ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『プロジェクトクロスゾーン2』全クリしたのでつれづれとその1。

全4回でお送りします。
今回はカプコン編。
盛大にネタバレしてるので注意。



公式サイト

ファミ通特設サイト

ようやっとプクゾー2全クリしました。1周60時間。3年ぶりの祭り、大いに楽しませてもらいました。

前作と同じくユニットごとの思い出語りとかを適当に。



ペアユニット。

○クリス&ジル。
カプコン組で最速参戦したのがこの二人。今作もアタッカーというよりはサポート向きの性能でした。
前作と変わらず移動力が低いものの高めのブロックダメージと敵を固定するサポートアタックとオートスキル「連携攻撃」の相性が良く、常にジェネシスがフル稼働してました。通常技でもコマンドスキルでも使うしジェネシス万能すぎる。

シナリオの方は相変わらず追跡者に追い掛け回されてましたが前作ほどスポットは当てられてなかった印象。ソロユニットとの掛け合いだとフェリシアと凪津あたりが面白かったですね。凪津はともかくフェリシアはミュージカルスターだし許してやれよw

○デミトリ&モリガン。
こちらも参戦早かったですね。3話だったし。
攻撃力は控えめですが毒効果付きの技を全キャラ中一番多く使えるのがこの二人。どんだけ毒好きなのかと。

発動確率が低いんでつい忘れがちになってしまうんですが「夢魔の誘惑」が地味に強烈で、気絶耐性のないボス相手には重宝しました。殴られたと思ったら敵を気絶させていたなんてこともしばしば。

シナリオだとライバルキャラに大分恵まれていたのに印象に残る見せ場は大して無かった気がします。いやま、パイロンもバレッタもザベルも因縁深い相手……というワケではないですし。むしろステハニーが出てきた時が一番面白かったかもしれない。

デミトリはナムカプと同じくEDでパーティーを開いてくれましたね。ナムカプ以上のどんちゃん騒ぎだったので見てない方はお楽しみに。

○春麗&シャオユウ。
春麗がメインユニットみたいなのでカプコンでまとめておきます。
前作と同じく序盤での参戦なのでこちらも長いこと使ってました。格ゲー勢の中では移動力が高い反面ATKが低く、反撃を無効化する「さばき」もあるおかげで終盤まで削り役をやらせてましたがコマンドスキル「金的蹴」を覚えた時は嬉しかったですね。CRTダメージアップスキルは格闘家の証……!

前作だとモリガンと組んでたせいか春麗がツッコミ役でしたが、今作だとボケに回ることが多かった気がします。もうフツーの女の子は諦めようや……(´・ω・`)

○飛竜&秀真。
こちらも飛竜がメインユニットみたいなのでここで触れておきます。
久々に帰ってきたストライダーがまさかのShinobiとペアを組むとは……プクゾー2の初報で一番ときめいたペアであります。
元々移動力が高い上にコマンドスキル「オプションB」を習得すればさらに足回りが向上し、そこにZOC無効も付けて「暗殺」も上乗せすればもう背後からニンジャが出て殺すマンですよ。ワザマエ!

通常技だと「乱れ斬り」がクロスヒットを狙いやすい上にクロスブレイクしないのでXPが欲しい時は連発してました。うららや緋花と組ませた時は面白いぐらいXPが溜まります。

シナリオだと秀真より飛竜の方がウェイト大きかった気がします。結局グランドマスターは出てこなかったものの残党は皆殺しにしましたし。容赦なさすぎやで。

……そういや恒例行事もちゃんとやってくれましたね。テキストもナムカプを大分踏襲していたのが余計に面白かったですw

○エックス&ゼロ。
クリス&ジルと同じく今作は早めの参戦となりました。
前作は驚異的な火力と射程で敵を圧倒するアタッカーでしたが、今作は大分丸くなった上に「サブタンク」のおかげで回復役になるシーンもありました。前作からの続投組の中ではコンセプトが大分変わったペアかもしれません。少なくとも1周目では。

エックスとゼロといえばライバルキャラのシグマがエラい厄介でしたね。XPカウンターはキツい……これで気絶耐性も持ってたらそーやも心の中に鬼を宿したかもしれません。

○ダンテ&バージル。
特殊効果付きの通常技が少ない代わりにランクAの技を3つも持つストレートなアタッカー。同系統のユニットとして桐生ちゃん&兄さんと仁&一八がいますが、こちらは毒が使えるのが特徴。必殺技のヒット数も多めで、削り目的でブッ放したらそのまま敵を撃破したこともちょいちょいありました。

