ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『プロジェクトクロスゾーン2』全クリしたのでつれづれとその3。

全4回でお送りします。
今回はバンナム&セガ編。
盛大にネタバレしてるので注意。



公式サイト

ファミ通特設サイト

ちょっと間が空いてしまいましたがようやく時間が取れたので続き。



ペアユニット。

○仁&一八。


         / ̄ ̄\  .                           _,,,,.;;;;  ___
     / .,;;,. !、_   \_,,,,.;;;;             _,,,,,, ------;--, ''"    `.|ノ .,;;,.  \
      |(O)illi(○)lii .i'"   ` 、,,,,,,.---.,,,,,,,,.--.'''''"       '  i        :○)illi(O)\
     | (__人__)    iー.    i  ''  - ,,__ '''''' - ,-.'''' - ,,__::::::..i....i.....      i(__人__)  \
     l ||!!ii!!ii|   Ui .    i;':::::.;'.     '/- ,,,_`/-.,,_  /`''''""-,>;:::::::::: :_丿ii!!ii!!||    |
     {とO0o| U   |;:.....::::::::/┬-'.,,,,,,,,,,,,,__./....  /   :`/..、'' ,//:::';:`:>ー;;;ノ,: |o0Oつ   /
    ,r'{ Uェェェ|    / ----'"::::i:::::/::::::::::::;;>''''''''.-:;;;;_...../.... :::/ ::ヽ:/:/:\ i_ |ェェェU  ‐'、
    |!、 || U   ,/ ^''''--,;  〉,-"           '''' .'''.-;/-'>-///\'"::::  ヽ/
     r"::::: /  /::::::...   '''i;;;',:::、                /:::::::::::::::://i- '^ ̄''i":::::::`.、
     i::::::::, ヽ  .:i:ヽ::::::::::::::....../::|:::.',                /:::::::::::::-.//..   ...::'i  :::::'i
    . !;:::::::.. ::'' -!;:. `i----┬"; .;i:::::i              / :::::::'..,;;; //!::::::::::::::::;/-.''''''''''!
     . ';::::::::...:',  '.;..i"'''-  .!,| |;.':i:::::.',              /:.. :::::;::::://y''i,,,,,,,i'''",.-.''''''''''/
       '.;::::::::;' .:: ':i:::::  .: i| |;.':i::::::::.i            / :. ::::;::://::i''ヽ, ;;;;;/i  ......:::::/
        >:::y::::::: .::i::::. .: .i| | /:::::::::: :',          ノ  :::::::;;//::i :  ::::i,.-.''''''::/


正直言うと必殺技だけなら前作の方が好きだったんですが、やっぱ仁はカッコいいですね。今回は零児&小牟を除けばバンナムペアで最速参戦となりました。
Aランクの通常技が3つに、横吹き飛ばしの技が4つと他のキャラより比較的クロスブレイクしやすいという、「繋がりを断つ」といった意味では実に仁と一八の関係を表しているかと思います。

シナリオではライバルキャラにアンノウンが用意されましたが、原作でもアンノウンの設定がさっぱり明らかになってないせいか結局「ダリナンダアンタイッタイ」で終わってしまいましたね。いや、正体は察しがつくんですがそれをお祭り作品で明かすってのもおかしいですし。

掛け合いだとエステルやせがたが面白かったですね。まさか原田Pの名前がここで出てくるとは思わんかったわw

○KOS‐MOS&フィオルン。
せがた三四郎発表以降、もうサプライズはないだろうと思ってたらコレだよ! 前言撤回……驚きました!
個人的には間違いなく奇跡のペアユニット。性能は相変わらずの重戦車っぷりで、移動力は低いものの頑丈かつ高火力。必殺技の演出で「赤いX」が出てきた時はちょっと泣きそうになりました。

シナリオ上ライバルキャラが二機、原作ステージも3つ用意されるなど中々豪勢な扱いでした。つーかそろそろKOS‐MOSは原作組より零児と小牟の方が付き合い長くなるんじゃないですかね。

掛け合いで一番笑ったのはうららでした。前作も一緒に戦っていましたし。チュー!

