ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『仮面ライダーエグゼイド』第18話見ました。

爆裂魔法かな?



テレ朝公式

東映公式

公式ツイッター



今回の永夢。

○飛彩が何か隠してないか詰問する。
○通報を受けて急行したら黎斗と遭遇。
○モータスバグスターを追って大我と分断される。
○飛彩の提案を拒否して出動。
○ファンタジーゲーマに一撃で変身解除まで追い込まれる。
○黎斗にゲーム病であることを明かされ、容態が急変。



今回の見所。

○傲慢。
小星さん、バガモンのことを引きずってると思ったらそうでもなかった。強い人やん……。
しかしそんな小さな希望も平気で摘み取りに来る我らが元社長であった。もう完全にゲーム/ガシャット作るの許さないマン。

○謀略。
モータスを囮にすれば永夢はそれを追わざるを得ない。残った大我はどう頑張っても黎斗には勝てないのでタイマンの状況さえ作り出せればその時点で詰み。単純ではあるが永夢の行動方針をキチンと理解した上の悪辣な一手と言える。

○焦燥。
なんだかんだで飛彩も永夢が誇りを持ってCRで活動してることは認めてるのな。ツンデレか。
それだけに手持ちのガシャットが無いというのは辛い。

○仮面ライダークロニクル(2)
ゲーム概要としては一般人の全てが仮面ライダーに変身し、生き残りをかけたバトルファイトサバイバルを行うというものらしい。正にガンダム・ザ・ガンダムならぬライダー・ザ・ライダーを決めるライダーファイト。
……っていうか、もしそんなゲームが実現したら人類滅亡待ったなしである。これはこれで実にヤバい。

○タドルファンタジー。
黎斗によってバージョンアップしたタドルクエスト。ゲーム内容的には勇者ではなく魔王が主役らしい。
変身するかと思ったがそんなことはなく、今回はゲーマが出てきただけ。もし黎斗がコレを使って変身してたらパラドとの戦闘も一方的にはならなかったと思うが、ガシャットが使えない理由とかあったのだろうか。

○衝突。
用済みになったモータスも排除してノリノリの黎斗に対し、ついにパラドが激おこたぎらせ丸。
16話でパラドがリボルを撃破したのはあくまでリボルが自分の役割を全うした結果にすぎないが、今回のモータスは全て黎斗の都合で生み出され撃破されたという理不尽。ゲームキャラとして、ゲームのルールから外れた行為を受け入れるワケにはいかないといったトコロか。
ともあれ敵の敵は味方。最強の敵が一時的とはいえ味方に回ることのなんと頼もしいことか……! ファイターゲーマーのラッシュとナパームをふんだんに使った一撃がド派手すぎて見てる方も気分がいいw
いかにゾンビゲーマーが不死身とはいえ、変身解除まで追い込めるということはやはり死ぬまでダメージを与えればいいということらしい。

○暴かれしtruth。
社長による大々的ネタバレ爆撃であった。ツイッターならミュートかブロック不可避の一撃である。



雑感。

もし永夢がゲーム病であることを自覚してもサラッと受け流したらどうなってただろうかと思いつつ、やっぱり発症してしまいました。

パラドはなんだかんだ筋は通すというか、そうすること自体がゲームキャラである証左なんですね。この点だけ見れば味方としても充分やっていけそうな気がします。

次回はガシャット不足に悩まされていた飛彩がついにガシャットを取り戻すそうです。しかし勇者から魔王って派手にクラスチェンジしたな……。


関連記事
パラド
パラドクスの攻撃がきいたのは特殊能力で相手の防御機構の無効化があるからですよ。公式のライダーの解説にのっています。
[ 2017/02/22 19:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。