FC2ブログ

ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『仮面ライダービルド』第36話見ました。

フェーズ3。



テレ朝公式

東映公式

公式ツイッター



今回の戦兎。

○ベルナージュに助けられる。
○パンドラパネルの一部を再構築して新たな強化アイテムを開発。
○エボルトと交戦。ボトルを駆使してフェーズ1を攻略。
○強化アイテムを用いてハザードレベル6に到達。
○エボルトを道連れに消滅を試みる。
○エボルトに体を乗っ取られる。



今回の見所。

○新番組『ドルオタ、推しと付き合うってよ』
今回の序盤でエボルトリガーが発動してたら見れたかもしれないと思うとちょっと残念www

○開かれた禁断の匣。
今回からOPの冒頭部分のみ新しくなった。
そういえば前回までのOPで「パンドラボックスに手を伸ばしていたビルド」ってどういうことかと思っていたが今回のオチを見てだいたい納得した件。

○お前気持ち悪いな。
ここで注目すべきはカズミンや戦兎ではなく、なんともいえない顔をしてるホテおじであると声を大にして言っておきたいwww

○禁断の切り札。
成分がぶっこ抜かれた60本のボトルは謎の火星パワーのおかげで再使用可能となり、それに加え復元された葛城パパンのデータによってパンドラパネルの一部を再構築した新アイテムも開発できた。
が、今度はハザードトリガーの「自我の喪失」どころでは済まず、使えばマジで命がヤベーイことになる代物……そも、葛城パパンがコレに関わるデータを消してたのってそういうことだろうし。
しかし戦兎に選択の余地はないのであった。

○――俺達の仲間になれ。
カズミンはギャグとシリアスをバランスよくこなせるのホント有能。
ホテおじがパパンを亡くしたばかりでメンタルも安定してないとはいえ、カズミンがホテおじに勝つとは……レベルアップでスペックも上がるって設定便利だな……。
というか、カズミンの器のデカさは本人にその気があれば国のリーダーにもなれそうなレベル。

○プロジェクトビルドの全貌。
ビルドの開発云々ではなく、葛城の研究によって起こるであろう戦争(実際起こった)まで引っくるめてプロジェクトビルド。目の付け所がシャープとかいうレベルではない。
というか、よくよく考えてみりゃスカイウォールの惨劇を起こした時点でプロジェクトは7割くらい達成されてるワケだし。エボルトにとっちゃ時間は要するもののなるべくしてなった計画といったトコロか。

○フェーズ3。
戦兎、エボルトに乗っ取られるのを読んで諸共に消滅を狙っていたとかここら辺の捨て身っぷりがやっぱり葛城。
しかし消滅どころか今度は戦兎がエボルトに乗っ取られるのであった。なんかコイツいつも乗っ取ってばっかだな。



雑感。

この事態が好転しそうで結局のトコロ悪化してる感……果たして突破口は見つかるのでしょうか。

次回、救出されたばかりの龍我が早くも体を張るようです。


関連記事
[タグ] 感想的なもの
[ 2018/05/31 22:50 ] 仮面ライダービルド。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。