ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『仮面ライダーゴースト』第26話見ました。

空の青さを知る。



テレ朝公式

東映公式



今回のアラン。

○カノンの側に居てやる。
○イゴールに仕掛けるも返り討ちにされる。
○アカリから中和剤をもらって回復する。
○タケルと共に飛行機眼魔を撃破。
○タケルと眼魔の世界へ行く。



今回の見所。

○アイコンドライバーGの本質。
イーディスが言うには本来アイコンドライバーは祈りの間を介さず「力の根源」にアクセスするために作ったらしい。
言われてみれば15の英雄眼魂を集約する機能があるし、そこだけ見れば簡易版モノリスとも言える。
が、現在アイコンドライバーがタケルの強化ツールとして運用されているトコロを見るに、力の根源に云々はアデルに対する方便のような気が……だって大帝のための大事なモノを盗ってくださいと言わんばかりに解りやすく鎮座させておくとかその時点でありえなくね?
つまるトコロ、個人的にアイコンドライバーは大帝のためじゃなくてタケルのために用意したモノだと思う。その理由まではまだ解らないが。

○アランとアカリ。
さすがインテリの上に度胸もあるおかげでアラン相手でも平気で核心に切り込むアカリが頼もしい。
アランは力の根源やこちら側の世界に干渉する本当の理由とかも知らないっぽい。
導くとかじゃなくてどう見ても危機的な限界が来てるようにしか見えないんだよな……眼魔の世界。

○アランVSイゴール。
赤い空のせいで体調不良+エネルギー不足でネクロムがクソザコナメクジにしか見えないピンチの中、グリム眼魂がアランに力を貸したのが胸熱。英雄眼魂ならネクロムのエネルギー問題も解決するらしい。
それでも数的不利でボッコにされたが、反撃で稼いだ時間によってタケルが間に合ったと考えるとグリム眼魂の功績は中々大きい。

○まーた力を貸しちゃおうかなー。
仙人は相変わらずアカリに甘いな!
もうアレだ。アカリは仙人にハニトラでも仕掛けりゃ物語の根幹に関わる秘密を聞き出せると思う!

○決断。
飛行機眼魔、兄弟がいたとは……あ、ライト兄弟か。
しかしタケルとアランが共闘体制を築いた今、飛行機眼魔は生贄になる他なかったのであった。ムネーン。
……そういえばタケルがフツーにフーディーニ眼魂を使っていたが、タケルだったらあっさり協力してくれるのか……いや、対話が済んでない以上まだ完全に認めたワケではないのかもしれないけど。

○アデルを頼む。
そーやもアリア姉ちゃんと一緒に「え?」となってしまった。
ということはアデルの身に何か良からぬことが起きるのを予見してるのか?

○だから――答えを探しに行く。
答えはまだ見つからなくても、それを探しに行くという意思そのものが大事。
完全な仲間、というにはまだ早いがこの時のアランの頼もしさよ……昨日の敵は今日の友展開はベタながらやっぱいいなぁ。



雑感。

そう今、変わり始めた自分を知る――というのはさておき、やっとこさタケルとアランが協力することになりました。

が、次回はまた凄まじい展開になるようで……なんか眼魔の世界に行くと話盛り上がるからずっとそっちに行ってりゃいいんじゃないのかって思えてきた……!(暴論)


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。