ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『仮面ライダーゴースト』第38話見ました。

御成「これはオニギリ。これはメンチカツ」
ジャベル「オニギリ、メンチカツ……」
御成「オニンチ」
ジャベル「……オニンチ」
御成「岸和田のオニンチカフェ」
ジャベル「……キシワダノオニンチカフェ」



テレ朝公式

東映公式



今回のグンダリ無駄遣いおじさん。

○敗戦の連続で自制心を失う。
○御成から逃げる。
○自分に「強さ」という価値が無くなったことを嘆くが、御成にはまだ道半ばだと諭される。
○タケルの姿に感化され、こちら側の世界で見聞を広めることに。



今回の見所。

○お前の思い通りにはさせん。
ようやく「理想の世界を作る」と目的を明らかにしたイーディスだが、焦点は言うまでもなくイーディスの「理想」とは一体どういうものなのかというトコロである。アデルが目指す「完璧な世界」ではないことは確かだが、理想ってそれこそ十人十色だし……やっぱロクなモンじゃなさそうなんだよな……(´・ω・`)

○駆逐。
英雄ゴースト全召喚という凄まじい力技にも驚いたが、それが次から次へと無双ゲーのごとく倒されていくのはさらに衝撃的だった。改めてゴーストはアニメ以上に関さんを酷使してませんかね!
あとフーディーニのやられ方が雑すぎて吹いた。

○パーフェクト・ガンマイザー。
まだテレ朝公式でも公開されてないが、アデルが11体のガンマイザーと融合した姿。
今回は顔見せ程度だったもののムゲン魂のゴッドオメガドライブを凌ぐというボスキャラらしい強さを見せつけた。
……でもムゲン魂はこれからさらに成長する可能性があるからフツーに勝てそうっつーか、あんま絶望感無いな……というのが個人的な所見。

○襲い来る影。
マコト兄ちゃんがいっぱいだァ! カノンちゃんがコレを見たらどんなリアクションをするのか私とても気になります!
さておき、めちゃめちゃドッペルを用意したということは物量戦で削り殺すという方針なのだろうか。それなら33話のガンマイザーのように一斉投入した方が確実に殺れると思うのだが……予算的な問題?(ガタキリバ先輩を横目にしながら)

○御成とジャベル(2)
おーいグンダリ無駄遣いおじさんかわいすぎるんだが! なんか既視感あるなと思ったらコレ多分555見てた時に似てるよ! 555も野郎の方がことごとく萌えキャラだったからな!
しかしまぁ……ジャベルが弱くなったというよりはタケル達がパワーアップしすぎなのでその辺は同情を禁じ得ない。無理ゲーもいいトコだし。
自分の価値だと信じていたモノが崩れ去るのは辛いだろうが、それとは別の新しい道も生きてさえいれば見つかるかもしれない。ジャベルも充分使命は果たしたと思うし、むしろこちら側の世界で幸せになってほしいモンである。

○タケルVSジャイロ。
高岩さんの貴重な素面アクションキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! なんか本気で当ててるんじゃねぇのかと思えるぐらいキレと迫力がヤバい。ボコボコにされてるタケルがちょっと羨ましいぐらいだよ!

○タケル思う、故に我ら在り。
正直英雄を超えるくらい強くなったタケルだが、それでも英雄へのリスペクトは忘れない。その思いが英雄達を再起させた。
劇中で主にタケルが手に入れた眼魂だけとはいえ10個の英雄眼魂を用いた連続ゴーストチェンジは圧巻。やっぱり坂本監督の詰め込み方はド派手で良い。15連ゴーストチェンジは是非とも劇場版でやってほしいトコロ。



雑感。

最強フォームの登場以降はそれ以下のフォームの出番というか必要性が無くなってしまう……のは平成ライダーではままあることなのですが、まさかグレイトフル魂でジャイロを倒すとは……個人的には33話よりも盛り上がりました。

ジャベルも敵として散るかと思ったら意外な展開になりましたね。このままフェードアウトしてもおかしくなさそうですが、死なない限りはまだ出番がある……かもしれません。

次回は個人的に気にしていたビリー・ザ・キッド回だったりアリア姉ちゃんが戦ったりと色々見所が詰まってそうです。


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。