○カイト&ハセヲ。
性能としては前作よりもやや攻撃的になり、通常技もあまり敵を動かさなくなったのでクロスヒットを狙うのは容易になりました。何気に通常技で毒と気絶が両方使えるのはこのユニットだけだったりします。組ませることはなかったんですがイングリッドと組ませてみるのもアリかもしれません。

正式参戦する8話では完全にうららが持って行ってしまいましたが、26話は熱かったですね。難易度も結構ヤバかったですけど! ZOCが無かったら詰んでたよ!

掛け合いでは面白かったというより感心したのがアティ先生。GUは未プレイですがサブタイトルだけは知っていたので。ギャグだけじゃなくてグッと来るネタを仕込んでくるのも森住さんの良いトコロです。

○シエル&ナナ。
前作プレイ時はゴッドイーターにあまり興味がなかったのですが、今ではそーやも立派なブラッド所属の神機使い。この二人の参戦は期待してました。
ステータス上の攻撃力はあまり高くない一方、通常技とオートスキルが相まってリュウ&ケン並に敵を気絶させまくる人間ピコハン。フットワークも軽い上に自力で射程を伸ばせるので雑魚散らしはやりやすかったですね。

シナリオでは新たなボスキャラにマルドゥークや神機兵が用意されましたが、前作と同じくアラガミは喋らないんでドラマ的な見せ場はお察しでした。神機兵はモロ星人と友達になればいいと思います。

掛け合いではレオンが印象に残ってます。もしやとは思ったがやっぱりやりやがった!

○クロム&ルキナ。
モノリスは任天堂のセカンドパーティーとはいえよくキャラを貸してくれたな……というのが第一印象。
スキルが一通り揃うまではイマイチパッとしない性能ですが、後半で習得できる「ガイアの高級菓子」が驚異的。無限機関ガイア? 何それ新手のボスキャラ?

シナリオに関しては原作をよく知らないためあまりピンときませんでしたが、後で調べてみたら36話って原作のDLCステージだったんですね。全ては温泉回のためだっというのか! これには思わずそーやの体が勝手に……!

掛け合いで笑ったのは涼さんでした。なんというかアレ、クロムって思ってた以上に愉快なキャラだったりします?

○ユーリ&フレン。
ゲーム本編では一番最後に仲間になるペアユニット……なのですが、参戦ステージでは完全にせがた三四郎の独壇場……変なおっさんに絡まれるのはもはや宿命だというのかユーリ……。
相方がエステルからフレンに変わり、全体回復ができなくなった代わりに「オーバーリミッツ」や「フェイタルストライク」などコンボに関わるスキルを習得。真価を発揮するには正確にコンボやブレイクを狙う必要があるテクニカルなアタッカーとなりました。

今作は待望のライバルキャラ・ザギが参戦してシナリオ上でも見せ場が増えた印象。エステルの洗脳ネタも再現しましたし、前作より満足度高いです。

掛け合いで酷いと思ったのは平八ですね。正義は死んだ! もういない!

○零児&小牟。
今作の主人公。ムゲフロや前作ではゲスト扱いでしたが10年ぶりに主役の座へと帰ってきました。
全ての通常技がクロスブレイク可能。スキルも秀逸で序盤からコンボXP回復と低燃費ATKアップが揃ってる生粋のアタッカー。個人的に思い入れもあるので装備も優遇して全ステージ出撃させてました。

プクゾー2発表当時からなんとなく予感はありましたが、今作で零児と小牟の戦いは一旦の閉幕となりましたね。零児からプロポーズするとは思いませんでしたが……あのストレートっぷりは零児らしいと言いますか、もう末永く爆発して欲しいもので。
……でも機会があるならやっぱりこの二人の雄姿が見たいというのも正直な話。ムゲフロ新作オナシャス!

