ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『レゴワールド 目指せマスタービルダー』フライングレビュー。

今やってます。
システム周りの紹介やちょっとしたアドバイスなど。



公式サイト

『LEGO®ワールド 目指せマスタービルダー』はレゴ®&サンドボックスの魅力が満載!【特集第1回/電撃PS】

4時間ほどプレイしました。

基本的な部分は上記リンクで丁寧に紹介されているのでまずはそこを見ていただくとして、当ブログではもうちょい細かい部分をご紹介。



ぶっちゃけマインクラフトと比べてどうなのよ?

○クリエイト。
単純に建物を作るくらいなら、レゴワールドの方はブロックがほぼ無制限に使える上にツールやプリセットも充実してるので手軽。
ただし使えるブロックやオブジェクトはワールドを探検したり各地でトラブルメーカーを捕まえてアンロックしないといけないため、本格的なクリエイトができるようになるまではかなり時間を要する。

○アクション。
ライフルやらバズーカやらトランキライザーガンやらシミターやら刀やら妙に豊富な武器種(攻撃モーションもそれなりにカッコいい)、特殊アクションが使えるようになるキャラクタースキンなどアクションの幅は中々に広い。
さらに乗り物も数多く、バイク、車、ボート、ロードローラー、馬車、飛行機、犬、果ては魔法のほうきなどバリエーションは様々。乗り物は一度アンロックすればブロックと同じく無制限に召喚可能。
満腹度無し。高所からの落下ダメージ無し。何もない壁面や柱などフツーにクライミングできる。立体機動を可能にするグラップルガンやジェットパックも有り……などなど、アクション面の制限は結構ゆるい方。
農耕や炭鉱夫要素は無し。

○ワールド。
序盤はゴールドブロックを集めながら小さいワールドを渡り歩いていく。
自分でワールドを作れるようになるにはゴールドブロックが100個必要なのでゴールは結構遠い。



アドバイス的なモノ。

○クエスト。
収集系のクエストはそのワールドに収集物があったり、別のワールドに行かないと無かったりするので無理だと判断したらすぐ諦めて先に進むといい。序盤はとにかくアイテム/オブジェクトを集めるのが先決。

○トラブルメーカーの捕まえ方。
トラブルメーカーが出現したら追いかけずに地形ツールでデカい穴でも作ってハメると楽。



雑感。

サンドボックスとしてはマインクラフトに劣る(というかマイクラは自由度が異常)ものの、アクションアドベンチャーとしてなら個人的にはこちらの方が好きです。今は炭鉱夫姿でシミター片手にオフロードバイクを乗り回す流れ者プレイ中。

ぶっちゃけコレ、3日前くらいまで完全にノーマークだったのですが調べてみたらそこそこ楽しそうに見えてきまして。元々子供の頃はレゴブロックで遊んでて馴染み深かったし、何より低価格だったので(←重要)

クラフトに関しては融通が利くまで大分時間がかかりそうですが、ゴールドブロック/オブジェクト収集など小目標がしっかりしてるので収集癖が強い方や「目的は自分で見つけるより用意しておいて欲しい」という方に向いてると思います。



さて、それでは続きに戻りますので。

刀とバズーカ早く欲しい……なんか創ることより破壊することばっか考えてる気がします。


LEGO (R) ワールド 目指せマスタービルダー
ワーナー・エンターテインメント・ジャパン (2017-04-06)
売り上げランキング: 45
関連記事
[ 2017/04/05 23:23 ] ゲーム。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。