ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『ガンダムビルドファイターズトライ』最終話見ました。

ガンプラは終わらない。



公式サイト



今回のセカイ。

◯大会終了後、突如修行に出る。
◯メイジン杯でフミナ達と再会。
◯ミナトを止めるべくセカイ自身が作ったガンプラ・カミキバーニングで出撃。
◯フミナとカオルコに襲われる。
◯スガのレオパルド・ダ・ヴィンチと勝負。
◯再びチャレンジャーとして全日本大会に出場。



今回の見所。

◯ザクアメイジングVSケンプファーアメイジング。
のっけからまさかの対決である。やっぱケンプファーアメイジングかっけぇなぁ。ハンドガンの射撃をピンポイントで相殺するとか地味に離れ業もかましてるし。
一体何事かと思いきや、ダブルメイジンの平常運転だった。完全に流派東方不敗じゃないですか! どんだけGガン好きなんですか!

◯メイジン杯。
ガンプラバトルではなくガンプラの出来栄えを競うコンテストである。ビルダーズカップとかオラザクみたいなモン。
ようやっとオリジナルMS選手権の入賞機体が本編に登場した。てっきり大会中に出てくるかと思ったが、長かった……。
カリマも参加していたが、ラフレシアとか……バカではあるがその情熱は評価してやるべき。実際のコンテでも巨大MA作る人は少数派だしな……。
マモルはデスティニーインパルスで参加。随分元気そうだが、病気の方は良くなったのだろうか。

◯ライトニングZガンダム。
ユウマの最新作はほぼフルスクラッチのオリジナルZガンダム。大会終了からそんな経ってないのにクオリティパねぇ。腰のシリンダーが剥き出しになってるトコロが個人的にツボ。
そういえばフミナパイセンはメイジン杯に参加しなかったようだが、やっぱりキレイなガンプラを作ることにはあまり興味が無いのかもしれない。スターウイニング自体、コンテに出したら何かしら入賞してもおかしくないくらいユニークなガンプラだと思うが……。

◯次代。
全国大会で優勝するレベルになると幼女の羨望の的になれるらしい。よし! ちょっと俺ガンプラ作って大会出るわ!
さておき、こうして貴重なモデラー女子が増えていくのか……そう考えるとレディやパイセンの功績デケェ。
何故だか嘲笑されるパイセンだったが、察しのいい人はこの辺でミナトが何をやらかしたかお解りいただけるかと思う。道徳的には完全にギルティ。

◯サザキ・タテオ。
サザキ家、完全にザビ家だった。声はやっぱり広橋さんである。お疲れ様です。
なんかもうこの辺は黒田さん酒飲みながら書いてただろw

◯オープンコースの優勝者は。
カッコ良く間違えてんじゃねぇよメイジンwwwしっかりしてくれwww
というワケでメイジン杯もユウマが優勝。ユウマも何だかんだでメイジンの座に相当近い男ではなかろうか。

◯帰還。
風のように去り、風のように帰ってきたセカイ。
修行とは結局カミキバーニング製作のためだったが、その間シアとどのようにしてガンプラを作っていたのか私気になります!

◯すーぱーふみな。

最高にして最悪の作品。


なんてことをしやがったのでしょう(加藤みどりさん風に)
やりやがったwwwガンプラは自由とはいえこれは禁じ手の類だろwww
が、この作品に注ぎ込まれた超絶技巧はガチである。その点だけ見ればぶっちゃけ優勝認定。バンダイとマックスファクトリーは今すぐミナトに連絡取れ! 急げ!
デザイナーは島田フミカネ氏。チナッガイに続いて最後の最後でやらかしてくれた。
しかも何かしらの形で商品化企画も進んでるらしい。出るとしたらAGPあたりだろうか。解った! 二枚でどうだ!(ゲス顔)

◯本人の許可をとっておらんとは言語道断!
しかし、例え許可を取ろうとしたら断られるのは目に見えてるのであった。

◯決着はガンプラバトルで。


           __
        , ‐' ´   ``‐、             / ̄:三}
.     /,. -─‐- 、.   ヽ        /   ,.=j
 _,.:_'______ヽ、 .!       ./   _,ノ
  `‐、{ へ  '゙⌒ `!~ヽ. !     /{.  /
    `! し゚  ( ゚j `v‐冫   , '::::::::ヽ、/      そんなことよりガンプラバトルしようぜ!
.    {.l   '⌒      ゙ 6',!   / :::::::::::::::/ __
.     〈  < ´ ̄,フ  .ノー'_ , ‐'´::::::::::::::;/ (_ノ)‐-、
.      ヽ.、 ` ‐", ‐´‐:ラ ':::::::::::::::: ;∠.   ヽ_}  ゙ヽ
        ,.r` "´  /:::::::::::::::::::ィ´  `ゝ  !、  /
     /       / :::::::::::::::: ; '´   /´\ /   r'\
.     i      ! ::::::::::::::/ 墨 | .!::::::::/ヽ、.._!ヽ. ヽ、
     {      {:::::::::::;:イ /   ∥i:::::::/:::::::::::::/  \
.      ヽ       ヽ,.ァ‐'´ /ヽ 二 ,/`ヽ、::::::::: /


つーかお前らが見たいだけだろwwwダブルメイジンもやはりバトルジャンキー。
しかも会場一面がバトルベースとか、設備的にバブリー過ぎる上にこういう展開を見越した上でのセッティングとしか思えない。まぁ最終回だからね! ヤジマ商事脅威のメカニズムでいいんじゃないかな!