掛け合いは相変わらず小牟のおかげで誰と組ませても大抵面白かったのですが、なるほどくんと真宵ちゃんは戦闘前/後どちらも面白かったですねw案外零児もノリいいんだな……。



ソロユニット。

○平八。
ゲーム上最初に加入するソロユニット。とにもかくにも「鉄拳」のお世話になったプレイヤーは相当数いるかと思います。言うなればメットールキラー。
ソロアタックも攻撃密度はあまり高くないものの二回ブレイクできるので火力は高め。せがたや涼さんタイプといったトコロでしょうか。

やっぱり前作と同じく、仁&一八以外と組ませると薬好きの気のいいおじちゃんにしか見えないのは目の錯覚か何か? カイト&ハセヲと組ませると結構マトモなこと言ってるし……三島家ってよくわかんねぇな。

○アティ先生。
以前触れましたが、ソロユニットの中でもソロアタック/スキルのどちらにおいてもかなり優秀な性能だと思ってます。唯一欠点を挙げるとするなら火力自体は強化できないこと。ブロック無効があるだけ大分助かりますが。

初登場ステージでは原作再現ステージで戦いましたが、それ以降は特定のライバルキャラもいないため概ねゲスト扱いでしたね。19話はさすがに笑いましたけどw

○凪津。
原作では空気だったギャル系忍者が、森住テキストのおかげでエラい良キャラに見える……ナッちゃんかわいいよナッちゃん。
ソロアタックは敵を大きく動かすため上手く合わせるには工夫が必要ですが、オートスキルは優秀でコンボXP回復と射程延長がほぼノーコストというのはデカいですね。

みんな大好き迷惑剣は今作も出ないためこちらもゲスト扱いでしたが、凪津のキャラがいい具合に軽いせいかペアとの掛け合いは面白いのが多かったですね。桐生ちゃん&真島の兄さんとの掛け合いは酷かったですが……ホント今時の女子高生にしか見えねぇしなぁw

○ワルキューレ。
ナムカプからの皆勤キャラの一人。ソロアタックはリフト性能がやや高めで油断すると変な位置でクロスヒットしたりしますが、凪津ほど尖ってはいないのが救い。
スキルはSP関連の強化がメインで、スキルの消費SP軽減とSP回復上昇の両方を持ってるのは心強いですね。何度「薬の術」を使ったことやら。

うららやジューンと同じくソロユニットでありながらライバルキャラ付き、専用ステージもしっかり用意されてて見せ場は多かったですね。まさか2つのマーベルランドが出てくるとは思ってなかったw

掛け合いでちょっとビックリしたのが大神さん&エリカ。ロベリアっつったらワルキューレとは真逆のキャラだし、声優さんってやっぱすげぇなと改めて認識した次第。

○アリサ。
アティ先生以上に支援寄りのソロユニット。火力に関するスキルは「ゼロスタンス」のみですが、HP/SP吸収でしぶとく生き残って2種類の回復弾を撃ちまくっていくのが主な仕事。

前作からの続投組の一人なので、多くのキャラと面識が出来てたのは嬉しかったですね。ヴァシュロンとの絡みは相変わらずでしたがw新リーンベルちゃん!

掛け合いは服ネタが多かった印象。クレイドルはちゃんとサイズが合った服をアリサにやって……いややっぱいいです(真顔)

○エステル。
バンナム組最後のソロユニット。火力アップ系のスキルは無いですが、セイクリッドブレイム(の中のピコハン)と「魅惑のエステティシャン」や「ピコハンリベンジ」のおかげでソロユニット随一の気絶使い。もちろん「ナイチンゲール」や「バリアブルヘキサ」による支援も強力です。

シナリオでは洗脳イベントの他にルキナや乙姫との絡みが面白かったです。姫と姫が出会ったなら、それはもう戦う運命!(誤解を招く言い方)
欲を言えば猛牛姫もいてほしかったのですが……もう過ぎたことか……。

掛け合いだと仁&一八の他にダンテ&バージルとか……ってコレほぼ同じじゃねーか!



長くなりましたが今回はここまで。

最終回はゲームの総評です。


PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD オリジナルゲームサウンドエディション (【初回限定特典】「チャレンジマップ」&「スペシャル3DSテーマ」が入手できるダウンロード番号 同梱)
PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD オリジナルゲームサウンドエディション (【初回限定特典】「チャレンジマップ」&「スペシャル3DSテーマ」が入手できるダウンロード番号 同梱)
関連記事
[タグ] プクゾー2
[ 2015/12/02 02:28 ] ゲーム。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。