ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『仮面ライダーエグゼイド』第30話見ました。

社長スマイル。



テレ朝公式

東映公式

公式ツイッター



今回の永夢。

○パラドに再び体を乗っ取られる。
○パラドとの一騎討ちに臨む。
○スキルの差でパラドに敗北。
○黎斗の介入によってパラドの支配から脱する。



今回の見所。

○覚醒。
古今東西、人を守るライダーは誰かが傷つけられるとそりゃもうパワーアップする。無論永夢も例外ではない。
……といってもこの時点ではまだパラドが主導権握ってるし、肝心の戦闘スキルでも差が出てしまったため先が見えているのが悲しい。
まぁアレ、永夢にはまだ最強フォームが残ってるので本当の覚醒はもうちょい先のお楽しみ。

○最強VS最強。
今更ながら、Mではなく永夢が変身して戦っているためゲーマーではなくドクターとして戦ってるのがとても新鮮。
エグゼイドの方は途中からアーマーパージして戦っているが、設定上は分離しようがしまいが重量以外は同スペックとなっているのでパラドクスとも渡り合えるのであった。
しかし永夢のゲームセンスが元はパラドのものだったことが発覚し、スペックではなくスキルの差で敗北を喫することに。
パラドはなんかもう出自といい能力といいどれもボスキャラに相応しいというか、「どうして永夢が勝てないのか」という理屈周りが結構しっかりしてるのが好感度高い。
そんな強敵こそ逆転のカタルシスも大きくなるワケで……よもやその一役をあの人が担うとは思ってなかったけども!

○復活のゲンム。
俺達の社長が帰ってキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
まさかの社長カムバック。しかもバグスターの能力を抑制するというリプログラミングと同等の特攻アビリティを引っさげての登場である。この男は神(製作サイド)から愛されすぎじゃないのか……!
そのおかげでパラドが永夢に干渉できなくなり、ようやく一矢報いることに。
……ん? もしかしてサブタイの意味って永夢VSパラドじゃなくて社長VSパラドってこと?(錯乱)

○バグスター・壇黎斗。
社長のおかげで窮地を脱することはできたが、社長はどこまでいっても社長である。
厄介者には変わりない……のだが、バグスターとなったせいでポッピーに主導権を握られるという心温まるオチにとても安心したw



雑感。

奇跡、切り札は自分だけ……!(なんとなく言ってみたくなった)

貴利矢を差し置いてまさかの社長復活。やっぱりこの人が画面に出てくるだけで面白くなるのズルいw

次回は社長が早速大暴れするそうです。もう好きにしろよw


仮面ライダーエグゼイド 変身ベルト DXバグルドライバー
バンダイ (2016-12-28)
売り上げランキング: 892
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。