ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『ガンダムビルドファイターズトライ』第13話見ました。

限界の向こう側で掴んだもの。


限界を超えて、その向こう側へ。
想像と情熱の翼が飛翔する。



公式サイト



今回のセカイ。

◯シアと一緒にビルドバーニングを補修。
◯カリマからバトルを申し込まれる。
◯大会出場校代表者によるバトルロワイヤルに参戦。
◯ウィルフリッドのトランジェントガンダムと交戦。
◯限界を超えて自分だけの技を手に入れる。



今回の見所。

◯キジマ・シア。
不思議系かと思ったら不思議系だった。ガンプラの声が聞こえる……。
公式サイトによると凄腕のビルダーということで、ビルドバーニングの補修のみならずチューンもやってのけた(正確にはセカイにやり方を教えただけだが)
ただその理由が「弱いガンプラと戦っても張り合いがない」というのは、この子も強敵に飢えてるタイプだろうか。セカイが「ちょっと似てる」というのは多分兄であるウィルフリッドを指してる?
……それよりこのあからさまに高い顔面偏差値、こりゃあ多くの同人作家がアップを始めるの待ったなしですわ……!(前かがみになりながら)

◯なるほど、これが若さか。
フミナパイセンの女としての本能がシアをこれまでにない強敵だと直感したッ……! カオルコと比べてリアクションが違いすぎるwww



パイセン百面相1。


パイセン百面相2。


パイセン百面相3。


パイセン百面相4。




んんwwwどこかで見たような顔ですぞwww前作からそうだったが、こんなギャグ顔は他のガンダムじゃまずお目にかかれない。強いて言うならSDガンダムくらい?
つーかもうフミナパイセンはセカイにぞっこんですかそうですか。GBFT放映前はセカイとユウマとフミナでトライアングラーになるんじゃないかと予想してたが、セカイとフミナとシアか……これなんてギャルゲ?(笑顔で)
いやアレ、まだセカイとシアの間でフラグが成立したとは言いがたいが……黒田さんだしな! GBFTは明るい作風だしそこんトコロ期待してもいいと思う!

◯ケツがかゆいのだよ。
ついにユウマもラブコメ時空の被害者に。
これが後の戦いに影響を及ぼさなければいいが……(棒)

◯ウィルフリッドVSアドウ。
アドウはどうやら何らかの事故があったのか右手首を負傷してレギュラーから外れていたらしい。
ちょっと気になったのはガンプラバトルにおけるファング(を始めとした無線誘導兵器)ってマニュアル操作? 前作の世界大会決勝トーナメントでも無線誘導兵器を使う機体はあまり多くなかったが、やはり扱いが面倒だったりするのだろうか。

◯カリマ・ケイ。
神奈川県代表、本牧学園所属。
今回のバトルロワイヤルではケルディムを使っていたが、本来は大型モビルアーマー使い。他のチームメイトが姿を見せないのは実質カリマ一人で戦っているようなモンなのかもしれない。ぼっちって言っちゃダメだぞ!
タイプ的にはレナート兄弟に近いというか、勝つためならなんでもしそうなカンジである。

◯この勝負、三代目メイジン・カワグチが仕切らせてもらう。
勝手に現れて勝手に話を仕切る! でもそこに何の違和感もないのが凄いwメイジンなら仕方ねぇんだ!
ラルさん並に便利なキャラになったなメイジン……これが7年の貫禄か……。
対してアランと来たら……アドウもウィルフリッドも御しきれてないんじゃね?

◯ウィルフリッドVSマツナガ。
損傷したコシバとウズキの機体からパーツを譲り受け、三人の想いを一つにしてウィルフリッドに挑む……!
……と、字面では燃えるシチュエーションなのだが所詮はやられ役。涙も出ねぇ。

◯キジマ・ウィルフリッド。
公式戦無敗記録更新中のガンプラ学園エース。そして四代目メイジンになろうとする男。
メイジンに最も近い男・ジュリアンに指導を受けて更に強くなったらしい。ジュリアンも三代目メイジンと同じく後進の指導とかしているのか、ともかくセリフだけとはいえ健在であることが解ったのはちょっと嬉しい。
前回、バトルに飽いているのではと思ったがその実は全くの反対で、アドウ以上に好敵を求めていた。
メイジン志望故か性格も完全にメイジンタイプ。良い意味でテンプレ通りのライバルキャラである。
使用機体はトランジェントガンダム。型番GN‐9999。OO系の機体はメイジンが通る道なのだろうか。
TRANSIENT=一時の/瞬間的な/つかの間の。現時点では公式サイトに機体紹介がないことから本命の機体が用意されるっぽい?
たとえそうだとしてもエラいカッコいい機体なんで立体化してくれんものか……。