◯ライトニングZVSすーぱーふみな。
パイセンの公開処刑タイム。よろしい。パイセンに会場からベイルアウトする権利を与えよう。
ユウマはどう対応するのかと思ったらフツーにビーム撃ち込んでて笑ったwミナトがすーぱーふみなを公開した時もそこまで驚いた様子はなかったし、その辺の割り切りはできてるっつーか単に美少女フィギュアに興味が無いだけ?
スパッツがあっても下から覗きたくなる……スカートとはそういうものだ。しれっと我梅の連中までいたのは驚いたが。
あとキャストオフは商品にも実装しておいてください(真顔)

◯カミキバーニングガンダム。
最終話にしてついに出てきたセカイが作ったオリジナルガンプラ。ネーミングセンスはさておき侍か野武士のような和風テイストがイカす。短期間でこのレベルのガンプラを作るとか、シアの指導のみならずセカイの才能開花しすぎ。
今回はあまり活躍しなかったものの、企画中のOVAで大暴れするトコロとか見られるのだろうか。

◯大乱戦。
戦いが戦いを呼ぶ。ガンダム世界ならそれは悲劇の連鎖であるが、こっちはガンプラなので悲しみのカケラもない。ビルドファイターズはこれでいいのだ。
最後だからかモブ機体がバラエティ豊か過ぎるwウーンドウォートに僧侶ガンタンクとか誰だよコレ仕込んだのw個人的に狂喜したのはガンレックスとドラグーンです。

◯妖華散る。
Gジェネなどのゲームだとバカスカバグをバラまいているイメージがあるラフレシアだが、実際の設定ではバグは搭載されていない。ヘビーガンが撃破されそうになってハラハラしたのはそーやだけではないはず。
カリマは完全にチョマー枠に入ったか……あの断末魔はガリー・タンを彷彿とさせる。
で、閃光のハサウェイがアニメ化するのはいつですかね……。

◯楽しそうだったから、つい。
ライトニングZ、バックパックを腕に合体させてカイザーフェニックス撃てるのか……なんとなくスターウイニングのジェネレーター直結ギミックとトライバーニングのフェニックス拳を参考にしたのかと思わせる。

◯アメイジングレッドウォーリアVSドムR35。
奇しくも紅の流星と青い巨星の対決となった。
ラルさんの新作はドム。増設されたバーニアがシブカッコいい。
メイジンと互角にやり合うあたりやっぱりラルさんもどうかしてる。金払ってもいいからこの対戦は最後まで見たかった。

◯紅武者アメイジング。
またなんて懐かしいものを……レディのことだから駄尾怒尊も作っていたに違いない。そこまで出してくれていたら失禁不可避。

◯ガンダムレオパルド・ダ・ヴィンチ。
セカイに劣らないネーミングセンスはさておき、ベースモデルがレオパルドとはいい趣味してやがる。しかもカッコいい。
地区予選決勝でこの機体が使われたらどうなっていたか……いや、Gボンバーもいい機体だと思うけど。

◯カミキガンプラ流奥義・鳳凰覇王拳。
最後の最後でフェニックス拳に名前が付いた。セカイがビルドファイターへの扉を開いた瞬間とも言える。
さすがに初心者扱いはもうやめてやれよと思わなくもないが、セカイの姿勢はずっと挑戦者のままだから間違いというワケでもない。

◯エンドロール。
一番驚いたこと→師匠が完全にドモン。
ラルさんがいる手前、そんなことは解っていたはずだったが実際目にした時のインパクトはやっぱり凄かった。



雑感。

涙を誘った前作の最終話もいいモンでしたが、今作は最後まで「ガンプラって楽しい!」というメッセージを全面に押し出して明るく終わりましたね。満足感パねぇ。

正直、トライ全体を振り返ると前作がブッ立てたハードルを超えるほどではなかったのですが、それでも半年間ゲラゲラさせてもらったことには感謝してます。そりゃね、スパロボとかGジェネが大好きな人間にとっちゃこういうお祭りアニメはごちそう以外の何物でもないので。

あともうこの場でぶっちゃけてしまうとGレコは二回録画に失敗してるので心が折れました(←完全に自己責任)

……さて、これでビルドファイターズは一旦終了ですがBFとBFTでOVAの企画もあるそうで、もうちょっとだけ続くみたいですね。

それがいつ見られるかは解りませんが、続きがあるというのはファンにとってありがたいことで……再びセイとセカイに出会える日を心待ちにしてます。


HGBF 1/144 ディナイアルガンダム (ガンダムビルドファイターズトライ)
HGBF 1/144 ディナイアルガンダム (ガンダムビルドファイターズトライ)
ガンプラを組む気力はありませんが、これだけはガチで買おうか迷ってます。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。