ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『ヒーローズバーサス』フライングレビュー。

買ってきました。
システム周りやちょっとしたアドバイスなど。
反転ネタバレあり。
※2/6 ちょっと多めに追記。



公式サイト

二ヶ月ぶりのフライングレビューになりますね。ホントに欲しいゲーム無かったんだなぁ。

W編の6話までクリアしました。



■説明書やシステム周り。

・データインストールは204MB。

・カスタムサントラの対応ファイル。

対応サンプリング周波数:44100Hz
対応コーデック:MPEG1 LAYER3
対応ビットレート:32/40/48/56
         64/80/96/112/128/160
         192/224/256/320kbpsおよびVBR

いつもと同じ。超クラヒのカスサンを移せばいいのでライダー系は手間が省けてよかった。

・オプションはボリュームコントロール、セーブ、カスタムサントラ、データインストールの四項目。
 キーコンフィグは無い。

・ストーリーモードは中断セーブ方式(スパロボのコンティニュー)
 中断セーブは一つしか保存できない。

・ストーリーモードで敗北した場合、リトライすると経験値が半分に。
 更に負けると難易度をイージーにしてのリトライが選択可能になる。
 イージーでリトライするとクリアリザルトの評価が低下。

・キャラクターのレベルアップ時に得られるアビリティポイントはそのキャラ固有のものとなる。
 アビリティポイントは一度割り振ると振り直しできない。
 しかし、特定の条件を満たすとポイントの振り直しが可能になる。
 更に、キャラクターが一定のレベルに達するとアビリティの強化限界を突破する。

・カードデッキは全キャラ共通。デッキは6種類まで作成可能。
 デッキに名前を付けることもできる(メインメニューのデッキ編集のみ)

・通信対戦では一戦ごとに経験値を入手できる。
 対戦に勝利→次のレベルアップに必要な経験値の1/5を入手。
 対戦に敗北・引き分け→次のレベルアップに必要な経験値の1/10を入手。
 獲得経験値は通信終了後にまとめて加算される。

・ストーリーモードの会話イベントはスタートボタンで早送り可能。



■ストーリーモードのこと。

最初の1、2話はともかく3話辺りから徐々に難易度が高くなります。

始めの内はカードを使わずに通常攻撃とSPクラッシュだけで十分勝てるのですが、最終的にカードを使わなければ無理なレベルになるので早い内にカードを選択/使用するように意識するのがいいかと。

あと戦闘後のリザルトは「フィニッシュ必殺技」の使用回数もあるので狙える時は積極的に狙いましょう。序盤はSPアップディスクの上で戦闘することもあるので、そこでフィニッシュモード発動→フィニッシュ必殺技の流れを覚えるのがオススメです。

サブミッションの達成は……最初はそんなに気にしなくていいと思います。

主に「数ターン以内にクリア」といった条件が多いのですが、何せW編の2話とか悪質なワープトラップがあるので初見で達成するのはかなり難しいかと……一度解ってしまえば楽勝なので、最初はとにかくクリア優先でプレイすると無駄がないと思います。

ストーリーモードで見かける「ターミナル」(ガシャポン)は売り切り型なので、クレジットの許す限りガンガン回してOKです。コンプガチャではないのでご安心を。

ちなみにターミナルからはカードだけでなく、対戦マップやBGMも手に入るそうです。そーやはまだ見たことありませんが。

※追記。

W編を全クリしましたが、結構シャレにならない難易度でした。

原因は主にHPの回復手段。

電撃オンラインの座談会でも言及されてますが、これがホントに厄介。

ストーリーモード中にHPを回復する手段は、

・回復ディスクを使う。
・戦闘中にHP回復カードを使う。

……の、二通りのみ。

そのクセ、進行上倒さないといけない敵が戦闘開始時に自分のHPが1ゲージ持っていかれるHPダウンディスクの上から動かない……といったこともザラにあるのでタチが悪い。

