ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『アーマード・コア ヴァーディクトデイ』the DEPTH#2まとめ。

正に戦慄ものの情報量。


公式サイト

ARMORED CORE VERDICT DAY [the DEPTH]チャンネルURL

例のごとく結構な文量になってしまいましたがご容赦を。



■冒頭。

◯フツーに上官&新兵の中の人が明らかにw
 新兵の中の人は梶仁彦さん。

◯某24時的な出だし。

新兵「俺、田舎に帰ったら農業やるんです」
 2号さん「アイツ死ぬな」


◯ジャム爺さん「(上官の自己紹介を受けて)絶対デレさせてやる」

◯今回はもはやUNAC通信講座。



■第1部:解剖! UNACシステム

◯UNAC=UNmanned Armored Core
 無人自律行動型アーマード・コアの略。
 ツイッターで言い当てた人が一人いたらしい。
 ジャム爺さん「何で当てられるんだよw」

◯コンセプトは、
 共闘する(僚機としてミッションに共に出撃できる)
 指示する(オペレーターとして命令できる)
 創り出す(思い通りのカスタマイズができる)

◯機体+オペレーション(行動パターン)で一つのUNAC。

◯ついに今回の配信からゲーム動画に切り替わる時に「ザヴァーディクトウォー」と声が差し込まれるようになった。
 ジャム爺さん「今回僕の役目は無くなりました」

◯UNACと共に出撃した場合、戦闘中に「特定のターゲットを狙え」といった簡単な指示は出せる。

◯UNACも喋る。ボイスも何種類か用意されている。

◯プレイヤーがオペレーターとなって戦闘は全てUNACに任せることも可能。

◯UNACを使うための大まかな段取り。

・ステップ1:選択。
手っ取り早くUNACを使いたい人はプリセットデータを選択。

・ステップ2:編集。
 プリセットデータは編集できる。アセンブルやオペレーションで気になる点があれば自分で編集。
 ちなみにプリセットデータの戦闘力はそこそこあるらしい。
 UNACのアセンブルにおけるパーツ制限は無い。OWや武器腕も使用可能。
 ただしパーツはプレイヤーの分とUNACの分を別個で用意しなくてはならない。
 それに伴い、前作と違って武器だけでなくフレームも同種類のものを複数所持できるようになった。

※この辺でちょっと段取りがふっ飛ぶ。

・ステップ3:創造。
機体のアセンブルから行動パターンのロジックまでフルスクラッチ。

◯緊急アンケート「誰のUNACを作る?」
 1・上官
 2・新兵
 3・2号

 新兵「ですがどうでしょう、これは選択肢が一つになっているような」
 ……当然の結果と言わんばかりにアンケートで上官のUNACを作ることに決定。

◯上官「……私が選ぶのか」
 新兵「舌打ちはやめてください」
 上官「ジャム爺。貴様ならどれを選ぶ?」
 新兵「丸投げですか」
 上官「時間切れだ。判断力を高めろ」
 結局スナイパータイプの機体をオーダー。

◯オペレーションカスタムの概要。
 工程は大きく分けて組込→調整。
 組込は三層からなるロジックツリーにチップを入れていく作業。
 オグさん「僕ね、この四ヶ月ずっとこの話しかしてない」
 オグさんは宣伝担当なので各所にこのめんどくさい難解なシステムを説明しなければならない。

◯ジャム爺さん「フォーミュラフロント的なね」
 鍋島P「似てる部分もあります」
 ジャム爺さん「カルネージハート的な」
 新兵「ストーップ!!」


◯新兵「あの、上官殿ちょっと真顔が続いております」
 2号さん「あ、あれは理数系に弱いんだな」
 上官「2号!」
 2号さん「オゥイェス」

 上官はイジると怖いので気をつけましょう。

◯ロジックツリーの概要。

・オペレーション層:ツリーの一段目。UNACの行動の基点、指針にあたる。
 チップの一例としては「自機のAPが一定値以下だったらどうするか」「相手がタンクだったらどうするか」など。

