ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『仮面ライダーゴースト』第3話見ました。

タケル「眼魔の倒し方も解らないなら御成以下ってことになるけど」
ユルセン「……オマエ結構イヤな奴だろ」



テレ朝公式

東映公式



今回のタケル。

○仙人から次の英雄のヒントをもらう。
○単身でマリに会いに行く。
○斧眼魔と交戦するも取り逃がす。
○敵に捕まった御成をコンドルデンワーの逆探知で探す。
○ロビン眼魂を手に入れ、ロビン魂にゴーストチェンジして斧眼魔を撃破。



今回の見所。

○ダイナミック窃盗。
あ、コレ見たことあるよ。クオークスじゃね?
金持ってるから「金餅」というストレートっぷりはライダーだと逆に珍しい気がする。

○次の英雄はロビン・フッド。
おっちゃんのエンジンのかけ方が全く読めないというか、もうついていくのも大変だよ!w
その一方で御成さんは常にエンジン全開である。一話やるごとに体重減ってそうだなと心配するレベル。
ロビン・フッドといえば伝説上の人物で武蔵やエジソンとはちょっと違うのだが、その辺は気にしなくていいのだろうか。

○答えは、あなたの心にある。
個人的には怪しいセミナーとか新興宗教の匂いしかしないよ!
今回はアカリや御成さんがタケルのサポーターとして役立つ面を見せてくれたが、シブヤとナリタも負けず劣らず有能なんだよなぁ……いずれこの二人にフォーカスを当てた話とか見てみたいものである。

○あなたに何ができるの?
義賊といえば聞こえはいいが不当に得られた金を受け取れば共犯になるのが現代であり、結果よりも過程で正義を貫くのが特撮ヒーローである。
……かといって、ヒーローではない一般人であれば目先の結果に釣られてしまうのも無理はない。

○SHIRANUI。
モノリスから転送されたと思われる、ゴーストを可視化する龍の研究データ。適当にパス打ったらアクセスできる程度のセキュリティって見直しが必要だと思う。それともアカリってもしかして凄腕のハッカー……? カチャカチャカチャ……ッターン!
ゴーストや眼魔が見えない問題を3話で解決するとは思わなかった。しかもスコープとかじゃなくて薬品って……やっぱり戦隊を見てる気分になる。

○斧眼魔。
近距離パワー型かと思ったらバリアを張りながら斧を投擲して攻撃することもできる遠近対応のオールラウンダー。
ロビン魂の初相手ということでロングレンジでの刺し合いを披露したが、それなら斧じゃなくて飛び道具と融合すれば良かったのではと思わなくもない。

○アカリと仙人。
どっから出てきたのかよく解らない薬を早速使うアカリ。非科学的なことは信じないはずだったが、タケルの現状を見ているせいかそれも受け入れつつあるのだろうか。
今回はあっさり終わったが、タケル以外のキャラと仙人が絡む可能性が示されたのは嬉しいトコロ。

○コンドルデンワー。
TVの前のそーやも実際驚いたわ! ガジェットだったんかいワレェ!
というワケでウィザード以来となる可変ガジェットである。シフトカーはライダーアイテムとガジェットの両方を兼ねてたと思うと改めて優秀な小道具だったんだな……あんまし欲しいとは思わんかったけど。
普段は電話だが、アニマルモードになれば逆探知も可能。設定によると通信傍受や超時空通話もできるらしい。マジかよ。

○眼魔のやり方、タケルのやり方。
パーカーゴーストの召喚は人の命と引き換えにしてもできるらしい。ゲートみたいなモンか。
タケルが眼魔のやり方を否定するのは至極当然だが、ちょっと意外だったのはユルセンが眼魔のやり方に対して特に異を唱えなかったこと。
ユルセンは仙人の分身であり、過程よりも結果を重視するということは……お察しってやーつ?

○ゴーストロビン魂。
メイン武器はガンガンセイバーとコンドルデンワーが合体したアローモード。史実などで描かれるロビン・フッドはフード姿が多いのでデザイン的にはゴーストにピッタリである。
ガンモードとアローモードの違いはよく解らないが、多分アローモードの特性は精密射撃。電気がないとイマイチ役に立たなそうなエジソン魂よりかは遠距離戦で活躍しそう。
設定を見ると分身能力なんてのも……その辺は次回のお楽しみ。
それにしても斧眼魔、爆発しすぎじゃないですかね。

○謎の男。
……やっぱシブヤとナリタ有能だなぁ。



雑感。

コンドルデンワーにはたまげたなぁ……そーやにはフツーの黒電話にしか見えんかったぜ……。

ユルセンが眼魂の入手方法にこだわらないってのが気になるトコロですね。まぁ、仙人はうさんくささに手足が生えてダイハードしてるようなキャラだから……。

次回は噂のアイツが早くも登場するようです……って早すぎじゃね?



今週のクウガ。

ドラマ部分を優先して怪人との戦闘が完全にオマケみたいになってた……すげぇ……。

しかも今時の子供が抱えてる問題に切り込んでいく内容とか立派な社会派ドラマでしたし、こんなんニチアサでやってたのかと思うと色んな意味でクウガは恵まれてたんですね。



今週の伝説。

石ノ森神の監督回ということでエラい豪勢な回でしたね。空撮しすぎやろ……。

漫画家ならではのアングルやカット割りなども興味深かったです。一番吹いたのはカメオ出演した石ノ森神がイソギンジャガーに殺されたトコですが。色んな意味でハンパねぇぜ。


仮面ライダーゴースト ゴーストガジェットシリーズ01 コンドルデンワー
仮面ライダーゴースト ゴーストガジェットシリーズ01 コンドルデンワー
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。