが、百万式もとうに限界を超えていたのか自壊する形で決着となった。ビルドバーニングがセカイの思いに応えたように、百万式もスドウの執念に応じたのかもしれない。
プラ粉が人の思いに反応するという設定はホント便利だ。

◯おめでとう。そしてありがとう。
まだセカイは眠ってるというが、決勝からどれくらい経ったのだろうか。
度合いによっては人機一体の境地も結構危険な匂いがする。



雑感。

それ使っちゃっていいの? と今後が心配になるくらいのクオリティでした。今までで一番チーム戦してたかも。

シンクロしすぎてファイターにまで影響が出てくるという、前作にはなかった不安を煽るような要素が出てきたのも興味深いですね。引っ張るのか今回限りなのかはまだ解りませんが。

次回はお待ちかねの水着回ですね! 決戦の後は水着! それがビルドファイターズなのよね!(←誤解を招く言い方)



先週のGレコ。

なんかGセルフがZ戦士みてーな動きしてるぞ! いやそーやは大好物ですけど!

あとベッカー大尉面白すぎ。こういう人は死んでほしくないけど、切り捨てられる時はあっさり行くのが富野ガンダム。



今週のFate。

セイバーのアクションは元より、今回は士郎のアクションも見れて満足。

衝撃だったのはライダーの首が一回転していたトコですかね。YAMA育ちはやっぱおかしい。



今週の寄生獣。

あくまで人間の尺度で言えば島田はギルティなんですが、島田自身からすればかかる火の粉を払おうとしただけであって罪悪感は特に無かったのでしょう。結局殺されてしまいましたが。

この後味が残る感じは個人的に好きです。


HGBF 1/144 R・ギャギャ (ガンダムビルドファイターズトライ)
HGBF 1/144 R・ギャギャ (ガンダムビルドファイターズトライ)
関連記事
やっぱり落とせないメガバズ。
合体も燃えるには燃えたんですが、なんかアレ、ガッツァイダーみたいで…
手足ワキワキしてるのがなんかイヤ。

むしろZ戦士のほうが人間やめた動きしてるってことでは…
[ 2014/12/08 17:58 ] [ 編集 ]
ハチャメチャが押し寄せる。
ドーガさん廻、
本来GボンバーはVガンとのドッキングとか想定してなかったでしょうし、そのせいもあってよけい異形に見えるんでしょうね。ある意味敵役にピッタリの異形っぷりでしたが。

パンチでブッ飛ばした後に回り込んで追撃とか、ニーチェ先生も満足の過剰っぷりですよ。
是非スパロボで再現していただきたいですね。
[ 2014/12/09 03:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。