・カテゴリ層:ツリーの二段目。オペレーション層で定められた指針に対しどう動くかを決める。
 チップは「移動」「右武器」「左武器」「肩武器」など。
 変わったものだと「認識」というチップもあり、敵を見つけるためのロジックとなる。
 カテゴリ層のチップはそれぞれ後述となるアクション層の設定数が違う。
 アクション層を三種設定できるチップもあれば、一種しか設定できないチップもある。

・アクション層:ツリーの三段目。UNACの具体的な行動を決定する。
 オペレーションカスタムにおいて最も細かな調整を要する箇所。

◯移動アクションチップのパラメータ説明。

・コスト:オペレーションのトータルコストに対する消費量。コストオーバーで出撃不可。

・継続時間:アクションする時間。単位は1秒。

・目的距離:敵との距離。単位は1メートル。

・不確定距離:目的距離に対するプラスマイナス補正値。
 目的距離が50で不確定距離が15だった場合、敵に対して35~65の距離を移動……ということになる。

・相対高度:敵との高度。数値が0であれば敵と同じ高度で移動する。基本的に数値はプラス扱い。

・目的角度:水平軸の進入角度。数値の分だけ機体が旋回する。数値がマイナスだと逆方向に旋回。

・不確定角度:目的角度に対するプラスマイナス補正値。

◯傍から見ると友達の家w

◯オペレーションはセーブデータを保存可能。
 他のUNACに流用もできる。

◯シンクログラフはUNACの行動をグラフで表したもの。
 UNACがどの距離で動きたがるかを簡単に知ることができる。
 とりあえずチップの数値は置いといて移動と武器のグラフを合わせるとそれなりのロジックが出来上がる。

◯UNACはエリアオーバーに瀕するとロジックを無視してエリア内に戻ろうとする。

◯チップの総数はおよそ150種類。

◯チップの数値は1単位で調整可能。気に入らなかったら自分でパラメーターを切れ!
 しかしチップをいじるとコストも上昇する。

◯オペレーションテスト。UNACのテストモード。
 画面表示切り替えによってリアルタイムでチップの使用状況やグラフを確認可能。
 更にUNAC/テスト相手のAPを固定したりENの残量なども設定可能。
 UNACが二機あればUNAC対UNACのテストもできる。
 そして驚異の機能としてテスト中、ワンボタンで即座にオペレーションカスタムへ移行可能。
 ジャム爺さん「これをシームレスでやろうって思ったってことはやっぱりバカなんですね」


◯UNAC拡張。
 お金(リアルマネーではない)か、オペレーションファイルでUNACシステムのレベルを上げることができる。
 レベルを上げると新たなチップを獲得したりコストの上限を増やせる。
 オペレーションファイルを拡張に使うと戦闘に参加したメンバーのデータを個別で抽出。
 誰のデータを注ぎ込むかによってレベルの上がり方も異なる。
 味方だけでなく敵のデータも拡張に使えるため、ザックリ言ってしまえばフルボッコにされたらUNACのグレードアップチャンスでもある。
 ただしオペレーションファイルによる拡張はファイル1個につき1回まで。
 多くの対戦を重ねてファイルを増やしていくことが拡張への近道となる。

◯オフラインでもUNACの作成は可能。
 ストーリーミッションにも連れていける。

◯全機UNAC対戦はチーム内での模擬戦でのみ可能。
 フリー対戦ではまだ実装してないが、今後の開発において実装の可能性もある。
 ちなみに模擬戦でもオペレーションファイルができるため、それをUNAC拡張に突っ込むことも可能。

◯UNACのオペレーションデータはチーム内でトレード可能。機体図面と同じ扱い。
 ジャム爺さん「頼んだ」
 ジャム爺さんはチームメンバーにタカる気満々だ!