◯ウィルフリッドVSカリマ。
カリマも本気ではないとはいえ中々良い動きをしていたが、シールドビットの包囲攻撃をランスでちょっと屈折させるだけで全弾回避とかウィルフリッドの神技っぷりがヤバい。この神回避はガンダムAGE14話以来の衝撃だよ!
アドウと散々やり合ってきたため、無線誘導兵器対策は完璧。踏み込みが足りん!

◯セカイVSウィルフリッド。
対等な勝負を望んで武器を捨てるのはある意味舐めプなのだが、ウィルフリッドも格闘技の心得があるのか素手でも充分強かった。
対してセカイはアシムレイト補正とビルドバーニングがチューンされたおかげで戦闘力が倍増してウィルフリッドと互角にやり合えるレベルに到達。主人公補正効きすぎィ!
ちょっと気になったのがビルドバーニングのチューンだが、もしかしてビルドバーニングってトロフィーに隠されてた間経年劣化で今まで本来のパフォーマンスを発揮できてなかったのではなかろうか。セイがいつトロフィーの中にビルドバーニングを隠したのかは不明だが、少なくともビルドバーニング自体は3年前に作られたものでそこそこ長期間ほったらかしにされていたはず。機体性能が底上げされたというより元に戻ったのかもしれない。

◯波動列帛拳。







言っちゃっていいのかそれ。
恐らくリアルにおけるこの技は気の遠当てだろうか。シャイニングウィザードといい、次元覇王流はなんともごった煮……もとい多彩である。
ちなみに字幕放送だと「列帛」だったが、多分「烈帛」が正しい気がする。

◯トライファイターズのエース。
今回の話で大きなポイントの一つが、セカイの覚醒の他にユウマがセカイを認めたというトコロ。
チームメイトの信頼関係という点でセカイとユウマに関しては懸念があったが、これで解消した。

◯ビヨンド・ザ・ナックル。
次元覇王流ではない、セカイだけの技。月を粉砕してステージの設定を変更させるというバトルシステムそのものに影響を及ぼす規模の必殺技を手に入れた。躱されたけど。
てっきりGガンのように師匠から最終奥義を伝授してもらうかと思ったが……あ、流派を超えて自分だけの技を得たという意味では石破天驚ゴッドフィンガーみたいなモンか。
「向こう側」とか「手に入れた」というフレーズでニヤニヤした人はきっとネイティブアルター。

◯作ろう、三人で。
そして出来上がるのがコレである。早く本編の活躍が見たい……!
……しかしメイジン、いちいち熱いな。バイクを発進させる時ですら。

◯ガンプラ学園三人目のファイター。
次元覇王流を使うらしい「ジュンヤ」なる人物かと思ったら、シアが三人目だった。となるとジュンヤは他の学校だろうか。
ガンプラ学園が途中敗退するとは思えないし、今回の話でセカイとウィルフリッド、フミナとシアの対立フラグが立ったのでラスボスはガンプラ学園で決まり……と思いたい。



雑感。

新年一発目でしたが、実に見応えのある回でした。ビルドバーニングカッコ良すぎっすわ……。

対するトランジェントもカッコ良かったですね。なんとなーく立体化されなさそうな気がしますが……ROBOT魂が無理ならコンバージあたりで一つ! 一つ!(←決してガンプラとは言わない)

次回は全国大会に向けて最後の準備回。まだまだ新キャラが出てくるみたいです。



先週のGレコ。

ラライヤが回復したのが、さびしい(´・ω・`)

でもアイキャッチがかわいかったので、許す(ウエカラッ



今週のFate。

今週の寄生獣。

大なり小なり、社会という枠組みはイレギュラーを認めない/拒絶するというもので。もし自分がそっち側にいったらと思うと怖い……どころのモンじゃないです。どうなるか想像付かねぇ。

秘密を抱え込んでしまう半端な強さっていうのも考えものですね。


HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア (ガンダムビルドファイターズトライ)
HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア (ガンダムビルドファイターズトライ)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。