ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『仮面ライダーアマゾンズ シーズン2』第1話見ました。

志藤さん「ちゃんと学校行けよ」
タク&ケンタ「「ウィス」」
志藤さん「メシも食えよ」
タク&ケンタ「「ウィス」」
志藤さん「風呂も入れよ」
裕樹「お父さんかよ」



公式サイト

公式ツイッター



今回の千翼。

○敵アマゾンと交戦。
○裕樹と衝突する。
○教会で敵アマゾンと交戦。
○イユと初めて出会う。



今回の見所。

○第1話配信開始!




ここだけ見るとフツーのボーイミーツガールモノが始まるのかな? とか思ってしまう。

○過去。
どうやら千翼が保護された当時、現場に仁もいたらしい。
千翼の経緯は今回だけで大半が明らかになったが、何故アマゾンに育てられていたのか、仁は何をやっていたのかは不明。
まぁアレ、仁の性格を考えると千翼の育て親を狩った可能性が高いけども。バラバラになってたし。

○千翼。
アマゾンに育てられ、アマゾンでありながらアマゾンを憎む少年。身元不明。
4Cに保護された後は戦士として育成されるも脱走。裕樹に拾われた後はチームXの一員としてアマゾン狩りに加担する。
「食べる」という行為自体を嫌悪しており、主な食事は水とゼリー飲料。あとアマゾン扱いされるとキレる。
スタンスとしてはどちらかと言うと悠より仁の方が近い。とりあえずアマゾン殺すマン。
ジャングレイダーを所有していることから、多分4Cを脱走する時に奪ってきたのかもしれない。

○チームX。
家出少年グループ。千翼とアマゾンの戦闘動画をアップして収入を得ているイマドキのユーチューバーでもある。確かにそんな動画があったら俺も見るわ。
ただし駆除班と違って完全に素人だし、アマゾンとの戦闘はほぼ全て千翼に依存しているためアマゾン狩りはどっからどう見ても火遊びの域を超えているのは明白。
それに次回予告ではもう……うん、そうなるよね(´・ω・`)

○仮面ライダーアマゾンネオ。
アマゾンの青い方。現時点ではスペック不明。
4Cで訓練を受けていたためか、戦闘スタイルは比較的型にはまってる方。ただしキレると乱暴になるので、この点だけならある意味アルファとオメガのハイブリットと言えなくもない。
敵が強かったのか千翼がまだ未熟なのか、それとも食事が簡素すぎるせいでスペックを十分に引き出せてないのか、今回は相手を圧倒するようなシーンは見られなかった。前作の主役組は戦闘展開が良くも悪くもワンサイド気味になりがちだったのでこれはこれで新鮮。
武器も使用可能で、今回使ったのはブレード。前腕を一部変形させて武器を生成するためオメガ以上にアマゾンっぽくないというかサイボーグっぽい。これフィギュアーツでどう再現するんだろ。

○黒崎隊。
チームXとの対比として、福田さんの狙撃から一方的な制圧射撃と火炎放射で相手がどんなアマゾンだったかも解らない内に仕留めるという大人の武力を見せつけた。駆除班と違って人員も装備も豊富そうに見えるからこそか。
というか相変わらず福田さんの狙撃精度がハンパない。

○新種のアマゾン細胞。
溶原性細胞と呼ばれる新種のアマゾン細胞。今回判明したことを列挙すると、
・人をアマゾンに変える。
・ウイルスより大きく、水分がなければ死滅する。
・よって呼吸や接触によって感染することはありえない。
・感染者から他者への二次感染もない。
・感染源は同一と推定される。
……空気や接触で感染しないということは、経口感染はするということだろうか。
今作はこの溶原性細胞の感染源を突き止めることも鍵になりそう。

○5年後の橘さんと加納さん。
橘さんは4Cの局長。加納さんは橘さんの秘書になってた。
短いシーンながらも加納さんの秘書っぷりというかロボットっぽさがさらに際立ってたのがなんか嬉しいw
融通の利かない政府に対して「加納君を見習ってほしい」とまで橘さんに言わせるあたり、やっぱ加納さんは優秀なんだろうな。