■第2部:ヴァーディクトデイの細かイイ話

◯今回の犠牲者はオグさん。

◯UNACはゲームの開発ツール(敵のAI作成ツール)をゲームに落とし込んだもの。
 ぶっちゃけランカーACとか作れる。
 オグさんは高橋Dが作ったUNACに負けてる。
 AC4の元ランカーであった開発スタッフも負けてる。

 色々おかしい気もするが作り込めばそれだけ強力なUNACが出来上がる。

◯オペレーターで線が引ける。
 ビーコンボタン押しっぱなしでビーコンと共にラインを引ける。
 インゲーム中でも反映されるため、戦闘員に「ラインから下がれ」とか「ラインに沿って移動しろ」といった指示も出せる。

◯一度スキャンした情報が常に表示される。
 オペレーターは敵を一度スキャンすれば以後は敵情報が常に表示され、再スキャンの必要がない。
 ネットワークテストでも実装していたが、その時は情報ウインドウが固定されてしまうためオペレーターの邪魔になってしまっていた。
 オグさん「ということで修正しました」
 新兵「早いですね」

 結果、情報ウインドウがカーソルに対して逃げるようになった。対応早すぎ。

◯新・武器性能変化システム【続報】
 武器性能変化が一律になったため、パーツ流通は廃止。
 パラメーター割り振りはオフライン時でも可能。
 チューン内容は前作のパフォーマンスアイコンに代わるチューンアイコンで確認可能。
 これでどの武器をどのようにチューンしたか解りやすくなった。
 フレイムフライ先生、今までありがとうございました!

◯オグさんの下の名前は「ヤスノリ」

◯そしていつもの上官からの褒美としてオグさんのあだ名は「やっくん」に決定。
 オグさん「オカン? オカンだなそれ」
 上官「私はオカンではない」

◯上官、ファンにイラストを描かれた件でついにデレる。
 そのことを茶化した新兵は罰として配信終了まで空気イスの刑(この時点で残り時間は一時間以上)
 新兵「ホントにイスを取られた!?」



■第3部:リアルタイムストラテジー

◯UNACへの命令1・各種ターゲットへの目標設定。
 UNACの行動はオペレーターのビーコンを使ってある程度指定できる。
 目標地点への移動、特定の敵への攻撃、味方への追従などが可能。

◯UNACへの命令2・オペレーションへの割り込み設定。
 プレイヤーはUNACのオペレーションに介入し、一時的な直接指示を出すことができる。
 割り込み設定には応答速度が存在し、オペレーションのトータルコスト消費量によって異なる。
 トータルコストに十分な空きがあれば割り込み設定も素早く反映されるが、逆の場合は設定が反映されるまで時間がかかることも。
 つまるところ、オペレーションは極力無駄を省くと緊急時に強くなる。
 しかしそれはあくまで手法の一つに過ぎず、トータルコスト限界ギリギリのオペレーションによるUNACの完全自律行動も全然アリ。
 結局オペレーションに余白を作るかギッチリ埋めるかはプレイヤー次第となる。
 鍋島P「動く監督か見守る監督かの違いですよね」

◯デモプレイに際し、フロムから助っ人としてACVDのプランナーである西さんが登場。

◯ジャム爺さん、2号さん、やっくん、新兵チームVS西さんが指揮するUNAC部隊で模擬戦。
 新兵「何かご褒美ください」
 上官「何がいいんだ」
 新兵「土地を1ヘクタールください」
 上官「……勝手に開拓しろ」
 ……結局多勢に無勢の各個撃破で西さん圧勝。

◯泣きのおかわり。今度は西さんから何も指揮せず、UNACの自律行動のみで勝負。
 今度はジャム爺さんが一機墜とすも、やっぱり西さん勝利。

◯最後のおかわり。目標は二機撃墜。ハードルがめっちゃ下がる。
 が、一機も撃破できずにやっぱり西さん大勝利で完全にジャム爺さん達の心をへし折る。
 西さん「じゃあ今日は終了ということで」

◯模擬戦が終了したので上官からご褒美。
 ジャム爺さん「BGMおかしくない?」(←どう聴いても罰ゲームのBGM)
 特製「UNACに勝てるようになれるかもしれないお茶」(別名100%コジマ汁)を何故か上官を除く全員で飲むことに。
 しかも模擬戦に完全勝利したはずの西さんのお茶が特別サイズ(他よりデカい)
 鍋島P「何で全員飲んでるの」
 ジャム爺さん「それがこの番組スタッフの恐ろしさです」


