ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『エクゾスカル零』3巻買って来ました。

激突する神武の超鋼。
失われた過去。
そして な ま ☆ し ち。



そーやは毎月何冊かマンガを買ってますが、一冊ずつではなく月末近くに欲しい本をまとめて買うことにしてます。

……が、中には月末を待ちきれずにすぐ読みたいマンガというのも何冊か存在します。

その内の一作が『エクゾスカル零』

今日は最新巻である3巻が発売されたので、サクッと所感でも。



【3巻の覚悟】
・パンを食べた。
・動地憐と相対することを決意。
・髪を切って坊主頭にした。
・エクゾスカル雪と協力して純化零式歩兵を二体撃破。
・神造乙女「澪」を単独で打倒。
・怪我の治療をしつつ六花とともにヴァールハイト精神城へ。
・かつて存在したはずの「愛した者たち」に関する記憶が欠落していることが判明。




お話としてはあまり進みませんでしたが、やはり零式対零式の超人異能バトルは面白いですね。

あとは六花の存在がギャグに片足突っ込んでる、いや半身浸かってる辺りが作中の清涼剤となってますね。単行本1巻は完全に「覚悟のシグルイ」みたいなものでしたし。そーやはそれも好きですけど。

……で、その六花なんですけど冷静に見てみると色々油断できない部分がチラホラ。

・背負った罪は「姦淫」
・憐は名前で呼ぶが覚悟は名前で呼ばない(あくまで零と呼ぶ)
・パンを分け合った時に小さい方を覚悟に渡した。
・し ま パ ン(重要)


エクゾスカル同士は基本本名ではなくエクゾスカルの名前で呼び合いますが、六花は憐だけ本名で呼んでるんですよね(ちなみに憐自身は他のエクゾスカルを本名で呼ぶ)

あくまで六花は覚悟を「零」と呼んでいるわけで。この辺が何か一歩踏み込ませないというか。覚悟との間に微かな距離を置いてるというか。深読みでしょうか。

それと六花は覚悟を憐に会わせようとしていますが、その理由がイマイチ不明確。

「憐がやろうとしている“恐ろしい計画”を止めて欲しい」とか「憐と勝負して勝って欲しい」とか、具体的なことは何一つ言ってません(覚悟に対し「憐に勝てる?」とは聞いてましたが)

六花の目的は一体何か。

ザッと考えられるのは、

1.憐に奪われたエクゾスカルチップを奪還する。
2.覚悟とともにメデューサ計画を阻止する。
3.覚悟を憐の元へおびき寄せ、強化外骨格「零」を憐に献上する。


……3はちょっと考えすぎでしょうか。本当に六花の目的が零なら不意打ちだまし討ちで覚悟から奪い取ってそうな気もしますが。

……それができない相手と解ってるからそうしないだけ? ううむ考えれば考えるほどドツボ。



次巻でその辺の謎が明らかになればいいのですが……まぁ、何だか知らんがとにかくよし!

是非とも早く続きが読みたいものです。



……余談ですが。

単行本の折込チラシで初めて『開花のススメ』を知りました。

や、山口先生が原作だなんて……!

月末に買ってこようかなぁ。


エクゾスカル零 3 (チャンピオンREDコミックス)
エクゾスカル零 3 (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ 1 (チャンピオンREDコミックス)
開花のススメ 1 (チャンピオンREDコミックス)
関連記事
[タグ未指定]
[ 2012/08/20 23:29 ] マンガ。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。