ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『仮面ライダーエグゼイド』第37話見ました。

倒れるわけにはいかねぇんだよ。



テレ朝公式

東映公式

公式ツイッター



今回の大我。

○パラドにトドメを刺そうとしたニコを止める。
○グラファイトと交戦。変身解除まで追い込まれる。
○生身のまま戦闘続行。致命傷を負う。



今回の見所。

○強制される運命。
パラドは倒すべき敵なのだが、倒してしまうと永夢が変身できなくなるという厄介な立ち位置にいる。
たとえ命までは奪わなくとも変身能力さえ奪えばいい……というのは飛彩にとってもギリギリ妥協できる現実的な落とし所である。
……ただ永夢が変身できなくなるってのは今の戦況においてゲームオーバーと同義だけどな。

○仮面ライダーブレイブレガシーゲーマーレベル100。
トータルスペックはレベルが示す通りパーフェクトノックアウト以上。
ファンタジーゲーマーと同じくリミッターの強制解除機構があるため相変わらずやべーフォームなのだが、マントの特殊能力は異なり今回は自身や他のライダーに対するライダーゲージ回復能力を持つ。あー、ヒーラーは必須だよね(JRPG感)
さすがのパラドもスペック差は覆せないのか、横槍がなければ負けていたであろう。インフレは残酷だ。

○ゲームはもう――終わってる。
もうムテキゲーマーがカッコ良く見えてきたぞ……(飼い慣らされた豚の目をしながら)
いわゆる「お前はもう死んでいる」演出はライダーではあまり例がないので結構新鮮。

○審判の時は迫っている。
永夢・貴利矢・ポッピーの珍しいスリーマンセル。
ポーズという絶対的なアドバンテージが無くなった今、もはやクロノス何するものぞ状態……なのだが、ブレーキのかけ方が上手いというかやっぱそう簡単にはクリアできないか。
正宗の一番の強さはクロノスのスペックじゃなくてこの辺の戦術眼かもしれない。貴利矢には乗せられてたけど。

○倒れるわけにはいかねぇんだよ!!
パラドが消えたら永夢がどうなるか、そのくらい大我も解ってるはずだがそれでもなお飛彩の背中を押すのは大我も5年前の事件を引きずってるからに他ならない。義理堅いどころか呪いやないか……。
思い返せば、医師免許剥奪された時点でフツーならそこでなにもかも諦めてるトコロだが、自力で大金稼いで独自ルートでライダーとして復帰するとか並ならぬ執念である。
が、悲しいことにグレングラファイトとシミュレーションゲーマーではレベル差が絶望的。奮闘むなしく、大我は生身のまま致命傷を負ってしまうのだった。



雑感。

恋人を盾にされて社長の言いなりとなってしまった飛彩を、それでも肯定してくれる大我の男気っぷりたるや……それが正しいかはさておいて。

その大我に対し、飛彩はどんな選択を採るのやら……胃に穴が開くってレベルじゃねぇぞ!

次回はサブタイからして飛彩が一つの決着をつける……かもしれません。


仮面ライダーエグゼイド Blu-ray COLLECTION 2
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2017-07-12)
売り上げランキング: 123
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。