ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『仮面ライダーアマゾンズ』第2話見ました。

七羽「仁、お椀」
仁「うおーwwwスープ超うめぇwww」
悠(……餌付けされてる……?)



公式サイト



今回の悠。

○コウモリアマゾンを撃破。
○仁と交戦するも、逆に拉致られる。
○仁にレジスターを付けられる。
○仁の菜園でリアル吐瀉。
○七羽からアマゾンズドライバーをもらう。
○アマゾンオメガに変身。超高速で仁とトンボアマゾンの元へ急行。
○トンボアマゾンを撃破。仁と激突する。



今回の見所。

○アマゾンの大安売り。
んん? Amazonのタイムセールかな?
アマゾンの識別コードはレジスターによって判別され、レジスターがない仁とこの時点の悠はアンノウン扱い(ランク不明)となる。
ただ、コウモリアマゾンを難無く狩った悠はランクA相当ではなかろうか。羽根ちぎって頭ブチ砕くとか本能覚醒しすぎィ!

○アルファVS緑アマゾン。
仁と悠の初バトル……というほどのものでもなかった。どうもこの時の悠は栄養不足で自身の性能を完全に引き出せてないらしく、仁に片手一本であしらわれてた。
……悠の食事が酷いのって、もしかしてフェイルセーフの一種なのだろうか。
マモルと竜介が衝突した隙に悠を拉致る仁だったが、走ってる車にそのまま悠を投げ入れるとかなんというダイナミック拉致w

○加納省吾。
「とにかく話せ!」→「解りました」の流れwこっち来てるんなら先言えやw
冷徹な上に潔癖症らしく、駆除班のアジトに来てからほぼずっとハンカチで口元を押さえてるのが微妙に憎らしい。
今回新たに解った事実はレジスターの細胞抑制効果にもアマゾンごとの個体差があるということ。キッチリ2年というワケではなく、4000体もの実験体が一斉に覚醒することはないらしい。
……あれ? ということはマモルが事故当時の実験体だとしたら近い内に覚醒する可能性もあるってこと?

○言ったらどうなるかワカってるよね?
短いシーンであったが、学校における美月の立場ってコレどう見ても……この辺のエピソードも本編に絡んだりするのだろうか。
ヒロインくらいは幸せにしてくれませんか靖子にゃん……(´・ω・`)

○鷹山仁(2)
アマゾン細胞に関して加納さんが駆除班に説明した範囲くらいは理解している上に、どこで入手したのかアマゾン細胞の強化装置であるドライバーを2本所持。レジスターが無いにも関わらず覚醒はしていない……ように見える。
それでアマゾンを一匹残らず狩る……とまで言われると、仁って実験体とかじゃなくて開発側の人間ではないだろうか。アマゾンを狩るのは事故の贖罪とか。
しかし悠を拉致った理由が情報目当てらしいので、その線は無さそう……多分。
アマゾン絶対殺すマン……ではあるが、悠に協力を持ちかけたりマモルを狙ったりもしてないし、覚醒していないアマゾンはあまり優先してないらしい。ただし覚醒したら 絶 対 に 殺 す。七羽曰く「仁はやると言ったら本当にやる」
……そういえば今回は生卵一個も飲んでなかった。2話にしてノルマ未達成……!

○泉七羽。
仁のパートナー。職業不明。バイクやジープの運転はできる。1話で駆除班の車に発信機を付けたのが七羽。
あと料理もできるらしく、仁によると七羽のスープは最高だとか。鶏鍋も作ってた。超うまそう。
仁の言う「優しい生き方」を悪いとは思っていないが、それだけでは生きていけないことも理解しているリアリスト。仁と同じく素性不明な点が多いが、それが明かされる時はいつになるやら。
戦意のない悠を見かねてか、もう一本のアマゾンズドライバーを悠に渡した。

○駆除しなきゃ食ってけねぇ。
そういう志藤さんも辛そうなのがまたキツい。
かつての仲間であってもアマゾンなら狩るしかない。辛くてもそういう決断を下せるのが大人。

○アルファVSトンボアマゾン。
アルファ自体の性能に加え、仁にも近接格闘のスキルがあるのか一見雑そうに見えて足払いの崩しから後ろ蹴りのコンボを決めるなど、アルファのワイルドなデザインとそれなりに型があるアクションのギャップがたまらん。
ランクBのアマゾン程度ならホント相手にならなそう。

○食った分強くなってるか……。
結局竜介はアマゾン細胞に取り込まれたのか淳を捕食。生死不明だがこれはもうダメじゃないのか……?
どうもアマゾンは人を食った分だけ能力が上がるらしい。今後人をしこたま食って強くなった敵アマゾンとか出てきそう。

○仮面ライダーアマゾンオメガ。
アマゾンの緑の方。もしくは養殖の方。
アルファよりも人工的なデザインだが戦闘スタイルは完全にバーリトゥード。アームカッターでザクザク切ったり噛みつきもやったりする。字面だけ見るともはや悪役。
公式サイトも更新されアルファとオメガのスペックが公開されたが、パンチ/キック力がどちらも20tオーバーで平成ライダーの基本フォームの中ではトップクラスの攻撃力を誇る。いやま、その上には響鬼さんという高い壁があるのだが。
ちなみにアルファとオメガを比較するとオメガのスペックが若干勝る。
必殺技はアームカッターで相手を両断する現代版大切断とも言うべきバイオレントバニッシュ。大量の血は出なかったがトンボアマゾンが横一文字で真っ二つになったのはやっぱり衝撃的。

EAST INSIDE。
目覚めた本能はもう止められない。
再び仁と悠が対峙したトコロで次回を待て。



雑感。

悲惨な展開になると思ったらだいたい予想通りでした。血も涙もねぇ!(泣き笑い)

仁はともかく悠は戦いから降りるという選択肢もあったはずですが、どうして戦うことを選んだのかちょっと腑に落ちないです。もしかしたらその辺が悠の秘密に関わってるのかもしれませんが……。

次回は早くも大量の敵アマゾン相手に悠と駆除班が戦うそうです。アマゾンマンションって……字面だけだとなんかのアトラクションみたいですね。実際は地獄なんでしょうけど。


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。