ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『仮面ライダーアマゾンズ シーズン2』第3話見ました。

千翼「……あのさ、今更だけどまだちゃんと挨拶してなかったよね。俺千翼っていうんだ」
イユ「邪魔」
千翼「……イユと一緒の黒崎隊に」
イユ「やーがてー、ほしがふーるー、ほしがふーるーころー」
千翼「……………………」



公式サイト

公式ツイッター



今回の千翼。

○悠と交戦。圧倒される。
○黒崎隊に配属される。
○耳鼻科病院で敵アマゾンと交戦。苦戦する。
○被害者の血を飲みそうになった所をイユに叩き斬られる。



今回の見所。

○第3話配信開始!




番宣する藤田さんもシーズン1と比べて大分頼もしくなった気がする。

○ネオVSオメガ。
イユを狙う悠。イユを守る千翼。目的が真逆ならば激突は必至。
……が、スペックの差なのか経験値の差なのか、決して弱くはないはずの千翼をも圧倒する悠であった。千翼の攻撃と違って悠の攻撃がヒット時に思い切り噴血してるあたり火力の差をうかがわせる。それともネオが紙装甲なだけ?
しかしオメガは相変わらずカッコいいな……。

○水澤悠の空白。
ここで悠について解ったことを列挙。
・かつてイユの父親と交流があった。イユとも初対面ではない。
・イユが父親に食われた日、現場に来ていた。花束も持っていた。
・アマゾンとなったイユの父親を殺害。黒崎にも目撃されている。
……4Cにとって第一級のお尋ね者である悠がわざわざ接触を図るということは、イユの父親も只者ではない。
どうも大学教授だったらしいが、もしかしなくてもアマゾン細胞と関係があるのは濃厚。野座間製薬の関係者以外には秘密だったアマゾン細胞の存在に気付いて何か研究でもしていたとか?
悠が花束を持っていったのは純粋にイユの父親の誕生日を祝うつもりで、少なくとも険悪な関係だったワケではなさそう。
それにシーズン1を見ていれば解るとおり、悠は基本的にアマゾンの味方だが覚醒して人類の敵となったアマゾンはやむなく狩る……というスタンスだし最初から父親に対して殺意があったとは思えない。
イユの記憶の中の父親と会っていた悠なんてもう普通の好青年にしか見えないしな……ともかく、シーズン2の悠も重要なキーパーソンであることは間違いない。

○これが私の選択。
「戦う選択肢は有りだって」――5年前、悠が美月に言った言葉が今の美月を突き動かしていた。
もし悠が人類の敵となってしまった時、他の誰でもない自分が悠を殺すための選択……これはアレか。殺し愛ってヤツか。
とはいえ別に美月が闇堕ちヤンデレと化したワケではなく、悠もそれは理解している模様。美月が悠に会うためには結局アマゾンとの戦いに身を投じるしかないしな……。
それにしても悠は何を考えているのか、何の目的で動いてるのか解らないとはいえどうも人類の敵には見えない。美月に殺されるのも良しとしてるみたいだし。

○――人とアマゾンを融合させるような、どこぞの悪趣味連中とは違うよ。
死体とアマゾンを融合させるのもどうかと思いますがね橘さん。加納さんちょっとトサカにきてない?
確かに死体に人権は無いが尊厳まで無くなったワケではない。日本において死体遺棄は罪であり、死体も生きている人同様の尊厳を持って扱われるべき――という社会通念がある。
死体=モノという線引きは根っからの商売人である橘さんらしい考え方だが、黒崎風に言えば充分にマッドナントカである。

