ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『仮面ライダーゴースト』第30話見ました。

限界を超えて。



テレ朝公式

東映公式



今回のアラン。

○フミ婆の死にショックを受ける。
○カノンから再びフミ婆にプレゼントされた服を受け取り、心のままに動く。
○眼魔の潜伏場所に突入。ネクロムの活動限界を超えてタケルとマコトと共に眼魔を一掃する。
○この世界の宝物を守るという決意を固める。



今回の見所。

○突然の別れ。
やっぱりフミ婆が逝ってしまった……(´・ω・`)
葬儀の参列者が予想以上に多かったが、知る人ぞ知るどころか街の名物レベルじゃないのかコレ。
TVでは初登場となるフミ婆の孫娘・ハルミは「アラン英雄伝」の方にも出てくるとか。BDBOX買える人がちょっとうらやましい。

○スティーブ・ビルズ。
前々から登場してはいたが直接タケル達と会うのはこれが初めて。
ユキを介して誤解を解き、さらにイゴールと一芝居打って嫌疑を晴らすというやり方は中々効果的かつイヤらしい。

○人間も悪くない。
たこ焼き食いながらカチコミとか斬新な絵面を見た。
23話から積み重ねてきたものがついに昇華したというか、アランが「人間」になるまで一月以上かけるとは思わなかったぜ……まぁムッキーが復帰するまでと比べたらまだスピーディーな方か。
アラン自身の株もこれまで下がるどころか上がりっぱなしなので、もはやタケルよりも主人公してるよ!

○限界突破。
懸念となっていたネクロムの活動限界も解消された。ネクロムの設定を見直してみたらブレストクレストに「強い意志を神秘的エネルギーに変換する」という機能があるので、元々ネクロムは眼魔を吸収する必要がなかったのかもしれない。
ライダーのスペックを変身者が十二分に引き出すという展開は前作でもやっていたが、基本フォームで強敵と渡り合うというシチェーションは個人的に大好き。

○青空に誓う。
そのたこ焼きは誰が焼いたのか……はさておき、悲しみを越えてフミ婆の幻影に笑顔を浮かべたアランにグッと来た。
時間をかけただけあって成長したなぁ。



雑感。

もうここ最近はアランが主人公にしか見えなかったのですが、ようやく一区切りついたようです。ネクロムも弱点がフォローされてよかった……後は強化フォームだな!(目を輝かせながら)

次回はまさかのシブヤ回? フォーカス当てられてよかったな!


仮面ライダーゴースト スペシャルイベント [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2016-09-14)
売り上げランキング: 1,069
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。