ごまネバ。

気付いたら仮面ライダーとキャラゲーの記事にまみれてたとても偏ったブログ。

『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦feat.スーパー戦隊』観てきました。

平成対昭和。勝つのはどちらか。
※盛大にネタバレしてるので注意。



公式サイト

観てきました。

以下見所だけザックリと。



■映画の見所。

◯開幕。
最初はストロンガーVSカブト。共に7番目のカブトムシライダー対決。ヤツがストロンガーなら俺はストロンゲスト(すごく良い発音で)
フツーに考えたらカブトの圧勝だがストロンガーもタダではやられぬとクロックアップ対策に全周囲エレクトロファイヤーで反撃するなど良い勝負をしてた。何で戦ってるのかこの時点ではさっぱりだが。
巨大化したJも出てきたが鎧武スイカアームズにやられてた。そーやの近くの席にいた子供も「鎧武強くね?」とか言ってたあたり、ビジュアル的に無理があったのは言うまでもない。
そういえばJはディケイド完結編の時もサイドバッシャーにやられてなかったか。不遇だ。

◯今回の紘汰。
昭和ライダーとの対決云々よりバダンの計画を阻止し、シュウの思いを遂げさせることを優先していた。この辺は本編からさほどブレてない。
見所の一つはバダンとの初交戦時での変身。オレンジアームズを盾にしてヤマアラシロイドの針を弾きながらの変身はナパームもふんだんに使ってて中々派手だった。

◯世界の破壊者。
今回のもやしは平成側の先導役として活躍。「この世界でやるべきこと」もだいたいわかってるため、たっくんや翔ちゃんに協力を仰ぎに行ったりシュウを逃がす紘汰のフォローをしたりと実に先輩らしい立ち回りをしていた。いや成長したなぁホント。
便利キャラとして出番も多く、お約束の説教タイムも披露するのでディケイドファンはもやし目当てだけでも結構楽しめると思う。
風都民としてはMOVIE大戦2010の時よりガッツリ翔ちゃんと絡んでいたのが嬉しかった。

◯ハーフボイルド。
ネットムービーでの声の出演を除いて2年3ヶ月ぶりに帰ってきた風都のハーフボイルド。衣装が白くなっておやっさんに近付いた感が出ているのは桐山さんの発案。
……おやっさんに近付いただけでやってることは相変わらずだったけどな! だがそれがいい!
欲を言えばフィリップは声だけでもいいから来てほしかった……やっぱりWは二人で一人じゃないと……(´・ω・`)

◯夢の守り人。
そしてたっくんも10年の時を経て帰ってきてくれた。個人的に嬉しさのあまり初登場のシーンだけでちょっと泣きかけたぐらい。
本編終了後の扱いではあるが草加さんの死に立ち会ってるためややパラレル気味。世界中の洗濯物を真っ白にしたいという夢はありつつも、草加さんを目の前で失ったことが尾を引いて「生き残った罪を背負えてない」状態。寿命に関する描写はなかったもののこの辺のスッキリしない感じが555らしくて好感が持てる。
予想以上に出番が多く、序盤のドラマパートは神さんの背景も含めて胸に来るものがあった。そうだよ! 先輩と後輩はそういう絡み方でいいんだよ! つーかもうたっくんと神さんで劇場版一本作ってくれよ!
アクション面ではアクセルとブラスターの全フォームを披露。アクセルクリムゾンスマッシュで泣いた。

◯草加さん。
本編終了後とはいえ覚悟完了しきれてないたっくんと違い、草加さんは草加さんのままだった。良くも悪くも全然ブレねぇなこの人。すげぇ。

◯生きる伝説。
本郷神は38年ぶりの登場。当然ながら平成組とは年季が違う。もう変身シーンだけで戦闘員は死ぬレベル。フィギュアーツ新1号再販はよ!
ぶっちゃけ平成組に喧嘩売ってきた元凶なのだが、ホントそこは何とかならんかったのか……本郷神が来てくれるとか今後あるかどうかも解らんというのに……。
しかも最後も実に酷かった。「実はお前等利用してたんだわメンゴメンゴ」で済ませていた方が遥かにマシだと思えてしまうくらい。

◯Xライダー。
こちらは34年ぶり。たっくんとのドラマパートにたっぷり尺が取られてたのが意外。
何故たっくんと神さんの絡みが多いのか、その辺は映画本編を見るなりパンフレットを読むなりして確かめていただきたい。
迷えるたっくんを導く先輩として超シブカッコ良かった神さんだが、「お前平成か。じゃあぶっ潰すわ」は勘弁してほしかった。そこで戦わなくていいだろ……!

