ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『仮面ライダーアマゾンズ シーズン2』第4話見ました。

裕樹「……腕、どうしたんスか」
三崎さん「ああ、コレ? ……スポーン!」
裕樹「すっげー! 義手だったんスね! サイコガン仕込んでないんスかサイコガン!」
三崎さん「やだこの子思ったよりタフガイ」



公式サイト

公式ツイッター



今回の千翼。

○瀕死状態から復帰。
○イユを連れ出して遊園地へ。
○黒崎に見つかり、ゾウアマゾンの追撃へ駆り出される。
○イユと協力してゾウアマゾンを撃破。



今回の見所。

○第4話配信開始!



やっぱり三崎さんは癒し。右手使ってるのは気にしない。

○回復力。
前回、イユに前からバッサリやられてしまった千翼だが4Cに搬送される前から回復が始まっていたらしい。
加納さんによると「人間だったら即死」級の深手だったとか。
悠の回復力も相当だったが、食事をロクに摂らない(摂れない)千翼の方が凄い……かもしれない。

○警報装置。
イユが千翼を攻撃したのは千翼の食人衝動に反応したから。人を食いたくなったらアマゾン細胞が活性化とかしたりするんだろうか……イユは目視しなければアマゾンを感知できないので、文字通り「目に見える違い」があったとか?
食人衝動がある以上悠や仁と違って人間の組織に組み込むには危険すぎる千翼だが、イユの存在がセーフティとアラートを兼ねてしまった。ホント物騒なボーイミーツガールだよ……。
ちなみに千翼のアマゾンレーダーはイユよりも高性能(悠と同質の広域感知)なおかげで狩りが楽になったため、黒崎は割り切ってる様子。

○クビになった程度で手を引くには、俺達は関わりすぎた。
アマゾンと関わった者はアマゾンから離れられない運命――とでもいうべきか、再びアマゾンとの戦いに身を投じる旧駆除班だった。福田さんも金のためとはいえ結局アマゾンと戦ってるし、美月も悠を追ってアマゾンと戦う道を選んだようなモンだし。
そして裕樹もまた、タクとケンタの仇を取るためにアマゾンと戦うことを決意。志藤さん達と同行することに。
あと志藤さんによると「幸いバックアップするって人間もいる」とのこと。やっぱり水澤ママンかな?

○――その上逃げた医者のアマゾンも追わないといけませんし。
黒崎「……嫌味かよ」
黒崎相手に嫌味を言ってのける加納さんの胆力ハンパない。

○今日の任務は。
デートでぇぇぇす! イェーイ! やっと少年少女の甘酸っぱい感じのシーンが来たよ!(顔を土気色にしながら)
千翼は金持ってんのかと思ったらチームXでアマゾン狩りしてた時の稼ぎはもらっていたらしい。なんだ、マモルみたいに食料だけ与えられてたワケじゃなかったのな。
裕樹もその辺はしっかりしてたってのがちょっと意外だし、額は置いといてチームXが駆除班よりホワイトなのは間違いなさそうw(マモルはもちろんのこと、悠も報酬が支払われていたのか不明)

○拒食。
イユのためにクレープを食べてみせる千翼だったが、やっぱりモノを食うのはダメなのか吐いてしまった。食べる直前にためらってたようにも見えたし。



えぇ……(´・ω・`)

○お前が俺をちゃんと見てくれるのは、こんな時だけか。
今のトコロ千翼の食人衝動は女性が対象となっているので、他の女に目移りした千翼にイユが怒りの炎を燃やすといった構図に見えなくもないw
……冗談はさておき、千翼が女性に対して食人衝動を喚起させる点について好意的かつ真面目に解釈するとやはり「母親」が起因してると考えるべきだろうか。母親食った疑惑があるし。

○千翼&イユVSゾウアマゾン。
前回逃したゾウアマゾンとのケッチャコ。2対1であるにも関わらず結構良い戦いをするあたり、ゾウアマゾンの強さは本物らしい。
しかし今回の千翼とイユは別に訓練したワケでもないのに良好なコンビネーションを発揮。アクションをよく見てみると千翼の方が比較的アシストに回ってる気がするのはイユへの想いの表れだろうか。
今回のネオは初めてワイヤークローを使用。格闘での使用はもちろん、敵の拘束もできるのでイユとの連携戦闘においては色々使えそうではある。

○チヒロ――駆除しちゃいけないヤツ。
4話目にしてようやく千翼の名を呼んだイユであった。
でもコレ、黒崎に言われたことを反芻してるだけとも取れるし好感度上昇イベントとしてはイマイチ怪しい気が……(ギャルゲー脳)

○あの男は今。
確かに面白かったので実際見てほしいw
それは置いといて、イユの父親について新しく解ったことがいくつか。
・名前は星埜始。
・啓践大学理工学部生命科学科教授。
・専門分野は細胞生物学。
・死亡により退職扱いとなるまで大学に勤務していた。
そして仁は大学在学中に星埜教授の研究室に所属していた。
ここでようやく仁の名前が出てキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
名前が出てくるだけでこのテンションの上がりようである。仁ー! はやくきてくれーーーっ!
それにしてもイユパパン、悠と仁の両方と接点持ってるとか思った以上に重要人物だった。

○水源での戦闘。
三崎さんルートから得た情報によって、4Cと同じく水源の調査に出向いた旧駆除班。
散々アマゾンとやり合ってきたせいか、もう場の空気だけで敵アマゾン(シーズン1に登場していた旧型アマゾン)が潜んでいるかどうか解るってのがベテラン感MAXで嬉しいw
5年のブランクが有るにもかかわらず……というか装備が強いのか、はたまた敵が弱いのか連携ではなくスタンドプレーでそれぞれアマゾンを倒していく姿も頼もしい。望はシーズン1とほぼ同じ装備だが、三崎さんはショットガンではなく隻腕向けにサブマシンガンへと装備変更。
裕樹はなんの武器も渡されてないものの、その辺の石でモズアマゾンを殴りまくるトコロを見るに結構喧嘩慣れしてるのかもしれない。想像以上に根性あるなコイツ……。

UO VADIS?
裕樹の窮地を救ったのは福田さんだった。
そして最後のピースを埋めるかのように登場するマモル。
偶然か、それとも必然か――集結する旧駆除班。
やっぱり強烈な引きで今回はここまで。



雑感。

千翼とイユのデートがラストシーンで吹っ飛びました。やっぱりそーやの体は闘争を求めているようです(そしてフロムがアーマードコアの新作を作る)

次回はマモちゃん大暴れの巻でしょうか。やっぱり人間とアマゾンは相容れないのか……?


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。