ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『仮面ライダーエグゼイド』第38話見ました。

涙のピリオド。



テレ朝公式

東映公式

公式ツイッター



今回の飛彩。

○正宗に手術を失敗しろと脅される。
○大我の手術を成功させる。
○目の前で小姫のデータを抹消される。
○永夢と協力して正宗を撃退する。
○大我と和解する。



今回の見所。

○パラド防衛戦。
ゲームマスターでありながら、正宗も永夢を攻略しなければならないというのが中々面白い。
クロノスのポーズは封じられたものの、今度の切り札はエナジーアイテムの独占。自由にバフかけられるとかこれも充分にチートだよなぁ。
まさかの社長と貴利矢のタッグは個人的に胸熱。それにとどまらず社長がコンティニュー覚悟で単身正宗を食い止めるというのもカッコいい。今回だけで24回も死んでるとか、俺だったら途中でコントローラー投げるレベル。

○涙のperiod。
世界で一番のドクターたらんとするならば、目の前の命は必ず救う。たとえ彼女が救えなくとも、それが彼女の願いなら。
完全に覚悟完了したワケじゃなくて、小姫を喪ったことで涙を流す飛彩がもう人間としての弱さ丸出しでこっちまで泣ける。お前は今泣いていいんだ……!
永夢も空気を読んでるのか、表情がそこまで明るくないのがまた胸に来る。

○和解。
プライドは高くとも、礼儀も弁えてるのが飛彩の良いトコロである。いやま、ここまで来るのに大分時間かかったけど。
小姫への未練だけでなく、大我との因縁にもピリオドを打てたのは飛彩と視聴者にとっても救いといえる。



雑感。

ある程度覚悟はしていましたが、やはり覆水盆に返らずというか、一度喪ったものは二度と帰ってこない展開になってしまいました(貴利矢や社長から目を背けながら)

ただそれで腐らずに前を向くというのがヒーローというもので。とにもかくにも飛彩が戻ってきてくれてよかった……。

次回はまさかのグッバイパラド? 今度は永夢に審判の時が迫るようです。


仮面ライダーエグゼイド DXハリケーンニンジャガシャット
バンダイ (2017-08-05)
売り上げランキング: 201
関連記事
ゲーム的にも終盤のイベントラッシュ。
パラド、ゲームの敵キャラからゲームのイベントアイテムになっちゃったってのが本当に哀れで…
もう一人の自分との決戦とか、テイ○ズだとバックに主題歌が流れながらのイベントバトルになりそうな感じですが、予告のパラドを見る限りそんなキレイな話にはならなそうで。
[ 2017/07/16 00:00 ] [ 編集 ]
鏡像。
ドーガさん廻、
主人公のライバルキャラでありながら同時に主人公のアキレス腱でもあるというパターンは中々無いですよね。敵キャラにしろイベントアイテムにしろ「ゲームの中のもの」っていう括りから出れてないのが悲しい(´・ω・`)

最近いいとこなしのパラドですが、果たして今日の放送でどこに着地するのかせっかくなのでリアルタイム視聴で確かめることにします。できればキレイに行ってくれねぇかなぁ……。
[ 2017/07/16 06:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。