○千翼と裕樹。
アマゾン扱いされてキレる千翼に、恩を忘れたのかと逆ギレする裕樹。
……うん。コレが普通ですよ。駆除班の皆さんが理解ありすぎただけで。

○5年後の志藤さん。
今回の出番はちょっとだけ。チームXに居場所を貸し与えていた。
千翼のことは口には出さないが気にかけてる様子。

○私はただの雇われ局長だよ。
公式サイトに載っちゃっているのだが、橘さんはなんだかんだでアマゾンで儲ける夢を捨ててないらしい。
また後半あたりで何かやらかしそうな気はする。

○わかったつもりでいて、わかっていなかった――のかもしれん。
黒崎から「以前組んでたアマゾンはどんな奴だった」と聞かれた福田さんの返答。
これは悠とマモルちゃんのどちらにも当てはまる。結局二人ともいなくなったワケだし。
元駆除班はともかく、悠やマモルちゃんと再会した時の福田さんがどんなリアクションをするのか楽しみ。

○黒崎武。
4C黒崎隊隊長。ダウナー系で躁鬱は激しそうだわ口は悪いわ中々ヤバそうなお兄さんだが、対アマゾン戦における容赦の無さは本物。
どうも偏頭痛持ちなのか、薬を常備している。アマゾン細胞との関係は……いや、これ以上はよそう(予防線)
言われるまで知らなかったが、黒崎役の三浦孝太さんはみんな大好きアンクでお馴染み・三浦涼介さんの実兄である。兄弟で俳優やってたんか……。

○札森一郎。
黒崎隊所属。政府側の人間であり、人数合わせ扱いらしい。
戦闘も全くせず、主な仕事はネットウォッチング。
黒崎隊における三崎さんポジというか、大分軽そうな人。

○血の契り。
ただし一方的である。慈悲はない。
今作の敵アマゾンは人間時の衣服が残るため、より「人の皮を被った化物」という面が強調されている。

○イユ。
今作のヒロイン。もう公式サイトに載ってるのでここでも記してしまうが、シグマタイプのアマゾン。千翼が「アマゾンじゃない」と言ったのは恐らくシグマタイプはアマゾンの同族感知に引っかからないためだと思われる。
前原と違ってロクに喋らず、痛覚もない。人食いアマゾンと死体のボーイミーツガールとはラノベもビックリの強烈っぷり。
ちなみに新型のレジスターは抑制剤投与のオンオフが切替可能らしい。

○カラスアマゾン。
予想以上のカッコ良さにネオより目立ってた感がある。
シグマタイプ特有のスーパーアーマー(ダメージ自体はめっちゃ入ってる)を活かした格闘戦がメイン。悪く言えば戦い方は大分雑で、千翼との連携もイマイチだった。
黒崎は「戦い方を教えた方がいい」と言っていたので、後で悠のように黒崎隊との連携も覚えたりするかもしれない。

○おい!
カラスアマゾンが戦う姿に呆然としていた千翼の頭にライフル弾をかすらせて一喝する福田さんがカッコ良すぎる。
これがベテランの風格ってヤツか……。

EO。
シーズン1の1話ラストはアマゾンの大安売りだったが、今回はアマゾンの結婚式ということで出席者もアマゾンだった。
思った以上に感染拡大してたわ……。



雑感。

ついにシーズン2が始まりました。相変わらずお子様お断りと言わんばかりの残虐・怪奇表現に「こういうのでいいんだよ。こういうので」と満面の笑みを浮かべながらハンバーグランチを食い出す始末。

これからまた金曜の夜は眠れなさそうです。

次回は早速アマゾンの緑の方が帰ってきます。緑の方もいいけど赤い方もはよ!


仮面ライダーアマゾンズ Blu-ray COLLECTION
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2017-02-08)
売り上げランキング: 508
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。