ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『仮面ライダーアマゾンズ』第8話見ました。

橘さん「今あるアマゾン細胞をより進化させたアマゾン生命体が――ほぼ、完成いたしました」
天条会長「ほぼ? 私はそういう曖昧な表現は好まない」
橘さん「これは失礼――そこはかとなく、完成いたしました」
天条会長「……完成していないなら正直に言いたまえ」



公式サイト



今回の悠。

○逃げたモズアマゾンを追う。
○モズアマゾンを撃破して望とマモルの元へ急行。
○連続殺人犯・下霜を殺そうとするが仁に止められる。
○線引きができてないことを仁に指摘される。



今回の見所。

○8話配信開始。




福田さんは優しいなぁ。
以前の告知の時は三崎さんどついてたけど!w

○たまたまー♪
仁が駆除班よりも早くモズアマゾンと会敵できたのは警察の動きを張っていたから。
加えて三年前にも変死体が見つかった事件を知っており、今回の犯人がアマゾンではないことをすでに確信していた。
普段はダメなヒモにしか見えないから忘れがちになるが、仁は科学者でインテリですから! 決してダメなヒモではないですから!

○だからな。慣れないことに、慣れろ。
駆除班の標的はあくまでアマゾンであって人間ではない。故に悠がトドメを躊躇してしまったことを志藤さんや三崎さんがあまり責めなかったのは良かった。福田さんも無言でフォローしてくれてるし。
仁のように厳しく当たる人ばかりだとさすがに悠が不憫で……。

○美月と七羽。
仁の無茶振りをなんとかするべく駆除班の拠点を下見に来た七羽だったが、そこで悠を訪ねてきた美月と遭遇。興味本位か、それとも別の思惑があったのか美月を自宅に招くこととなった。
そういえば悠もあっさり家に泊めたりしてたし、七羽ってフランクというか随分大雑把な……人を見る目に自信でもあるのだろうか。
っていうか美月も悠の名前を出されたとはいえ初対面の人にそんなホイホイ付いてっていいのかい?

○下霜草司。
廃車工場を根城とする汚いゴローちゃん連続殺人犯。当初駆除班はアマゾンの容疑をかけていたが人間だった。
加害衝動の塊で、人を傷付けることによって生の実感を得られるというマジモンのヤバキチ。
マモルが地下をブチ抜いて罠を突破したのは予想通りだったものの、対アマゾン装備を人間相手には使えず攻撃を止めてしまった隙を突かれて望がフルボッコにされる羽目に……。
キバの時でも恵がファンガイアにボッコにされたりしたが、今回は単純に男が女を一方的にだからな……胸糞感は比較にならない。今まで登場したアマゾンよりよっぽど醜悪。

○この仕事のキツい瞬間トップ3だなー……(´・ω・`)
駆除班の制服がコスプレ扱いでしまいにはキモいとか……三崎さんは泣いてもいい。
あとリア充爆発しろと思ったが、爆発しなかったもののモズアマゾンに襲われてたのでちょっと胸がスッとした(クズ顔)

○小山ハジメ。
しがない新聞配達員。その正体はモズアマゾン。
好奇心で下霜の廃車工場に入ったトコロ、死体を発見したのがきっかけでアマゾンとしての本能が目覚めてしまった……が、最後の最後まで人としての理性を捨てずに食人衝動に抗っていた。
アマゾンなのにこっちの方がまだ同情できる! ふしぎ!

○……そっか。
悠の本性を知らない美月と、悠の本性を知ってる七羽の温度差よ……頑なに「悠は優しい」と信じている美月に悠が戦闘によって快感を得ていると教えなかったのは七羽の慈悲なのか。いや、言ったトコロでどうせ信じないか。
なんだか美月も自分の都合で悠を連れ戻したいようにしか見えないあたり、やっぱりママンの娘なんだなと妙に納得した。

○お前の、せいでな。
結局食人衝動を抑えきれなかったモズアマゾンが人を襲ってしまい、仁の言葉通りとなってしまった。
カタギに手を出してしまってはもはやアマゾン殺すべし慈悲はない。ここでまさかのライダーブレイクをトドメに持ってくるとは……しかもひき逃げどころか文字通り敵を爆発四散させたのは凄い。

○鷹山仁の線引き。
望やマモルを痛めつけた下霜を殺そうとする悠だったが、そこに割り込んだのが仁だった。
アマゾンはどんな奴だろうが殺す。その一方でアマゾンに襲われている人間はどんな奴だろうが守る――というポリシーは悠よりよっぽどライダーしてる上に、悠の方針を結局自分の都合だと言い放ったのがぐう正論過ぎる。そりゃ悠もなにも言い返せんわ。
悠とは対照的に完成っぷりを見せつけたというか、生卵おじさんカッコ良すぎるわ……ついでにヒモなのに……ヒモなのに……。
しかし悠も結果として仁にブレーキかけられて良かったと思う。アマゾンを狩るのと人間を殺すのはワケが違うだろうし、殺ったら多分傷になってたかも。

ERO OR NOT。
あれだけボコられたにも関わらず、下霜にやり返さなかったのは望にもちゃんと線引きができてるから。それはそれで立派なのだが個人的な感情で言えばそこは「お前の罪を――数えろ」って言いながらワンパンくれてやっても良かったんじゃよ? 復讐のV的な意味で。
「正義の味方になるな」という志藤さんの言葉は、ある意味アマゾンズのコンセプトを端的に表しているといってもいい。正義か悪かとかそれ以前の問題だしな。ぶっちゃけやってる事自体は尻ぬぐいみたいなモンだし。

○胎動。
5話で面白キャラとして株を下げ……上げた橘さんだったが、まさか独自にアマゾンを作ってるとは思わなかった。最後のピースとしてアマゾンズドライバーのデータさえあれば完成するという。
アルファとオメガに続く新たなアマゾン……んん? ラスボスかな?



雑感。

ジレンマはキリがないとは言いますが、今回も悠が仁に怒られる話でした。アマゾンズはとことん主人公に厳しい(´・ω・`)

とはいえ、仁の言うことも筋は通ってますからね。この先悠が自分の中で明確な線を引けるかどうかが見どころになりそうです。

次回から最終章だそうで、本編も終盤戦。なんか次回予告で死んだはずのあの人がいたような……どういうことなの……?


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。