FC2ブログ

ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『仮面ライダービルド』第43話見ました。

天才的計算術。



テレ朝公式

東映公式

公式ツイッター



今回の戦兎。

○忍を庇い、龍我に一撃を加えてしまう。
○忍を疑いきれず葛藤する。
○消えた美空を捜索する。
○CDロストスマッシュと化した美空と交戦。忍に加勢され、追い詰められる。
○龍我に助けられ、反撃。美空を救った上に龍我も沈静化させる。



今回の見所。

○ベストオブベスト。
ビルドの強みは引き出しの数にあるが、それを活かすにはあらゆる状況において最適な解を出せる洗練された戦闘思考を要する。
多勢に対してはニンニンコミックの分身で対応、地上での殴り合いを得意とする龍我に対してはホークガトリングで空中から一方的に攻撃するなど、確かにベストオブベストを自称するだけあって葛城パパンはビルドを使いこなせている模様。
ちなみにパパンのドライバーは初期型なのでベストマッチ認識機能は無い。元は戦兎製作の四コマ忍法刀やカイゾクハッシャーを所持してるのは、今までの戦闘記録から作り上げたコピー品と仮定するのが妥当だろうか。
もしくはエボルトが戦兎のパソコンからスクラッシュドライバーのデータを盗んだ時、武器のデータもついでに盗んでたとか……まぁこまけぇことはいいか。

○父と戦う運命。
美空のみならず戦兎も父と戦うという羽目になってしまった。美空の場合はマスターがエボルトに操られてたからまだマシだが、戦兎の場合は現段階ではなんとも……。
思い返してみると戦兎のアイデンティティは脅かされっぱなしだな……。

○創られたヒーロー……上等じゃねぇかよ。
たとえ誰かに用意された正義でも、たとえ甘い理想でも、それを貫き通せば――これ鎧武の時にも言わなかったか俺。
さておき、戦兎が自分を見失った時にいつも再び立ち上がらせてきたのはやはり龍我である。今では仲間も増えたが、戦兎にとって一番ベストマッチな相棒はこの男をおいて他にない。
しかし龍我のメンタル仕上がってるな……いやま、戦兎に比べるとしがらみも少ないけど。

○それとも、計算通りか。
美空を救い、その上龍我の遺伝子活性も抑制するという一撃二鳥の作戦を成功させ、さらにハザードレベルも7に達した戦兎。
もしこれが葛城パパンの狙い通りだったとしたら……もしかするともしかするのだろうか。



雑感。

美空がスマッシュになった時はどうすんだコレと思いましたが、思ったよりあっさり片付いた上におつりまで来るという……果たして葛城パパンの真意やいかに。

次回、エボルトが最期を迎えるようです。え? マジで……?(次回予告二度見)


関連記事
[タグ] 感想的なもの
[ 2018/07/12 21:36 ] 仮面ライダービルド。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。