ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『アーマード・コア ヴァーディクトデイ』the DEPTH#1まとめ。

ACVDの、その深淵へ。
4/14 記事完成しました。



公式サイト

ARMORED CORE VERDICT DAY [the DEPTH]チャンネルURL

既出情報などガッツリ含んでますがご容赦を。



■冒頭。

◯今回は時間通りに始まった……だと……?
(いつもは大体開始が遅れてた)

◯2号さん「あッ、チャック開いてた」

◯久々(およそ10ヶ月ぶりの放送)のためか若干手探り感が。

◯今回は「天の声」として「新兵」「教官」なる方々も参加。
 ジャム爺さん「ヤナエッティに代わり新兵が」
 2号さん「ヤナエッティいましたね」
 鍋島P「いたねー」

◯教官「というわけで、お前達の上官として私も進行を担当する。解ったな」
 一同「はい」
 教官「返事が聞こえないが」
 一同「はいッ!!」
 2号さんはややM気味。



■1部:ワールドモード。

◯各勢力について。

「シリウス・エグゼクティヴス」
青勢力。連合国家。

「ヴェニデ」
赤勢力。独裁国家。
無慈悲なあの国とは全く関係ない。

「EGF」
緑勢力。宗教国家。
やっぱり某地球防衛軍と名前が似ていることが言及されていた。
鍋島P「それ言うと思ったw」

◯勢力ごとにメニューBGMが異なる。

◯今作のワールドマップは現実の地球準拠。
 ちゃんと日本(FAR EAST)もある。

◯「ワールドログ」機能。
 ゲーム全体のリプレイ。各勢力の侵攻履歴/経緯などが確認できる。
 ログは現シーズンから直前の1シーズンまで閲覧可能。

◯初期に配布されるエリアが3:2:2で偏るのは意図的なもの。
 これによりエリアを2個しか持ってない勢力がどう動くかがポイントとなる。 

◯今回はサーバーからイベントとして「作戦」が送られてくる。
 内容は主に「特定地域への侵攻」など。
 作戦に乗るか乗らないかはプレイヤーの自由。
 作戦の発令頻度や傾向は勢力によって若干異なる。

◯シーズン中に所属勢力が壊滅した後でも出撃は可能。
 ゲーム中のプレイヤーはあくまで「傭兵」の扱い。

◯「通常出撃」で戦果を上げ、ゲージがMAXになると「特別出撃」が選択可能に。
 特別出撃は通常より得られるポイント/エリアに与えられるダメージが大きい。

◯防衛作戦では特別出撃に必要なゲージは増加しない。
 しかし勝利すればエリアの耐久値を回復できる上、そこでの評価もランキングに反映される。

◯出撃条件はあくまで「希望」
 マッチング優先のため侵攻希望でも防衛に回される可能性もある。
 ただしどちらにせよ結果としてブリーフィングオンラインは回避できる。

◯オグさん「56の対戦マップがあります」
 2号さん「前作いくつでしたっけ」
 鍋島P&オグさん「8です」
 ジャム爺さん「また増やしちゃった」


◯防衛側はタワーに近づけば近づくほど有利。
 しかし土俵際ということを忘れてはならない。

◯新マップ「洞窟」「施設内部」
 前作ではあまり無かった屋内マップが新たに登場。
 当然ながら屋内では垂直ミサイルなどは意味をなさない。
 マップのバリエーションが増えたことによってアセンブルの幅が広がることも期待される。

◯歩兵にカメラマンモード実装。しかし、
 ジャム爺さん「これ前みたいに流れ弾当たったらパタンって」
 鍋島P「死にます」
 戦場カメラマンは命がけだ!


