ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『ガンダムビルドファイターズトライ』第17話見ました。

フミナ「Vガンダムとか結構ショッキングな場面多いけど、そういうのは大丈夫なの?」
ユウマ「あ、それは大丈夫です」



公式サイト



今回のフミナ。

◯出ていくタイミングを完全に逸する。
◯ラルさんとチームの皆でミーティング。
◯ユウマのカミングアウトにげんなりする。
◯SD‐Rのトラップによってチームを分断されるも自力で突破。セカイとユウマの窮地を救う。



今回の見所。

◯カオルコとシア。
トライファイターズに新メンバーが電撃参戦だ! カオルコはともかくシアも意外とノリいいのな。
もうフミナパイセンはそろそろ勝負を決めにかからないとな。これ以上セカイの主人公補正がさらに戦局を泥沼化させる前に。

◯ミーティング。
具体的な対抗策を打ち出せてないトライファイターズと、地区大会の映像まで引っ張りだして相手を分析するSD‐Rが対照的。一回戦でどれだけ手札を開いたか、という差もあれどラルさんはもうちょい言うべきことはなかったのか……せめてSD‐Rの地区大会の映像用意するとかさ。
が、SD‐Rもスターウイニングを支援タイプと推測したのは誤算であった。お前らもSDガンダム使ってるんだからもっと警戒しろよ! SDガンダムってホント何してくるかわかんねぇし!(BB戦士ユニコーンを見ながら)

◯亡霊城。
ガンプラバトルシステムが主人公側に有利に働いたことってあったっけ……。
城という閉鎖空間は作中でパイセンが明言している通りライトニングの機動力を殺せるし、トラップも仕掛け放題。そりゃ三つ子も籠城一択である。
ならばトライバーニングのフェニックス拳(仮)で城ごとブッ飛ばせばいいと思ったが、そうしなかったのは多分消耗が激しい大技だからだろうか。エースを開幕から消耗させるとかチーム戦じゃ致命的だろうし。
それなら城に入らずタイムオーバーからのサドンデスマッチ……だと恐らく強化型アブソーブシステムでハメ殺される。三つ子の手札を知らないトライファイターズがサドンデスの代表者として出すのは十中八九セカイのはず。牽制として使える飛び道具がほとんどないトライバーニングと三つ子の機体では相性が悪すぎるのであった。
ちなみに今回の相手がSDタイプだからか、城のオブジェもSDネタで統一されていたのが中々ニクい。スペリオルランダーとかインディガンダムとか懐かしすぎんよ……。

◯僕はオバケが苦手です。



(非難の目)




予告だけのギャグじゃなくてガチだったのかよwwwこのシーンに限った話ではないが、SDガンダムは表情が多彩なおかげで演出面において一役買ってそう。
しかしオバケが苦手って……ガンダムシリーズ見てりゃ結構出てくるのにな(誤解を招く言い方)
意外な弱点が露呈したユウマであったが、これもSD‐Rにとっての誤算となった。

◯分断。
三つ子のプランは飛行能力がないトライバーニングを地下に押しこめ、それを救出しようとするスターウイニングとライトニングをトラップで爆殺。最後にトライバーニングを仕留める……といったトコロか。
しかしユウマがオバケ嫌いであったせいでトライバーニングとライトニングが一緒に落下。まさかこれがトライファイターズにとってファインプレイになるとは……。

◯強化型アブソーブシステム。
シールドだけでしかビームを吸収できなかったスタービルドストライクと違い、空間ごと粒子を吸収するというさらなる力技。ただし効果範囲はそれほど長くも広くもない。
ハイリスクすぎるRGシステムはともかく、アブソーブシステムくらいは他のファイターが真似しても良さそうなモンだと思ってたがようやく出てきた。使い手が少ないのはシステムを再現するのが技術的に難しいのだろうか。
ここでライトニングがトライバーニングの盾になっていなかったら詰んでた。

◯ガンビット。
スターファンネルだけでなく砲撃ができるガンビットまで実装していたとは……しかも崩落で塞がった通路をブチ抜くとか火力もヤバい。多分ウイニングランチャー相当? ホントに単機でも戦えるぐらい強くなったんだな……。

◯スナイバル・ドラゴ・ギラ。
三つ子の奥の手。ビックリドッキリ三機合体。
……でもトライオン3の後だと微妙にインパクトに欠ける気も。だいたいトライオン3のせい。
明らかに巨大化してるように見えるがそこはアレ、プラ粉の不思議パワーってことでひとつ。
それよりトシヤがガンプラ学園の入学に失敗したって……そんなに入りたかったのか? 履歴書に書くハメになるんやで?(真顔)



雑感。

珍しく次回に続いたァァァ!?(←今回一番驚いたポイント)

たまには二週使ってもいいんじゃないのかと思ってましたが、まさか統立学園戦でやるとは……。

というワケで次回は後半戦。トライバーニングは粒子を吸われ、ライトニングは大破寸前。頼みの綱はフミナパイセンのスターウイニング……今度こそ新たなウイニングロードを見せていただきたいものです。



先週のGレコ。

ガイトラッシュのビームマント、フェニーチェ的なものかと思ったら全然違うでやんの。何だあのチート。

今回のMVPはステアさんじゃないでしょうか。あなたが居てくれて本当によかった。



今週の寄生獣。

倉森さんよく頑張った……男の子には意地がある。

次回は新一にとって三つ目の大きな節目です。


HGBC 1/144 ライトニングバックウェポンシステム MK-II(ガンダムビルドファイターズトライ)
HGBC 1/144 ライトニングバックウェポンシステム MK-II(ガンダムビルドファイターズトライ)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。