前作では原作ライバルキャラがいなかったにも関わらずシナリオでは大分目立ってましたが、今作はやや控えめ。新キャラであるバージルもその性格ゆえか他のキャラとの絡みも薄味でした。一方でソロユニットとの掛け合いではアティ先生の召喚術に興味があったり凪津の力が気になったりとパワー厨っぷりを発揮していたのが面白かったですw

○リュウ&ケン。
カプコン組で最後に仲間になるペアがこの二人。前作と同じく高い火力を誇り、今作では「波動の構え」で状態異常攻撃も得意になった上に効果がCRTダメージアップ&CRTチャンス延長に変更されて攻撃的になった「風の拳」もあって、個人的には前作より凶悪になったと思います。ベガが気絶耐性持ってないから完全にリュウ&ケンが天敵みたいになってるしw

シナリオ面でもあまり目立たなかった前作の反動か、今作はかなり主人公してましたね。いやもう「愛しさとせつなさと心強さと」の原曲が入ってるってだけで限定版買うの決意しましたもん。ベガとの最終戦でイベント戦闘シーンがあるかと思ったらやっぱりあったし……そりゃやるよな!

……熱い見せ場が多く用意されていた反面、リュウの竜巻旋風脚推しが今回特に酷いのはどういうことなんですかね森住さん。ことあるごとに竜巻で解決しようとするのやめろよwww

ケンもアティ先生との掛け合いで異世界にまで通信空手を広めようとしていましたしね。どこまで暗殺拳を広めるんだよ! 師匠が泣くぞ!



ソロユニット。

○なるほどくん&真宵ちゃん。
大抵のブロックを最初の一撃で粉砕するソロアタックに、他の味方にまでブロック無効を付与できるブロック破壊の鬼。「綾里家の霊力」でSPを稼げるのもありがたかったです。

シナリオ面でも逢魔の計画の核心を突くなどADV出身らしい活躍もしてましたね。竜宮裁判の決着は完全に斜め上でしたがw

ペアとの掛け合いもだいたいギャグでした。零児&小牟は特に酷かった気がします。異議は認めるが特に問題はないwww

○キャプテンコマンドー。
飛竜と同じく久々に帰ってきたキャプテン。「正義を貫く心」のおかげで天丼モリモリ食ってました。天丼うめぇw

掛け合いだとエックス&ゼロを試した方は結構いるんじゃないでしょうか。中の人的な意味で。

炎と雷はキャプテンのアイデンティティ。

○レオン。
スクラッチEPダメージスキルを持つ貴重なソロユニット。多用できるものでもないんですがいざという時に使ってました。

トールオークス教会やエイダなどイベントも用意されてましたが、やっぱりペアユニットで使いたかったというのが本音です。次があるなら是非。

○イングリッド。
ババアかこりゃーーーーー!
ソロアタックは癖が強めでやや扱いにくいですがオートスキルが優秀で、リュウ&ケンやシエル&ナナあたりと組ませると状態異常を撒き散らすジェノサイダーと化します。

シナリオではだいたいギャグ担当でした。ゲェーッ! 小牟の立場が!

○ジューン。
なんといっても「プラズマフィールド」が強力。最終面の難易度を左右しかねないレベルなので使えるようにしておくのがオススメです。

オートスキルも状態異常回復や反撃無効、CRTダメージアップなど有用なのが揃ってるのでお世話になりました。

シナリオ面でもブラックハヤト絡みで出番もありましたし、中々目立っていたと思います。

○フェリシア。
カプコン組では最後に仲間になるソロユニット。まさかアティ先生に喚ばれるとは……。
オートスキルでは反撃時の消費SPを半減する「ガードキャンセル」や応戦しなければSPが回復する「ねこのこはうすシスター」と応戦行動用のスキルが充実してました。

シナリオで一番面白かったのは恒例行事の時ですね。あまり驚いてない側の人w

それだけに、今作にキングがいないことが惜しい……(´・ω・`)



長くなりましたが今回はここまで。

次回はセガ編です。


PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD オリジナルゲームサウンドエディション (【初回限定特典】「チャレンジマップ」&「スペシャル3DSテーマ」が入手できるダウンロード番号 同梱)
PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD オリジナルゲームサウンドエディション (【初回限定特典】「チャレンジマップ」&「スペシャル3DSテーマ」が入手できるダウンロード番号 同梱)
関連記事
[タグ] プクゾー2
[ 2015/11/18 09:12 ] ゲーム。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。