ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『スーパーロボット大戦OG外伝 告死鳥戦記』連載開始。

告死鳥が啼く頃に。


『スーパーロボット大戦OG』外伝始動。(前回記事)

……てなワケで。

今日発売の電撃ホビーマガジンにてようやく外伝が連載開始となりました。

とは言え電ホビ本誌で掲載されるのはクライマックス部分の抜粋掲載のみで、来月の10日頃更新予定の電撃ホビーマガジンbisにて完全版を無料公開するんだそうで。

電ホビ買わなくても読めるとはありがたい。

もちろん、書籍化したらきっちり買わせて頂きますが。



■ゲシュテルベン

で、主役機の正体も明らかになりました。外見はコチラ。

正式名称は『量産型ゲシュペンストMk‐2“シュテルベン”』で『ゲシュテルベン』は通称だそうで。

アルトやヴァイスと似たような呼称ですね。もっともアルトはもとんど蔑称ですけど。

パッと見目を引くのは背部のウイングやスラスターですね。

テスラ・ドライブかは解りませんが、やっぱり飛行可能か、最低でもノーマルの量産型ゲッシーと比べて空戦能力に優れた機体であろうと予想できます。

手持ち武器は右手に持ってる銃剣付きライフルが目を引きますね。

バースト・レールガンにそのままアサルトブレードくっつけたようにも見えますが……告死鳥戦記の時系列ってL5戦役~インスペクター事件の間だそうで、その頃の連邦軍は量産型ゲッシーよりリオンシリーズを主力にしてたから、空戦向きのリオンシリーズ用兵装にアレンジを加えて流用したってトコロでしょうか。

バースト・レールガンとアサルトブレードと言えば、ゲームだと空適応Sですし。

……そう考えると中々理に適ってる装備ですね。その上渋い。

左手に持ってるのはM13ショットガンだそうで。

……M13ショットガンで思い出すのは『Record of ATX』1巻ですね。

量産型ゲッシーに乗ったエクセレンがM13ショットガンでシュヴェールトを叩き落としてましたが、その時のショットガンに対するエクセレンの評価が「案外イケる」と。

……つまり案外空戦でも使えるってコトでのチョイスなんでしょうか。



……何か色々妄想が膨らんできてワクワクしてきました。早く完全版読みたいです。

ゲシュテルベンは個人的にもかなり好みのデザインなんで、商品化とかゲームに出るとかすると嬉しいですね。

現時点でそーやが一番好きなゲシュペンストはRVですが、ゲシュテルベンがその座を奪うかどうか、今後の活躍を期待しております。


電撃HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2012年 08月号 [雑誌]
電撃HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2012年 08月号 [雑誌]
関連記事
[タグ未指定]
[ 2012/06/25 23:10 ] その他。 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【『スーパーロボット大戦OG外伝 告死鳥戦記』連載開始。】
告死鳥が啼く頃に。
[2012/06/27 00:26] まとめwoネタ速neo
当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。