感染源(オリジナル)
所属していた青山隊が壊滅した美月と、イユのために戦うことを選んだ千翼が揃って黒崎隊に所属することとなった。
……ただ黒崎隊は駆除班と違って雰囲気がクソ重い(全部黒崎のせい)ので、千翼には同情の念を禁じ得ない。駆除班で活動していた頃の悠は結構楽しそうだったというのに!w
さておき、今回の黒崎隊の仕事は2つ。
・Aroma Ozoneの水源調査。
・ここ一週間の間に患者が4人も行方不明になってる「野乃森耳鼻科」病院の調査。
前者は溶原性細胞の「オリジナル(感染源)」疑惑がかけられており、水源自体はすでに調査済みだが「どこで溶原性細胞が混入された」のかが不明であるため、念のための再調査。
後者は解りやすく調査という名の敵アマゾン潜伏先への突入である。
水源調査は福田さんと美月の二人。病院の調査は残り全員で当たることに。

○野乃森耳鼻科の人々。
シーズン1のレストランのような淡々としたホラーではなく、今回はメリハリを付けてきたというか恐怖の煽り方が巧くてディスプレイの前のそーやも思わず「ゲェェ……」と痙笑するハメに。こんなんちびっ子に見せられるかよ!

○千翼とイユ。
やっと二人が会話……になってねぇなコレ。
なんか千翼がナンパしてるのをイユが冷たく突っぱねているようにも見えるのが悲しいw

○福田さんと美月。
シーズン1からの続投組である二人だが、絡み自体はこれが初。
野座間製薬は4Cへの出資と5年前の事件の補償金で一気に経営が悪化。水澤ママンも自宅を売ったとのことで、美月の境遇も大きく変わった模様。
福田さんは橘さんに頭を下げてまで4Cに参加したのは前回と変わらず金のため。お袋さんの介護、やっぱり大変なのか……(´・ω・`)

○駆除班再集結。
片足を失ったケンタに、アマゾンとなってしまったがゆえに殺されたタク。一緒につるんでた仲間が悲惨なことになり、新型アマゾンへの憎悪を燃やす裕樹。あの志藤さんに食って掛かるとは、ただのウェイ勢かと思ったら大した度胸してるのな。
そして三崎さんと望キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 出番ちょっとだけとはいえ、どっちも相変わらずみたいでホント嬉しいw
駆除班再集結の裏には水澤ママンが絡んでそう。そうじゃなきゃ対アマゾン用の武器を調達するのとか難しそうだし。

○悪いが、二人分しか無い。
今回の敵はゾウアマゾンとゾウムシアマゾン? まさかライダーで脳味噌チューチューが見れるとは……いや見たくなかったよ! トラウマになりかねんわ!
あまりにも悪趣味な敵の「食事」っぷりに、千翼もハナから全開。しかし敵は結構強いわイユとの連携は上手くいかないわで散々な千翼であった。
どうもイユは少しずつ語彙が増えてるというか、感情が戻りつつある? 「邪魔」だの「どけ」だの千翼の扱いは最低クラスだけどな!

ERSONA NON GRATA。
なんとか敵を分断し、イユは黒崎隊と協力してゾウムシアマゾンを撃破。一方で千翼はゾウアマゾン相手に苦戦を強いられる。
戦闘の最中、敵の食事となっていた被害者の血に触れてしまった千翼は食人衝動に駆られてゾウアマゾンはその隙にあっさり逃亡。
そして千翼をターゲットと誤認したイユはあろうことか千翼をバッサリやっちまうのであった。この二人……全然ダメだァァァァァッ!!(集中線)
千翼は意地を張らずにレジスターの抑制剤を調整してもらえばいいのに、そこは譲れない一線というヤツなのだろうか。
ともあれ、ボーイミーツガールってなんだっけと首を180度ひねりかねないラストで次週を待て!



雑感。

今週も濃密なクセにあっという間の30分でした。悠の出番は短めでしたが、色々と謎を増やしてくれましたね。

千翼を見てるとシーズン1の悠は環境的に結構恵まれてたんだな……としみじみ。福田さんと美月は理解者になってくれそうですが、その辺は今後を見てのお楽しみということで。

イユが千翼をバッサリしちゃったラストから、次回は千翼とイユのデート回って配球が大分おかしくないですか靖子にゃん!


仮面ライダーアマゾンズ Blu-ray COLLECTION
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2017-02-08)
売り上げランキング: 508
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。