瀕死状態でボス戦……なんてこともままあります。

HPに関する問題をクリアするには、

・とにかくアビリティポイントをHPにブッ込む。
・HP回復カードを集める。

……しかありません。

アビリティポイントは前述のとおり後で振り直しがきくので遠慮せずHPを伸ばしましょう。

回復カードは「カプル」「ソレイユ」などがあります。ノーマルカードならどちらもターミナルで入手可能。

「ソレイユ」は相手も回復してしまいますが、バトル開始時に手札に入っていれば儲けものですし。

ゲームの初回特典で手に入る「ギアナ高地」も回復カードなので是非ゲットしましょう。

回復カードが六枚くらいあるとかなりストーリーモードが楽になると思います。

カードが揃うまではストーリーの進行をキャラ一本に絞らず、6話くらいまで進めたら別のキャラに切り替える……というのもアリかと。

……いやホント、ストーリーモードの難易度はもう少し落としてくれても良かったような気が……。



■ちょっとだけキャラ解説。

◯W
ショートレンジSPクラッシュの「ファングストライザー」が高誘導かつ簡単にキャンセルして通常攻撃で追撃可能と優秀。

ダッシュ攻撃→通常攻撃→吹き飛ばし前にファングストライザー→キャンセル通常攻撃(ラッシュ中にベルトフォース発動)→ジャンプ攻撃……といったコンボも可能。

追撃は遠距離攻撃タイプなので、相手と距離を置きたい時以外は通常攻撃で吹き飛ばさないのがオススメ。

◯ゴッドガンダム
射撃が得意なガンダム勢の中において接近戦も充分こなせるガンダムファイター。

∀やダブルオーライザーの通常近接コンボが5~6ヒットに対して、ゴッドは12ヒット。ヒット数だけなら仮面ライダー並(Wが10ヒット)

ショートレンジSPクラッシュの「爆熱ゴッド・フィンガー」がコンボパーツとして優秀。

通常近接→吹き飛ばし前にゴッドフィンガー→通常近接……と手軽にゴリゴリ削れる。

ガンダム系のSPクラッシュカウントは使いきり型なので使い所を間違えないようにしたい。

一例としてはフィニッシュモード発動に2回、フィニッシュ必殺技使用に2回……など。

◯ネクサス(ジュネッス)
個人的な感想ではあるが恐ろしいまでの強さ。ウルトラマン系は多分みんな強キャラ。

空中特攻追撃は相手が壁際だとある程度連続で追撃できるため、カードでカットされない限り一方的に攻撃できる。正にウルトラ壁ドン。

通常近接出しきり→追撃→コアインパルス→相手吹っ飛ぶ→特攻追撃→壁ドン。酷い。

ウルトラマンに興味が無い人でも、とにかく一度はウルトラマン系キャラの使用をオススメしておく。



■雑感。

まだ始めたばかりですが、さすがはスパイク・チュンソフトというか、スパキンの血が確かに流れてますね。

キャラごとに多少の差はあると思いますが、簡単操作で40~50ヒットのコンボが出せるのはやはり爽快です。

が、あまりにも一方的に殴れるのでカードを使わないとただのフルボッコゲーという結構ギリギリなバランスであることも事実。

……いや、WのZ戦士ばりの超絶ラッシュを体験すると「これカード無くても良かったんじゃないのか」とか思います。ホントに脳筋ですいません。

肝心のカードはまだ全然集まってませんが、どんなカードが出てくるかこれから楽しみでもあります。「クスクシエ」とかあるもんなぁ。

ストーリーモードのイベントはファミ通のレビュー通り淡々としてますね。ディシディアみたいなムービーがあればもっと盛り上がったんでしょうが、さすがに無理か……。

しかしシナリオ自体はしっかりクロスオーバーをやってるので安心しました。Wとゴッドが「ある共通点」で絡むとかちょっと盲点でしたし。お楽しみに。



グレイトバトル、ロストヒーローズとコンパチヒーローシリーズが出て来ましたが、派手なアクションが大好きなそーやとしては今作が一番ツボです。

ライダー好きとしては「ドクターマッキーが動かせるアクションゲーム」ってだけでもこのゲームを買う価値があるんじゃないですかね。下手したらこれが最初で最後かも知れませんし!


HEROES' VS 初回特典 ゲストキャラ3人+レアカード6枚が即時解放されるプロダクトコード同梱
HEROES' VS 初回特典 ゲストキャラ3人+レアカード6枚が即時解放されるプロダクトコード同梱
関連記事
[タグ未指定]
[ 2013/02/06 00:19 ] ゲーム。 | TB(0) | CM(2)
買いましたよ~!
この手のゲームはほとんどやった事がない事も手伝ってかフルボッコにされてます。

チュートリアルを一通りやったもののカードの仕組みも完全に理解出来てないです…

情報量が多いゲームかもな~と思ってしまう自分はオッサンに片足突っ込んでしまってるのかなぁと切なくなります。

逆に考えれば覚える事が多い=覚えればとても楽しいだと思うので気長にプレイしてい行きます!
[ 2013/02/08 17:33 ] [ 編集 ]
スパキンの血脈。
2丁拳銃さん廻、
覚えればとても楽しい>いやもうマジでその通りでして。

スパキンもそうでしたがこれも経験値がモロに出るゲームですね。

最初は辛いですが、慣れてくると手札の上の部分だけでカードが把握できますし、カードでコンボカットしたり自分がコンボ中にカードを使うこともできます。

ゲームが苦手なそーやでもW編の全ステージハードモードSランククリアとかやれたので、根気良く付き合ってみてはいかがでしょうか。
[ 2013/02/08 22:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。