◯パーフェクトサイボーグ。
30年ぶりの登場。しかもライダー映像作品への本人出演はこれで二度目……と書くとこの人の出演も本郷神や神さんと比べても負けず劣らず相当にレアであることが解る。
出番は短かったが実は暗闇大使に化けてバダンの内部からメガ・リバース計画を潰そうとしていたなどサイボーグ忍者に相応しい活躍を見せた。ライダーロックシードも回収していたのである意味この人が居なかったら詰んでた。

◯希望の魔法使い。
更に出番が短かったものの、メガ・リバース計画で復活しかけた草加さんのせいで迷いが生じたたっくんに対し、「約束の場所」の話を絡めながらたっくんを諭すという美味しいトコロを押さえていた。
アクション面でもインフィニティーでのストライクウィザードやプラズマシャイニングストライクでバダン要塞の破壊に貢献した。

◯今回の戒斗さん。
あんまり良いトコロが無かったので戒斗のファンは多少覚悟しといた方がいいかもしれない。
しかしパンフレットによると戒斗の中の人はもやし本人からディケイドロックシードを貰い受け、家宝にするらしい。何それ超羨ましい。

◯呉島兄弟。
兄弟でタッグバトルしていたが、紘汰がそれを見ていたら話がこじれそうである。

◯トッキュウジャーとキング。
もう電王と絡ませたかっただけじゃねぇのかと小一時間ツッコミたい。結果として一番コラボしていたが。
ガブティラが何の脈絡もなくフツーに烈車になったのはさすがに笑った。ブレイブだぜ!

◯ジョーカーVSBLACK&RX。
今回の映画でそーやが一番見たかったような、一番見たくなかったような、すごく複雑な気分になった対決。
よりによってそーやにとって一番好きなライダー(ジョーカー)と二番目に好きなライダー(RX)の殺し合いである。どっちを応援すりゃいいんだよ!
フツーに考えれば翔ちゃんが惨殺される側なのだが、結果はジョーカーのライダーキックでRXが消滅した。またふしぎなことは起きなかった……キングストーンも劇場版ライダーバトルでは非情であると言わざるを得ない。
BLACKといえば翔ちゃんの中の人である桐山さん憧れのライダーだが、パンフレットを見ると元々台本に「黒のライダーだったら、俺も負けないぜ」とあった翔ちゃんのセリフを「黒いライダーか……近いものを感じるぜ」とマイルドなものに変えてもらったとのこと。桐山さんもこの対決に思うトコロがあったのかもしれない。
ちなみにBLACKの声は神谷浩史さん、RXの声は鈴村健一さんだった。ああ、ラジレンジャーここにいたか……。
二人はBLACKとRX以外のライダーにも声を当てている。

◯鎧武1号アームズVSフィフティーン。
平成ライダー15人の力を使えるフィフティーンに対し、1号から借り受けた昭和ライダーロックシードで1号アームズを装着する鎧武。
アームズでありながらアームズウェポンは己の拳足という潔さが個人的にちょっとツボ。
紘汰の「ライダーキック!」が聞けるのはこれが最初で最後かもしれない。



■雑感。

まさか555のアフターストーリーが展開されるとは思わず、うっかり灰になりかけたそーやでしたがやっぱりこの企画はどうかと……今まで以上に贅沢な素材を揃えられたのに肝心の料理が豚の餌とくればパパーミンでなくとも昇天しかねません。

いやホント勿体ない。それなりに楽しめた部分もありますが、やっぱりライダーは助け合いじゃないですかね。

……多分ブルーレイ買うと思いますけど。たっくんと翔ちゃんのためだけに。



映画の内容はアレですが、パンフレットのキャストインタビューが凄まじいことになってるのでパンフレットの購入だけはオススメしておきます。


仮面ライダー鎧武 (ガイム) DXロックシード仮面ライダー大戦セット
仮面ライダー鎧武 (ガイム) DXロックシード仮面ライダー大戦セット
関連記事
[ 2014/04/01 22:31 ] 仮面ライダー。 | TB(0) | CM(2)
全ての平成ライダーに変身できる(するとは言ってない)
クロスオーバーも出演者の演技も戦闘の演出もこれまでの春映画の中で最高だと思います。企画が盛大に間違ってるけど。
なんで相手を否定する必要があるんですかね…
どうせ握手オチなのは皆わかってんだから最後のあれは特訓とか昭和勢の生きざまを拳で伝えるとかそういう名目でやりゃいいのに

でもなんだかんだで総合的には楽しめる映画だったかと。
草加節とかいつものディケイドとか草加スマイルとかカイザとか見られたし
ていうか鳴滝との決着(?)はディケイドでやっとけや。

バナナの人はむしろファン増えたんじゃないですかね。隣のちびっこが「俺来週からバロンも応援する」って言ってたし
戒斗に限らずガイムキャラって本編でボケてる暇なくなるでしょうし、特別編でああいう面出すのはアリかと
…普段からボケてる主任は番外編でもうっかりしてるけど気のせいですね。今回「は」まともだったし
[ 2014/04/02 09:02 ] [ 編集 ]
次代に伝えるもの。
ドーガさん廻、
もうホントMEGAMAXを見習ってほしいというか、春映画切って夏と冬だけでいいんじゃねぇのと思わずにいられません。

オルフェノクの端くれであるそーやにとっては結構なご馳走でしたが、一方で昭和好きのファンはどんな感想を持ったか気になるトコロです。本郷神や神さんとかクソカッコ良かったけどあの扱いはどうなんだ……。

そういえばパンフレットに鎧武の今後の展開がちょっとだけバラされてましたが……うん、確かに笑ってられるのも今の内かもしれませんね。
[ 2014/04/02 19:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

当ブログの戦闘力。

現在の閲覧者数
当ブログについて。
当ブログに初訪問された方や相互リンクを希望される方はコチラをご覧ください。
検索フォーム。
人気記事。
ブログパーツ
コメント/トラックバック。
Comments<>+-
Trackback <> + -
月別アーカイブ/カテゴリ。
 
タグクラウド。