◯ガレージでも撮影可能。

◯「VoW」=ゲーム中における報道機関。

◯画像をVoWに投稿すると一定の審査を経てワールドメニューで配信されたりする。
 パイロット名と画像タイトルも載る。

◯公式サイトにアップ=ACVD LINKにアップロードされる。
 こちらは審査などは無い。
 画像をPCに転送するイメージ。

◯2号さん「写真撮りてぇから死んでくるわ」
 ジャム爺さん「それマズイよ」

◯プレイヤー勲章の収集はシーズン毎にリセットされるが、累積記録は残る。

◯今回のランキングは以下の四種。
・チームランキング
・プレイヤーランキング
・AC撃破ランキング
・傭兵ランキング

◯ランキングの集計はシーズン毎となる。

◯シーズン中に所属勢力が壊滅するとポイントが稼ぎにくくなるためランキングにおいても不利。

◯今回のシーズン制は「最後の一勢力が勝ち残るまで」となる。
 一応期限も設けられているが前作よりやや長めらしい。

◯膠着状態もありえるものの、ゲーム発売直後は速攻で1シーズンが終わる可能性もある。

◯シーズン中に次回シーズンでの所属勢力/所有エリアの希望を出すことができる。
 所属勢力の偏りを無くすため、これもまた希望通りに行くとは限らない。
 極論、EGFに所属したくてもヴェニデしか行く所がない……といったことも起こりうる。

◯オグさんとジャム爺さんが良い感じに喋るので 新 兵 出 番 無 し。



■2部:マッチング。

◯マッチングシステムは前作から徹底的にテコ入れ。
 処理を一元化し、とにかく対人戦を優先する仕様となっている。

◯条件が合ったチームから優先的に対戦。
 条件が少し合わなかったらそれと近いチームと対戦。
 完全に条件が合わなかったり、対戦成績が芳しくないとNPCと対戦することになる。
 NPCとの対戦は侵攻によるゲージが稼げてない時などの救済措置扱い。

◯メンバーがリーダーのみの個人チームに対する救済措置もあるが、今回は秘密。



■3部:ヴァーディクトデイの細かイイ話。

◯何故か鍋島P一人でやることに。

◯今回も領地有り。しかも一人につき一つ必ずもらえる上、取られることもない。
 ただし領地の使い道は前作と異なる。詳細は別の機会に。

◯アセンブルは×ボタン抜けしなくなった。
 必ず終了確認が入るように仕様変更。

◯テキストチャットにログが付いた。
 ログの保存件数は50件。

◯歩兵時に他味方機へのリアビュー切り替え可能。
 結果として歩兵/カメラマン/味方機リアビューと三種のモードを使い分けられる。
 味方機には傭兵も含まれるため、傭兵の戦い方も見ることができる。

◯新・武器性能変化システム。
 武器購入時に3ポイント与えられ、それを威力/連射/命中のいずれかに振り分けて性能を変えられる。
 成長傾向を決めるものではなく、ポイントを振り分けた時点で完成品扱いとなる。
 各武器の性能変化の幅は一律で、前作のようなランダム要素は撤廃された。
 フレイムフライが寂しそうにこちらを見ている!

◯上官「なるほど。鍋島、頑張ったな」
 鍋島P「やべーホメられちゃったw」
 上官「褒美をやろう。何と呼ばれたい? ナベか? ナベちゃんか?」 
 鍋島P「どっちでもいいですw」
 上官「……決めろ」
 鍋島P「怖いよこの人w」

