ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『仮面ライダーエグゼイド』第6話見ました。

飛彩「音楽に合わせることで心臓マッサージの効果が大きくなるかもしれない」
永夢「……絵面としては大分不謹慎だと思います」



テレ朝公式

東映公式

公式ツイッター



今回の飛彩。

○曜子からバグスターウイルスを分離させる。
○コラボスバグスターのサウンドトラップで爆発する。
○大我からグラファイトが恋人の仇だと明かされる。
○グラファイトと交戦。言動に惑わされ我を見失う。
○永夢の言葉で冷静さを取り戻し、コラボスバグスターを撃破。
○ドレミファビートガシャットを入手し、レベル3に変身してグラファイトを撃退。



今回の見所。

○コラボスバグスター(ドレミファビート)
ポッピーさんイチオシのゲームが今回のレベルアップ用ガシャットとしても登場。
得意技はサウンドトラップ攻撃。敵にリズムゲームを強制させ、失敗回数に応じてダメージが増加するというエグゼイドらしい/平成ライダーでも珍しい攻撃である。リュウタはかなり喜びそうだが。
天才ゲーマーであるMは音ゲーもイケるため余裕でトラップを回避できたが、ゲームに疎い飛彩はトラップに全段引っかかって爆発という結果に。棒立ちのままミスを重ねていくブレイブレベル1が仕事のできないゆるキャラにしか見えないw
ちなみに現在プレバンではポッピーの音声が入った特別仕様のドレミファビートガシャットが販売中。
音声だけでなくガシャットのラベルや発光時のグラフィックも通常版と違うのは結構魅力的かも。

○エグゼイドVSグラファイト。
超必殺ゲージなんて知ったこっちゃないと言わんばかりに開幕レベル3を披露するMの出し惜しみなしっぷりがイカす。
グラファイトの激怒竜牙で飛彩と大我が吹っ飛んでMは耐えられたあたり、やはり完全体のバグスターに対抗するにはレベル3が必要らしい。
ゲンムの介入でグラファイトが割とあっさり退いたのは、あのままやり合ってたらあるいは……とか思ったのだろうか。

○飛彩と大我。
大方の予想通り5年前に大我が医療ミスで亡くしたのは飛彩の恋人で、その時に誕生した完全体のバグスターがグラファイトであるという事実がすごい早さで明らかになった。他のライダーならもうちょっと引っ張るよ!?
今のトコロ明るい作風であるエグゼイドだが、この辺の背景は中々に重い。
あと飛彩、ホントは甘いもの苦手なのな。それでも糖分補給として食べるのはこの件の後悔や戒めの類か。ただの甘党だと思っててすんませんッしたァ!!(クリティカルストライク土下座)

○俺に切れないものはない……!
永夢の説得で我を取り戻し、強敵に挑む飛彩のカッコ良さよ。丁寧なベタはいつだって気持ちがいい。
ようやくエナジーアイテムの必要性を理解したのも地味に大きな前進である。

○ブレイブビートクエストゲーマーレベル3。
ブレイブのサードフォーム。まさかのRPG+音ゲーという意外な組み合わせである。えーと、マザー3かクリプト・オブ・ネクロダンサーかな?
最大の特徴は右腕に装備された「ドレミファターンテーブル」で、リズムに合わせて敵を攻撃することによって徐々に攻撃力が上昇。フルコンボ達成時の攻撃力はなんと通常時の4倍に達する。ウソやろ工藤www
作中でもサウンドトラップに思い切り引っかかってた飛彩がこの機能を使いこなせるのか問題視されていたが、飛彩はこれを心肺蘇生法を応用して使いこなしてみせた。ゲームの知識はともかく医療/戦闘センスに関してはさすがの天才っぷりである。
心臓マッサージをベースにしてるためか、打撃のほとんどが掌打になってるのも芸コマ。



雑感。

他のライダーなら引っ張りそうなエピソードを惜しげもなく序盤で叩きこんでくるスタイル。疾走感ハンパないですね。

飛彩が音ゲーをどう使いこなすのかと思ったら、心肺蘇生法の応用で乗り切るというのは中々上手い落とし所だと思います。いずれ実際に音ゲーをやる飛彩とか見せてくれんかな。

次回もまだまだ続くパワーアップ回。今回病院で寝てるだけだった貴利矢に見せ場が来るようです。


仮面ライダーエグゼイド DXドレミファビートガシャット
バンダイ (2016-11-12)
売り上げランキング: 14
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。