◯模擬戦のネタばらし。使用したUNACは西さんともう一人別のスタッフがチューニングしたもの。
 一機だけやたら強い二脚がいたが、それが現在フロム社内最強とされるUNAC。



■第4部:告知情報

◯限定版のフィギュアの変形ギミックをコマ撮りで公開。
 撮影はオグさんと他のスタッフ。
 鍋島P「(撮影について)今日初めて聞きました」

◯初回特典のCOMボイスも収録完了。一部公開。
 主任飛ばしすぎ。

◯COMボイスを担当した小林沙苗さん/林真里花さん/藤原啓治さん/たかはし智秋さん、そして鍋島Pによるサイン色紙のプレゼント企画。
 ACOP登録者向けの企画で、具体的にどうするかは後で考えるとのこと。

◯オグさん「説明書どうしようって思ってます」
 鍋島P「もう言っちゃいますけど、(説明書に全ての内容が)入んないのは確定してます」
 ACVの悪夢再び。

◯開発側でさえUNACの底はまだ見えていない。
 ジャム爺さん「ナインボール作ろう」

◯次回の配信は6月21日予定。

次回『お待たせっ! シングルスタイル』
 次回もこのチャンネルにスイッチオンッ!!



今回もまぁ実に濃密すぎて洒落抜きで脳がはちきれそうです。

UNACの戦闘力は予想以上に凄まじいみたいですね。高橋D謹製のUNAC、どんだけ強いんや……。

ちなみに今までちょっと黙ってましたが、先日終了したネットワークテストは第一回から参加してました。

規約もあってゲーム内容について詳しく語ることはできませんが……とりあえず一言だけ。



ユーザーが流した血は無駄ではなかった……!



製品版、ホントに楽しみです。そーやの意見も反映されてるといいなぁ。

さて、次回はシングルプレイについてだそうです。

ストーリーミッションのボリュームは? っていうかストーリー上における今作と前作との繋がりは? フォーミュラブレインって何?

謎が謎を呼ぶシングルプレイ。来月の配信までそーやのAPが保つかどうか心配です。



……っていうかもう、あの、休んでもいいですかね? 今朝からブッ通しでこの記事作ってたんで……。


ARMORED CORE VERDICT DAY(アーマード・コア ヴァーディクトデイ)(通常版)(数量限定特典 【ARMORED CORE V キャラクター スペシャルCOMボイスセット】 DLC同梱)
ARMORED CORE VERDICT DAY(アーマード・コア ヴァーディクトデイ)(通常版)(数量限定特典 【ARMORED CORE V キャラクター スペシャルCOMボイスセット】 DLC同梱)
関連記事
[ 2013/05/18 19:18 ] ゲーム。 | TB(0) | CM(4)
すごいわかりやすくまとめられていて、なおかつ出演者の反応も拾ってあってとても読み応えがありました。グッジョブです。
[ 2013/05/19 09:02 ] [ 編集 ]
※まとめるのに7時間。
ありがとうございまっす!
ACLIVEはクソ面白いんですが「三時間も時間取れねーよ」という人もいるかもしれないと思って頑張ってまとめてみました。

概ねご好評いただけてるようなので、今後の配信もまとめさせてもらいます。
[ 2013/05/19 16:14 ] [ 編集 ]
お疲れ様です
分かりやすく纏まっていて良い記事ですね。僕もACVDβNTには参加していましたが……上手くデータが反映されているようで良かったです…はい…。

UNACシステム楽しみですね!
[ 2013/05/19 16:44 ] [ 編集 ]
無人戦場。
Tsunaさん廻、
いらっしゃいまし。ネットワークテストお疲れ様でした。
今度はオープンβもやっていただきたいトコロです。

UNACはせっかくなのでとりあえず一機は作ってみますが、自分が作ったUNACに負けるとかやらかしそうで怖いです。アイ,ロボット!
[ 2013/05/19 21:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。