 結局ナベちゃんに決定。


■4部:新パーツ&新カテゴリ。

◯改造パーツは非売品。

◯一つの型番から派生する改造パーツは一種類だけとは限らない。

◯当然ながら改造パーツだけで組めばいいという話ではない。
 強化されている点と劣化している点が必ず存在する。

◯跳弾に関する話はまた今度。

◯シールドは左右同時装備可能。
 武器と同じ扱いでもあるのでハンガーシフトも可能。
 異なる種類であればシールド→シールドとシフトすることも可能。

◯シールドで攻撃はできない。
 また、ハンガーに提げている時は機能しない。

◯シールドは展開状態であれば機能する。
 トリガーなどのコマンドは必要ない。

◯シールドに対する衝撃値の話はまた今度。

2号さん「今チャットでドヤ顔ダブルシールドって」
 ジャム爺さん「なんだその激おこぷんぷん丸みたいなの」


◯プラズマミサイルは機体のENを消費しない。

◯今回の武器腕は旧シリーズのものと違い携行武器の装備が可能。
 ハンガーシフト/肩武器は無いが、携行武器⇔武器腕と使い分けられる。

◯ブレード武器腕は範囲が広い上に威力が二撃分あるので当たると超痛い。

◯レーザーキャノン武器腕、何故か右腕部のフィンが一枚一枚展開される。
 鍋島P「その方がカッコいいかなーって」
 ジャム爺さん「バカだ」
 基本的にはデザイナーやモデリング担当に任せているため、こうした変態ギミックが生まれる。
 (もちろん納期は守ってもらうが)

◯変態ギミックが「かわいい」と感じてきたらそれはもうフロムに毒されてる証拠です。

◯オペレーションファイルもここで紹介。
 前作から機能が拡充されAP/ENの推移や武器の命中率など閲覧可能。
 武器選択の判断材料などに活用できる。

◯更にオペレーションファイルは新要素と密接に関わるが、その話はまた次回。



■5部:告知。

◯チームの入隊管理に「試採用」が追加。
 メンバーの承認を待たずにチームに即座に入隊/戦闘することができる
 代わりにメンバーの承認を得て正式に入隊しない限りチームの財産などには触れない。

◯ネットワークテストで遊べる/触れる部分は段階的に解放予定。

◯数量限定コレクターズパックの話。
 いわゆる限定版の発売はフロム製ゲームでは実に珍しい話。
 ビジュアルブックにはパーツ全種類掲載。200ページ突破。
 フィギュアもゲーム内のギミックを完全再現(予定)
 しかし物理的に無理な部分もあるのでそこは逆にゲーム内の設定を変更して凌ぐらしい。
 フィギュアのスケールはノンスケール。スパロボ超合金よりはデカい。
 可動やギミックはともかく、ディテールの精度に関してはゲームよりフィギュアの方が上。

2号さん「これ(フィギュア)採算とれるんですか?」
 オグさん「これをあまりバカスカ売るとですね、赤字になります」


◯数量限定特典はフラン/ロザリィ/主任/キャロりんのCOMボイスセット。
 こちらはソフト発売後にDLCで販売予定。

◯今後のプロモーション展開。
 毎月上旬にファミ通にて新情報公開→中旬に生放送で新情報をより深くお伝え。
 更に下旬にはACOP登録者向けのスペシャルな動画を用意するとか。

◯正直現在のフロムはダークソウル2でカツカツなのだがそんな中でも映像資料などを仕上げてきた。

◯次回『出たっ! 戦慄のUNACシステム』
 乞うご期待!



……ネットで新作ゲームの紹介番組を配信するのも珍しくない昨今、数ある配信においてそーやはこのACLIVEが一番好きかもしれません。次点はニンダイ。

ACVの時もそりゃもうキャッキャウフフしながら配信を見てたわけですが、今回の配信も凄く楽しかったです。ホントにゲームのことだけ三時間ガッツリでしたし。

今回公開された情報だけでもACVDにはかなり期待してます。そーやはACVからマッチング問題さえ片付けば充分ですので。

武器流通は武器成長システムが刷新されたことに伴い無くなったんですかね。それはそれで。








というワケで次回の配信も楽しみです。今度はスケジュール空けてリアルタイムで見たいですね。

果たしてUNACシステムとは何なのか? そしてオグさんは上官からどんなあだ名を付けられてしまうのか?

再び深淵を覗くその日まで――ヴァーディクトデイ(アイキャッチ)


ARMORED CORE VERDICT DAY(アーマード・コア ヴァーディクトデイ)(通常版)(数量限定特典 【ARMORED CORE V キャラクター スペシャルCOMボイスセット】 DLC同梱)
ARMORED CORE VERDICT DAY(アーマード・コア ヴァーディクトデイ)(通常版)(数量限定特典 【ARMORED CORE V キャラクター スペシャルCOMボイスセット】 DLC同梱)
関連記事
[ 2013/04/13 22:25 ] ゲーム。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。